« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

岐阜を喰らう

ど~も、11日までネタが続くか心配なParkerです
松本・福井との対戦するときは「淡麗グリーンラベル」(あと松本の時は「山雅鬼山柿」も)を、長野との時は「スクリュードライバー」を、カターレとやる時は「マスの寿司」、熊本とやった時は「馬刺し」、と対戦相手に関わりのあるようなものを探し出し、前日又は当日飲んだり食べたりする
奇癖を持つParkerさん。
さて、岐阜とやる時は何を食べるべきかと考えましたが、なかなか思い浮かばない。朴葉味噌かなとも思いましたが、飛騨の名物なのでピンと来ませんでしたが、昨日の「さるぼぼ」の記事で思いつきましたよ。

ヒント 焼肉
.

.

.
そうミ ノ です。
もしかするともう有名なのかもしれませんが・・・。

決して煽りや挑発ではないんで誤解なきようお願いします。

| | コメント (0)

Kamipro

掟Pである。
男のヲタクとはなんぞや。
男とは「力」なり「強さ」なり。
すなわち男のとるべきヲタクとは「プロレス・格闘技」!
それがなんだ~
米の袋に萌え~?、バスガイドのフィギィアに萌え~?
けしからん!男の風上におけん。
どれだけけしからんかこの眼で確認しなければならないので一度見せてください。

と、いう前フリに続けてプロレス・格闘技雑誌の話です
「Kamipro」という雑誌があります。プロレス・格闘技雑誌であることは間違いないのですが、「週刊プロレス」「ゴング」系の雑誌と一線を画しています。
↓こんな歴史です

http://www.kamipro.com/about/
Parkerは『紙のプロレス』時代からず~と購読していましたが、格闘技に流れすぎていたため数ヶ月前に購読を止めていました。ところが、最近書店に行くとまたまたリニューアルしていてParker好みになっていました。
↓その「ヒール特集」の内容はこちら

http://www.kamipro.com/magazine/
亀田興毅 独占ロング・インタビュー
江夏豊 ロング・インタビュー
北京五輪柔道金メダリスト 石井慧語録
デーモン小暮閣下 相撲界に物申す
やくみつる インタビュー
追跡! 朝青龍ドキュメント
梨元勝が斬る! 10人のお騒がせ芸能人
谷津嘉章が独断と偏見で選ぶプロレス界“ヒール”ベスト10
ミスター・ポーゴ 武器コレクション

濃いなぁw
コラムも「スコーピオンズの某アルバムのジャケ写真(*)を終日眺めるのが趣味の」w男、掟ポルシエなど充実。
でも北信越リーグサポでこの雑誌に興味の持つ人は多分いないでしょうね。

* これで分かる人には分かる

| | コメント (2)

2008年9月29日 (月)

東海北陸自動車道全線開通記念試合

というわけで昨日の記事のお守りについては
↓こちらをご覧ください

http://kousokubiyori.jp/shop/sarubobo_02.html

越中と美濃の間にある飛騨の民芸品、さるぼぼです。

色がイイですね。基本赤に黒。ツエーゲンカラーですよ。ツエーゲンレッドとちょっと違いますがいいでしょう。
胸当てが「招福」にJへの貫通石をお守り袋に入れています。
小さいのでネタのためには買えませんが・・・。

敵(岐阜)が去る→敵(岐阜)が猿
エンジン全開→猿ジン全開
猿は動きが早い

拙ブログではツエーゲンのマスコットにイヌワシ、ワニ、クロネコをどうか?と主張していましたが、この試合に限っては猿がマスコットw

おまけ
猿→モンキー→門旗→ゲーフラ
さるぼぼのゲーフラをつくれとの神の声でしょうか。
季節の変わり目によく聞こえます↑
ちょっと時間がないなぁ・・・。

| | コメント (0)

2008年9月28日 (日)

ガラガラか

予告どおりにKYでカターレに勝ってしまったツエーゲン。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/ky-c988.html

ついにガラガラの富山県総合運動公園陸上競技場(以下富山県総)で岐阜と試合ができます。
で、ガラガラってどれくらいになるでしょうか?
岐阜サポは200人くらいかな?名岐ダービー実現のため、東海北陸自動車道の完成でこれぐらい来そうな気がしますが・・・大杉?もちろんなめていただいて少なくてもノー問題です。
地元富山はせいぜい100人くらいかな、と。
ここまでで300人です。
問題は石川からどれだけ行くかです。
加古川に入る前はせいぜい200人ぐらいだと思っていました。リーグ2節、ヴァリエンテ富山ホームで大体120人くらいツエーゲンを応援していたのがその根拠。
しかし、加古川へは石川県外以外の方もいらっしゃっていたとはいえ、150人くらいがツエーゲンを応援していたので300人と上方修正。それを試合後金沢サポと話していたら、いや1000人は行くだろうとの意見が。SAGAWA戦を見た多くの人が行くだろうと。さらにJとの対戦だから2000人は行くだろうとの意見も出る始末。
さすがに2000人はないと思いますが、5・600人は行きそうですね。多い方にはずれて欲しいです。
旧YKKAP、アローズの動員が7・800人前後でしたからこれを超える人数、リーグホーム並の遠征を期待。

富山県総のメイン中央部分には西武緑地より大きな屋根があったはずなので(記憶ですが)、当日雨でもカッパなしで観戦できると思います。
とにかくクラブにはおひさるで会場の告知を早めにしてもらいたいと思います。

Photo .

.

.
.

会場の雰囲気は西部緑地といった感じでしょうか。
ゴール裏は縁起悪いwのと見にくいのでバックでのサポゾーンキボンヌ。

次回予告
これはイイお守りwだれか大きいの作ってwww
こちらの紹介を次回やります

Photo_2

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

天皇杯北信越大会Bブロック

昨年の水戸戦は笠松で行われ、0-1での敗戦でした。
この試合での餅はこんな感じだったと思います。

金沢 翌週にはJFLへの道、全社を控えていた。怪我人も多かったし、無理はできない。

水戸 リーグ戦では昇格に絡めなかった。前大会では同じ地域リーグの静岡FCに敗れており、2年連続で初戦敗退は許される状況ではなかった。

水戸の先発はほぼフルメンバーだったものの一部主力選手を温存。後半金沢の攻勢を受け、外国人選手を途中出場させた記憶があります。今年の岐阜も似た感じでしょう。

さて天皇杯北信越大会もう一方Bブロックの勝上がり組、松本はというと、置かれた立場は昨年のうちと同じです。勝ちたいけれど無理はしたくないが本音でしょう。
一方湘南も昇格に向けて無理はしたくないところが本音でしょう。次の試合がホームの予定だったカターレより餅は下かも。会場は湘南ホームとはいえ、絶対勝て!という空気は薄いでしょうね。
メンバーも落としてくるでしょうし、松本とすればチャンスですよ。本当うちと比べると・・・w
応援バスも昨年のうちと違って出るということです(しかも2台も)。相手の事情がどうだろうが勝ちは勝です。
サポは4部の意地、北信越の意地を見せてきてください。

別に応援はしませんけどね。

| | コメント (0)

2008年9月26日 (金)

次はFC岐阜

次の試合まで日がありますが、この燃えたぎる血を抑えれないため(主に下半身)、今から対岐阜戦についてだらだらと書いていきますよ。
2回戦のカターレ戦。これまで散々書いてきたようにカターレとすれば、3回戦の会場が富山、Jとやりたいといいながらも本音はリーグ戦にあったと思います。やはり餅はツエーゲンよりも下だったんでしょう。もちろん悪いというわけじゃありません、むしろ羨ましいw。もっとも勝ったのはうちだから素直に喜んでいます。
一方の岐阜。こちらは残念ながら昇格に絡んでいません。それどころか勝てば4回戦は公式戦での名岐ダービー(合っていたでしょうか)実現するとあって餅が高い予感。それに練習試合でもいろいろあったようで(よく知りません)、その意地もあると思います。
岐阜サポの意識も高そうです。名岐ダービーの実現はもちろん、岐阜の生ける伝説森山を名古屋戦に連れて行かせたいという餅もあるはず。
カターレ戦の勝利の要因を以前幾つか書きました。その一つに非常に小さい要因ではありますが、サポーターの意識をあげました。カターレサポは我々地域リーグサポ(ツエーゲンだけでなく北信越をはじめとする全国の地域リーグ、或いは地域以下のカテゴリーのサポ)を軽く見ていたのではないかという思いがParkerにはあります。

カテゴリーは下でも4部には4部サポの意地がある。そんな意地が、本当に小さな要因ですがツエーゲンの勝利に貢献したと思います。
しかし、ほんの2年前地域で闘ってきた岐阜サポは4部サポの意地を知っています。サポも力を入れてくると思います。
チーム・サポともに餅的にツエーゲンの岐阜に対するアドバンテージはないかもしれません。戦力的に劣るであろうツエーゲンが岐阜に勝てる部分は?
カテゴリーが二つ上の相手、チーム(クラブ)もサポも餅では互角、では戦力的に劣るであろうツエーゲンが岐阜に勝てる部分は?

「ホームの空気」だと思います。
SAGAWAもリーグでは不振で、その分天皇杯に力を入れていたと聞いています。その餅の高かった格上のSAGAWAに勝てたのはツエーゲン発足以来の「ホームの空気」でした。ツエーゲンを愛する人々が集結すれば、富山であればあのSAGAWA戦の「「ホームの空気」が生まれるはずです。
ツエーゲンを勝たせたければ富山に行こう!

| | コメント (0)

2008年9月24日 (水)

一足早い集客活動

カターレ戦翌々日の秋分の日は町の秋祭りで、Parkerは子供神輿のお世話(子供たちの頭をひっぱたたいたり、途中で地面に座らせセッキョーしたりすること)をしていました。町内を回り、子供会の活動費をいただくわけですが、毎年このお金で子供会で旅行に行っています。最近はUSJに行くことが多いのかな?金沢から行けるところとなるとどうしても限られます。ということで町会でツエーゲンファン(サポという言葉は一般的ではありません)として有名なParkerさんの出番ですよ。
「10月12日にツエーゲンが勝てば、11月2日に豊田市で名古屋グランパスとの試合があるんで子供会で行きませんか?」
ん、誰も何も言わない。聞こえなかったようでもう一度言ってもノー反応。
どうやら反対意見を言うのも面倒くさかったようで、
聞こえなかったことにされたようですorz

| | コメント (0)

2008年9月23日 (火)

蜘蛛の糸

どうも誤解されているようですが、拙ブログの対戦チームへのネタの書き込みを挑発や煽りと思われている方がいらっしゃるようです。Parker的には金沢サポに笑ってもらおうと思っているだけで、対戦相手に含むところはほとんどないです。この辺の事情は北信越の他サポの方も分かっていらっしゃると思いますが、日頃対戦することない上位カテゴリーのサポさんはよく分からないようです。挑発や煽りと思われた場合は偏にParkerの文書力がないためで、不快に思われた方にはお詫びいたします。

さて、挑発や煽りと誤解されるような書き込みをするParkerさん、ですから試合前にこんなダンマク・ゲーフラを出されてもノー問題。↓
「JFLキラー本日で終焉」(だったかな)
こういうのをいつも一番に見つけるw
周りの金沢サポに教えるとやはりみんな笑っていました。誰も怒ってはいなかったけれど、サポの士気が高まったのは事実。試合前に掲げる男気には皮肉なしで感服しました。
記念写真も撮りました。残念ながら雨にせいかハーフタイムに外されていました。
「北陸代表」
ノー問題いうか自分で作りそう。
勝ったら富山での岐阜戦で掲げたいなぁw

気になったのが↓
「ネェネェいつ上がるのぉ~?」
こちらは選手入場の際にカターレサポ数名が手でこちらに向けて掲げたダンマク。
カターレもJ2昇格が決まっていないので、「上がる」は「JFL昇格」のことだと思います。
地域からJFLへの昇格への苦しみを知らない(であろう)方には言ってもらいたくないですね。

なんかねぇ、ツエーゲンサポだけでなく、地域リーグ、地域リーグで戦う全てのクラブを見下された気分になりました。
↑被害妄想

| | コメント (0)

2008年9月22日 (月)

秘話 新コールリーダ誕生

全社敗戦後、「今時分が辞めれば次のコールリーダーの元でツエーゲンは戦えるかもしれない。辞めるのは今のタイミングしかない」と言い残し辞任した前コールリーダー。
その後任を目指し5人のサポが立候補したことは知られていません。ここに5人の公約を紹介します。
サポA「今のツエーゲンサポに足りないものは声である。また地方(サポゾーンの周辺)の声不足は深刻である。どんどん声を出させる」
サポK「サポーターの構造改革すなわち声出改革を目指します。声出しは必要最小限度。コールリーダーの声出しも最小限度にします」
サポNI「サポーターの構造改革。あとはよく分からない」
サポY「今のままではサポータ組織の財政は破綻する。会費の徴収は絶対に行う」
サポSI「友好的な他チームサポーターとの関係を強化する。構造改革には疑問である」
いろいろあった末現在のコールリーダーがあるわけですが、あえて新コールリーダーは候補者の誰かは支障があるため書きません。

この時事ネタは実在の人物・関係者と一切関係ありません。
この時事ネタは実在の人物・関係者と一切関係ありません。
怒らないでください。
怒らないでください。

| | コメント (2)

楽しかったバスツァー

当初は金沢駅からバスに乗るつもりだったが出発時間がだんだんと早くなり、結局公共交通機関では間に合わなくなってしまい、無念にも集合場所へは車で行くとこに。仕方ないっすね。出発は午前6時で、到着は早くても午後9時だから午前8時までならいいかということで、富山名産マスの寿司を朝食に6時から飲む。さすがに酔いの回るのが速いw。
ツァー参加者は初めてお顔を拝見する方が多いです。先週の西部緑地の感動的な試合の影響がやはり大きいのでしょうか?古参サポならParkerの愚行を知っているので何をしても仕方ないなぁで済み許してくれそうですが、初めての方だと確実に引くw。
ということで集合場所に2番目に着いたParkerさんはキングカズ席をゲット!顔見知りの古参が来ると手を振って近くに来てもらり、周りを人数をかけてガッチリまもる。カテナチオ完成。
しかし、カテナチオにも隙が!綺麗どころ(といっても知らない人なんですけど)が来たので習性でつい手を振ってしまう。そのせいでもないけれどParkerの前に

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
ツエーゲンサポにもこんな人いるんだ、と思っていたらメディアの方でした。しまった、かえってバカできないorz。
それでも飲むもの飲んで、寝て、リーグ最終節JSC戦、いつものgdgd(悪口にあらず)選手ビデオ、SAGAWA戦のDVDなどを見ているうちに、
先行していたはずのカターレの応援バスを追い越す。今日の試合も、なんだかイケそうな気がする~。
道中クラブの中の人が、自己紹介をしようということで、キングカズ席を占拠するParkerさんが一番に振られる。15分くらい喋ろうかと思ったら、手短に、と言われるorz。
スタジアム到着。ツエーゲンサポはバスツァーだけでなく自力組が多い!合わせて150人以上?石川県外の方もいらっしゃてたみたいです。遠いところありがとうございました。サポゾーン、中央部付近ともカターレの倍くらいの人数か(ツッコミお願いします。カターレサポの方)?得点シーン、勝った瞬間は年甲斐もなく飛び跳ねる!!そして周りのサポと握手!!
試合終了後、クラブの中の人が選手と観客席の記念撮影をしてくれる。初めてのことなのでウレシー!
そしてダンマクなど撤収後バスに戻るも、メディアの方が戻ってこない。仕方ないですね。でも勝ったからノー問題。待っているうちに選手が選手用のバスに向かって来るではありませんか。このままツァーバスに乗っていても何もないので、図々しくもツァーバスから降りて、選手を拍手で迎えていると他の参加者の方も続いて降りてきているw。結局全ての選手・スタッフを拍手で迎え、バスの窓を開け顔を出している選手をバックにツァー参加者で記念写真。何回もツァーに参加していますがこれも初めての経験です。勝ったからこそですね。
そして選手バスが出発する時には某サポにそそのかされ、「ツエーゲン金沢 パンパンパパン」のコールリーダーをやらされる。理由は年長者だからorz。コールリーダの器じゃありませんが、ツァー参加者の皆さんのやりたそうな空気を読んでやらせていただき、
バスの窓から投げキッスを飛ばすオコはじめとする選手をツエーゲン金沢コールで送り出しました。
結局帰りのバスでもほぼ独り酒盛りし、試合のDVDを見ながら拍手するは、選手のコールをするわで顰蹙買いまくりorz。でもね、バスツァーでParkerの愚行を目撃することが金沢サポになる通過儀式なんdeath YO!(間違った知識)。
ツァー参加者の皆様にはいろいろご迷惑をおかけしました。

酔った勢いで、綺麗どころのメディアの方に拙ブログを知っているか聞いたところご存知でした。会話でParkerさんて聞こえていたからこの人かぁと思っていたらしいです。思ってたよりイイ男でしょ、と聞いたら笑って答えてくれませんでした。イイ男杉て恥ずかしくて答えられなかったようです(・∀・)。

| | コメント (3)

2008年9月21日 (日)

富山戦をカターレ

勝ったーーーーー。富山に勝ったーーーーー。
1点目はカウンターから。「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太が抜け出し1対1から決める(;'Д`)ハァハァ(前半10分くらい?公式発表後明示します)。そして後半15分くらいにも、「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太がまたもや決める(*'Д`)ハァハァ(後半15分?公式発表後明示します。ちょうど雨具の着替えをしていたためゴールシーンしか見ていなくてその前の状況は分かりません)。
というわけで2得点を「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太が決めたわけですが、この試合はむしろ
守備を評価すべき試合ではなかったかと。
リーグ戦のみならず、カップ戦の県大会ですら危ういシーンをサポに散々見せつけたツエーゲン守備陣が充実した試合でした。慌ててバタバタするかんじがなく、攻められながらも安心して見ることができたように思えます。もちろん、「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太の先取点によるところが大きいのですが。あえてボールを持たせていたように思えたのは気のせいでしょうか?
安定したDFライン、GK水上のポジショニング・好セーブ、奈良の献身的動き(SAGAWA戦の潰れ役のFWも凄かったが、今日は潰し役のボランチで凄かった。2得点の、「アレス永井健太~、アレス永井アレ~~、アレス永井健太~、アレス永井アレ~」こと永井健太は別格としてParker的MVP)、交代出場した海野の献身的チェイシング。
5-4-1から最後は6-4-0になったツエーゲン。簡単に勝たせてくれないカターレに後半37分頃、2-0から1点返されたものの、Parkerが昨シーズンから言っていた、(言葉は悪いですが)ベタでもいいからみっともなくても引いて
守りきる試合が完成したと思います。ということを先週のSAGAWA戦でも書いたような気がしますが、男は振り返らない。

という経過で、ツエーゲンがカターレに勝ちました。
だからといってこの試合の結果だけでカターレよりツエーゲンが強いと思うほど、違いの分かる男Parkerさん甘くはないです。パスの精度などカターレはリーグ戦の対戦相手と別レベルでした。
それでも勝てたのはいろいろな要因が重なった結果だと思います。
①チームの餅
 後のないツエーゲンと今後のJ昇格を見据えたカターレとの差。
 カターレはJFLに集中してください。
②天候の綾
 永井の単独ドリブルの時は雨は降っていませんでしたが、カターレの攻撃が一番激しい時に豪雨でゴール前のパス・クロスがスピードが落ちていた
③カターレの攻撃とツエーゲン守備の相性
 カターレの攻撃パターンはツエーゲン守備陣の嫌がるパターンではありませんでした。
 これがリーグ戦の相手だと研究してウチの嫌なところを付いてくるのですが・・・
④サポの気合
 ①とかぶりますが、この試合にかける思いはツエーゲンサポの気合はカターレサポとく比べ物になりません   
 でした

この試合、バスツァーで逝きました。勝ったからなのですが、最高に楽しいバスツァーでした。試合以外の話、巷で噂になっているカターレサポゾーンに掲げられたダンマクの話などは次回以降に。

| | コメント (2)

2008年9月20日 (土)

良いイメージをもって試合に臨もう

昨年の天皇杯2回戦刈谷戦
↓いい加減な観戦記

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_4474.html
↓天皇杯漫遊記
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/87th/column/200709/at00014742.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/87th/column/200709/at00014743.html

| | コメント (0)

展開と密集

福井ー松本戦を観戦してきたので簡単なレポを。

メインから見ると両チームの戦術の違いがはっきりわかります。
福井はスペースを有効に使って展開、松本は狭い地域に戦力を集中した密集です。
応援のことですけど。
福井はコアサポが20人ぐらいの子供たちに大きめの旗を持たせあわせて左右に振ります。メインから見るとなかなか壮観。子供が多くていいなぁ。
一方松本サポも約20人がワンブロックに固まって応援していました。

試合は開始早々松本怒涛の攻撃。松本に福井の選手がついていけず、すぐにも得点が生まれそうでしたが、なんとか守りきるというか松本がチャンスを生かせない。そうこうしているうちに福井のディフェンスの形ができてきて、試合は落ち着いてきました。といっても試合は完全な松本ペース。福井の攻撃は主にロングボールを前線に当てていく形でしたが、前半のチャンスらしいチャンスはオフサイド崩れっぽいものと中盤のフリーキックの2回ぐらいでした。前半は結局両チーム無得点でした。とにかく松本外しまくり。5,6点は取っていてもおかしくななかったと思います。松本サポにすれば気が気ではなかったのでは。1点が入れば大量得点という流れでしたが、その1点が入らない。少ないチャンスを福井がモノにしたらと思うとワクワクする面白そうな展開です。
後半も松本ペースですが、早い時間帯に福井がペナルティエリア近くでフリーキックのチャンス。グラウンダーのシュートに福井の選手が合わせて得点かと思われましたが、原が好セーブで事なきを得ます。その後松本が右ゴールラインをドリブル突破し、ようやく先取点。さらにそのプレイのすぐ後、福井2トップの11番がラフプレイ?で2枚のイエローで退場します。勢いづく松本と前線のターゲットがいなくなった福井ではこの時点で勝敗が決したように思えました。その後松本が追加点を加え4-0の圧勝。松本にすれば順当な勝利でしょう。
松本は次に湘南と当るようですが、今日のような試合をしていると苦戦必至ではないでしょうか。
↑強敵相手の2回戦をまだ残している他サポの僻みと余計なお世話

| | コメント (0)

KYな俺たち

天皇杯の富山開催は恒例ですね。これまで富山代表が勝ちあがり対Jの試合が実現しています。富山県サッカー協会も力を入れているんでしょうね。
ごめん空気読めないです。
その年にJ2昇格を決めたJFLの強豪にも、前年のJFL優勝チームにも下馬評を覆して勝っています。
ガラガラの富山県総合運動公園陸上競技場で岐阜と試合をしたいです。
空気読めないんで。

| | コメント (0)

2008年9月19日 (金)

カターレは強い、が

激闘の末、SAGAWAに勝つことができたツエーゲン。次の相手はJFL5位のカターレです。間違いなく強いでしょう(今年は開幕戦しか見ていません)。
戦力だけでなく、予算等フロント。クラブの力にも差があります。
しかし、この試合に限ってはツエーゲンが確実に一つだけ勝っているものがあります。

この試合にかける気持ちです。
J2昇格のための条件、JFL4位以内にあと一歩届いていないカターレと、JFL昇格がなくなり負ければ今シーズン終了のツエーゲン。この試合にかける気持ちがどちらが強いか明白です。
この試合にかける気持ちをツエーゲンが試合で発揮すれば、カターレとの力の差があっても、一泡吹かせることができるはずです。

そしてこの試合にかける気持ちが強いのはサポーター同士でもいえること。
負けてしまえばもう今年ツエーゲンを応援することができなくなるツエーゲンサポと、J2昇格に備える(羨ましいことですが)カターレサポ。
ツエーゲンサポはカターレサポに負けることはできません。現地に行く金沢サポは、加古川に行けなくても、
富山で応援したいと願っているサポ・ファンのためにも応援しなければなりません。

違うか?

↓カターレ楚輪監督の天皇杯に対する意識
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/88th/text/200809140003-spnavi_2.html

| | コメント (0)

加古川の暗号を解いた!

何の因果兵庫県加古川市で戦う石川代表ツエーゲンと富山代表カターレ。
しかし、火星からの毒電波が加古川の地で戦うことが必然ということを知らせてくれました。

加古川→KAKOGAWA→カコガワ→カKOガワ→加賀はKO

どーですか、お客さん。

加賀、すなわち石川代表はKO勝ちするとの暗号が明らかになりました。

更に

兵庫県加古川市→KAKOGAWA CITY HYOUGO PREF

KAKOGAWAがすでに解明されましたが、CITY HYOUGO PREFの部分からはETYU
の文字が浮かび上がりました!
そうです、加古川で、加賀(石川)は越中(富山)をKOするのです。

残りの文字はどうしてもこじつけできませんでしたorz

| | コメント (0)

天皇杯勝利は嬉しいけれど

天皇杯勝利は嬉しいですよ。でも目標は昇格のはず。

リーグ戦の充実・昇格があればこその天皇杯だと思います。

.
.

ということで、SAGAWA SHIGA FCカターレの皆さん、JFL、J2昇格に集中してください。
ここだけの話、対戦相手のツエーゲンは格上のチームとなると調整試合ですらガツガツ行って辟易とさせるチームらしいですよ。しかも今期の試合は天皇杯しかないからなおさらですよ。

ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァ
「多くのスポンサー」、今年からの「多くのサポーター」が富山のJ2クラブを望んでいるはず。2週連続の兵庫で無理することはありません。くれぐれもご自愛ください。

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

ゲッターロボ

石川県じゃなかった石川賢大先生の代表作「ゲッターロボ」(Parkerのトラウマコミック)のマッド動画を発見しました。
歌詞が次のように聞こえてなりません。歳ですね。

↓コチラです
http://jp.youtube.com/watch?v=UNhvJeiDb14

男なら、格を打ち破れ!
男だね!試合で
方ーレ! 涙!Hey!

頑固でごめんな。譲れない勝ちがある。
わがままで悪いな。戻れない道がある。

優しさよりも、言葉よりも、小さな意地を守ることが・・・
こちら、こちら、こちら、金沢より

男なら、夢を見せてやれ!
男だね!試合で
肩ーレ! 涙!Hey!

心で泣いて笑顔を見せる。それが生き様、男道
こちら、こちら、こちら、勝つしかない

男なら、夢を見せてやれ!
男なら、格を打ち破れ!
男だね!試合で
型ーレ!涙!Hey!
加古川で
片ーレ!涙!Hey

SEX MACHINEGUNS「語れ!涙!」

ごめんなさい、ごめんなさい。
さすがにこのネタはヤバイかも

| | コメント (0)

テクノに行っテクノ

↑上手くない!
21日加古川に当然行くわけですが、天皇杯北信越大会準決勝、福井ー松本戦がその前日にテクノで行われることを某信州南方面プロバガンダブログ様で知り、こりゃ行かなきゃと思った次第。
問題はどういう立場で見るかということ。
福井サポの方々は(Perfumeをふってくれるぐらい)いい方ばかりなので心情的に応援したいのです。しかも松本サポは後出しじゃんけんばかりするので心証が悪いw
でもツエーゲンも所属する同一リーグ同士の戦いで、リーグの利害にも関係ありません。一方的に福井を応援するのもツエーゲンサポとしてちょっとなぁ、というかんじです。
Perfumeをふってくれた方を応援しようかなぁw。
これが入替戦なら福井を応援するんですけどね!

多分メイン中央かホーム側でマターリとする予定です。

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

冥王星からメッセージが届きました

冥王星からツエーゲンへのメッセージが届きました。
代読いたします。

加古川では金沢が勝つって。
間違いないって。
    越中詩郎(エッチューシロウ)

Photo

.

.

.

.

.

.

Kさん、例のブツ持ってきて
.
.
.
.

お断り
富山方面からこのブログに初めていらっしゃった方へ
拙ブログはいつもこーいう感じなんで怒らないでください。
コメントの少なさを見られても金沢サポからもほとんど相手にされていないことがお分かりになると思います

| | コメント (0)

最新の欧州サッカー事情

北信越リーグ・ツエーゲン以外で見るサッカーはほとんどJです。
他は代表、ACL、そしてワールドカップぐらいしか見ていません。
ケーブルテレビで欧州のリーグ戦を放送されることがあってもほとんど見ることがありません。
しかし、こんなことではいかんと。
↓最新の欧州サッカーも注目すべきだと思いました。

http://ameblo.jp/arzentin/entry-10140305283.html

900本目の投稿がこれかorz

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

SAGAWA戦④

以前からも拙ブログで書いていましたが、ツエーゲンに望んでいたことに、相手に主導権をとられる展開の中でみっともなくても、泥臭くてもとにかく守りきる試合をしてほしいということでした。
SAGAWA戦ではチーム創設3年目にして初めてそんな試合を見たような気がします。
一旦逆転しながらもすぐに追いつかれたじゃないかと言われればそのとおりなのですが、それでも延長後半を守りきった展開は個人的に満足でした。この経験を今後生かしてほしいものです。

また、この試合のサポゾーンも盛り上がりは、拙ブログだけでなく、金沢サポ系ブログ、更には選手のブログでも触れられていました。北陸中日新聞でも試合展開よりもサポゾーン中心の記事でした。
北陸中日新聞はこれまでも大きめの記事を掲載してくれました。他の新聞に比べ熱心に取材してくれていたんだと思います。だからこそあの一戦のサポゾーンの盛り上がりに思うところがあったのではないでしょうか?
選手のためには毎試合あれぐらいのサポゾーンの盛り上がりが必要なんでしょうね。加古川ではどれだけの応援ができるでしょうか。
少人数であれだけの勢いにするためには、なにかの力が必要かもしれません。そして試合終了後抜打ちの尿検査を受け陽性反応が出ても、1000%やっていないと言い張る、と最後は時事ネタに流しましたが面白いですか?

Parkerからアルコールの陽性反応が出る可能性1000%

| | コメント (2)

嫉妬

こんなブログでもいくつか心がけていることがあります。
その一つが審判批判。これまでも”微妙”とかの言い回しをしても、敗因を審判に求めていなかったと自負しています。まぁあったかもしれないけど覚えていない。
でも、SAGAWA戦の主審には日頃温厚なParkerさんもブチ切れですよ。
お上品な拙ブログとしてはお下品な言葉は使わないザンスからオブラートに包んだ言い回しをさせていただく所存でございます。

嫉妬

ク○(クサに非ず)

ファット

y AHOO!

(゚д゚)ウマーシカ

上手い、下手というレベルでなく、酷いというしかありませんでした。
北信越でもこれだけ酷い審判はいません。もしかして北信越でも笛を吹いていたのかな。

具体的に書きます。
副審のオフサイドの旗に反応が遅い。
開始直後、SAGAWAのオフサイドに副審が旗を上げているのに気づかずしばらくしてから笛を鳴らしていました。その時嫌な予感がしたんです。
そのすぐ後にツエーゲンの幻のゴールがありました。オフサイドがあったらしいのですが、それはいいんです。でもそのプレーの後どれだけのプレーがあったんだと。
ツエーゲンの選手がオフサイドラインにいたので全くプレーに関与する意思を見せなくて、もう1人の選手がオンサイドから飛び出した場面、副審は一応旗を上げるのいいとして、なぜオフサイドの判定?
後半ロスタイム、GONキャプテンがドリブルでペナルティエリアに侵入しようとするシーン、SAGAWAの残るDFは1人に対し、ツエーゲンはもう1人(2人だったかも)で人数的に多い。そのGONキャプテンを後ろからシャツを伸びるまで引っ張り止めたSAGAWA。なぜファウルだけでカードが出ない?
また、GONキャプテンがヘッドにいったところアフターで後ろからヘッドに行った選手にもカードなし。
でも異議の選手にはすぐにカードを出す。

しかし、この嫉妬な主審のせいで会場の一体感が生まれたらしいです。
某サポ曰く、前記のGONキャプテンがシャツを引っ張られて倒されたシ-ン、試合中もコンピューターゲームに夢中だったと思っていた中学生らしき子供がいきなり怒号をあげたとのことw。

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

サッカー批評40号

「サッカーJ+」「J’サッカー」が実質廃刊となり、Parker的にじっくり読めるただ1誌のサッカー雑誌(でも実際は全部読んでいない)「サッカー批評」。
今日書店に行くと並んでいたので購入。もう40号か。創刊10年ですね。「サッカーJ+」も無理せず季刊誌のままなら続いていたかもしれないのに・・・。
さて今号の特集は「欧州サッカーを疑え!」。
興味なし!!
でも買った。そして記事の中に日本一のおらが村のライターこと宇都宮徹壱氏の「J2とJFL間の接続 J2拡大路線の是非」との記事が。J2が将来的に最大22チームになりへ、昇格基準が明らかになったことを踏まえて、「下からの目線」から捉えた以下にも宇都宮氏らしい記事です。記事はJリーグの職員へのインタビューと「Jを目指す」ことを表明しているJFLと地域リーグの20クラブのアンケート取材からなっています。
そのクラブアンケートに、北信越リーグから、松本、金沢、福井(掲載順)が回答しているので、興味のある方はどうぞ。ただし、全ての設問に対しての解答は神幅の都合により記事にされてはいないので過度の期待をされても肩透かしをくらいます。
そんな中でも
「Jリーグ昇格を目指すうえで、今後力を入れて生きたいところは?」という問いに対して、掲載されている回答がたまたま、松本、金沢、福井の北信越リーグだけの3クラブで興味深い。
松本「一部の大口スポンサーの動向で、クラブ運営が大きく変わる可能性がある」
金沢「スタジアム、練習場の確保。後援会、ファンクラブの会員増加」
福井「行政の理解はいま一つ。すべてのスポーツにおいて福井県は理解が低い」

金沢中心にw妄想します。
金沢のスタジアムの確保に対し、松本・福井はノー問題ですね。分かりますw。
一方松本のスポンサー問題はなかなか深刻な模様。2○ゃん○るで時折書かれているけど○プソンの業績により今後の継続に不安なのかな?あくまで妄想ね。長野に先にJFLに上がられたときた日には・・・。あくまで妄想ね。一方金沢はそれほどないということ?(こちらは希望的観測)。
福井は具体的な部分がないだけに、あとは大丈夫かと思いきや、後半部分よではより深刻ですね。
金沢サポ、ファンはできれば後援会、ファンクラブに加入してください(って、俺もだよ)。このことがきっと行政にも影響すると思います。

で、某信州方面ブログ様はチェックされたのでしょうか?
龍朗は貸せませんよ。まだ天皇杯残っているから。
土曜日にテクノ多分逝きます。

9月15日更新の事務局便りも興味深いですね。

| | コメント (2)

サポゾーンのことなど

キックオフは午後7時だけど会場に着いたのは4時20分ごろ。もちろんダンマク設営のため。数人で5時30分までに大体終える。3回目でもう慣れました。
一旦外に出るといつものヒマ熱心なサポが集結。県大会と違って屋台が出ていたので腹ごしらえ。よし、これで試合終了まで声出しは、なんだかイケそうな気がする~。
今回もサポはバックスタンド。サポゾーンはいつものメンバー。そのうちだんだんと暗くなり涼しくなってくる。NHKラジオ放送があるせいかインタビューを受けるサポもいる。その背後に「龍」カットをカメラに入れようとする某サポw
(とそれをそそのかすParkerさん)
6時40分ごろフラっとメイン側に回って入場口を見に行く。当日券売場に20人近い列、こりゃまだ入るそうです。入口はアウェー側一箇所のみ。おかげでメイン側はアウェー側の方が観客が多い。ナイトマッチ開催はIFAのGJですが、入口に関してはホームに設営してもらいたかったです。観客席はそのアウェー側はかなり埋まっています。最終的には2145人。ツエーゲンの試合ではカーニバルに続く入場者数です。
SAGAWAの応援団はコールリーダーがメガホンを持ち、2,3人がリード、そしてユニフォームを着た応援団が7,80ぐらいいたのかな?ただし、ユニといってもSAGAWA SHIGAのではなく佐川のセールスドライバーのユニですが。座ってチアスティックで応援していました。
試合は前にも書いたとおり前半で2点先制される。そしてこれも前にも書いたとおり、どうすりゃ勝てると暗くなっていましたが、サポゾーンの中でくらくなっていたのはどうやらParker1人だったようです。
ハーフタイムだったと思いますが延長に入る前、某サポがサポゾーンの隣のブロックで座っていた人たちにサポゾーンに入るようにお願いをして、一挙にサポゾーンの密集度が高くなる。この人たちは応援に合わせ手を一緒に叩いてくれた人たちですが、サポゾーンに入ったことのない方々がほとんどだったと思います。たまたまサッカーを、ではなくツエーゲンだから見に来て、サポの応援を知っていた方々だったと思います。そして子供たちがいつのまにか最前列に多く並んでいる。
アツイヨ。
誰だ、ナイトマッチが涼しいと書いていたのは?龍朗かw。人工密度が高くなったため暑いよw
そして熱いよ。この試合みんな気合は入りまくりでキックオフからこれまでで一番大きい声が出ていたように思えたけれど、サポゾーンの人数が増えるともっと声が大きくなってきました。人数が増えただけでなく、古参、初めて入ってきた人関係なく一体感が生まれ、その相乗効果で一人一人の声が大きくなったと思います。隣のブロックの人数が半分以下になっているw。審判に文句を言っている人は誰かと思うと、その隣のブロックの通路にいる人たちです。
得点が入った時は狂喜乱舞。そして失点をした時や、審判へのブーイングがあってもすぐにチャントを始めます。新コールリーダーはこの試合が3試合目ですが、コールを切らさないようがんばっていました。GJです、と当人に言うと、ブログにも書いてくださいよ、と言われたので書いておきますw。
そしてこれは後で聞いた話ですが、メイン側もサポゾーンの応援に合わせ拍手をしていたらしいです。
そして試合終了の笛。更に狂喜乱舞、阿鼻叫喚、盆と正月とPerfumeが一緒に来た感じ(最後はParkerさんだけの主観)。中には涙を流すサポも。Parkerは笑っていましたよ。
選手が挨拶にやってきます。サポは「加古川に行こーよ、皆で行こう」と大声で歌っていて、手をヒラヒラさせ上げるいつもの勝利の儀式を忘れていて、選手主導で行われましたw。Parekrはちょうど龍朗ゲーフラを持っていたのでそれで迎えました。
勝利の儀式はまだ終わらない。メイン側にも選手が挨拶に行った後、数人の選手がもう一度挨拶に来る。健太はリストバンドを投げ込むパフォーマンス。
ひとつ残念なのが、選手とバックの観客との記念写真を撮って欲しかったこと。
スタジアムを出てから来週どうするかいろいろ話し合う。Parkerはすでにバスツァーに申し込みました。ちょっと高いけれど、車中でこの試合JSC戦が見られるかもしれないので(あくまでParkerの希望です。本当に見られるかは分かりません)。

その後祝勝会に参加させてもらう。これまでお互い飲んだ時しか話をしたことがなかった人と話しました。Parkerはこの日は車だったため飲まず、その人は飲んでいて、隣席で話をしていたんです。で、会計の時「飲んでなかったですか?」。素面と飲んだ時もあんまり変わっていないのかorz

| | コメント (2)

2008年9月14日 (日)

9月の冒険はまだまだ続く

昨日のキモチイィー(;´Д`)勝利にオジサン、歳も考えずがんばって3本もカイちゃった(記事をです)
あと明日と明後日も出す予定。薄くならないようがんばるよ。

SAGAWAに劇的というか、何とかというか、とにかく勝ったツエーゲン金沢。この勝利により2回戦というか今シーズン、まだ試合を続けられる権利を得ました。
この勝利により明日の「エフエム石川まつり」での選手登場も盛り上がるでしょうね。過去2年連続中央公園に出没したParkerさんですが、今年はウッカリと家族と出かける約束をしてしまったので参加できません。参加者はこのコメントで結構ですからぜひレポートをしてください。
できれば面白おかしく。
↓昨年と一昨年のレポートはコチラから
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/07_6073.html

Parkerさん、自分大好ですから過去のブログを見ることがあるのですが、去年の9月はいろいろあった。
天皇杯県大会優勝、リーグ最終戦惨敗、旧YKKとアローズの合併、天皇杯ロッソ戦勝利、その日あった選手との食事会、エフエム石川まつり、天皇杯刈谷戦、と
ハーレムツァー(しまったカターレ戦バスツァーを申し込んでしまったorz)、そして水戸戦前にしての餅ageage。
↓いろいろあった昨年9月

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/index.html

2008ツエーゲンの冒険(そしてParkerさんのお楽しみ)をカターレ戦以降も続けようぜ!


天皇杯漫遊記の1回戦のレポートは「加古川ー富山」でした
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/88th/text/200809140003-spnavi_1.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/88th/text/200809140003-spnavi_2.html
SAGAWA戦後、サポと祝勝会をしたおり、カターレの餅の話をしていました。
ほぼ予想通りの監督談話でした(その2の最後の部分)。

| | コメント (0)

SAGAWA君への手紙(長文注意)

3年間ツエーゲンを見続けていた僕には、一番攻撃に迫力があったと思わされたのはSAGAWA君、君だったよ。もちろん何試合か見ていない試合があるし、僕が忘れっぽいのもあるけどね。
でも少なくとも今シーズンの北信越勢の攻撃とは迫力は別レベルだった。
ハーフタイムどうしたら勝てるだろうかと思うと気が重くなっていたんだ。でも、試合後のサポ何人かに聞くと誰も負ける気がしなかったと言っていた。僕はツエーゲンのその前の試合、JSCを仕事の都合で見ることができなかったせいかもしれなかった。
SAGAWA君の前半の攻撃はツエーゲンの弱点、DFの裏をスピードで徹底的に狙うものだった。それも1人だけでなく、両サイドを使われツエーゲンはアップアップだった。そして何回目の攻撃で左を突破され、ついにSAGAWA君に先制を許したわけだ。2点目も同じような形で中央突破を試みたところをウチの奈良が後ろから倒したということでPKを取られた。僕の周りからは不満の声もあったけれど、妥当なジャッジだっと思った。DFの裏の突破もそうだったけれど、ツエーゲンはもっとパスの出してにプレッシャーをかけるべきだったと僕は思っていた。サイドのケアのため2点目を取られてからは右と左の選手をかえてはいたが・・・。
ツエーゲンは3バック(僕よりもっとサッカーに詳しい者によると、実質5バック)の1トップ。結果1トップの健太にボールが入ってもSAGAWA君と違って2の矢、3の矢がいないから無理目でもシュートを撃たざるを得なかった。
これで僕が絶望的な気持ちになったのも分かってもらえたと思う。
ところが後半になるとツエーゲンは4-4-2にシステムを変更してきた。もっとも、そのことは試合後、僕よりもっとサッカーに詳しい者にきたんだが。僕が見る限り奈良が上がって健太の2トップ、そして龍朗も上がり気味の3トップに見えた。まず攻撃に厚みが増した。そしてパスの出し手をフリーにしないように思えた。
連動性な攻撃をツエーゲンはできるようになった。そして奈良のパスから裏に抜け出したの健太がGKと1対1から決めたのが後半の10分前後だったろうか。ぼくはその時少し鳥肌が立った。そして2,3点目を龍朗が決めてSAGAWA君を逆転したよね。1点は右からのクロスを裏で頭で決めたのは覚えているんだが、それが2点目だったか3点目立ったか覚えていないし、もう1点がどんなゴールかは覚えていない。今まで観戦記を書いてきたけど、大量得点で他のゴールに埋もれてしまうことがあっても、全く覚えていないなんて初めてだよ。試合後他のサポに聞いてもやっぱり覚えていなかった。それだけ皆興奮していたんだと思う。それもSAGAWA君、君が強かったからだと思う。
ツエーゲンは逆転したけれど、その6分後だったけ、SAGAWA君に追いつかれてしまったね。その5分前前ぐらいからツエーゲンは足が止まってきたように思えた。同点ゴールも基点の選手を捕まえられなかったと僕は思っている。
その後は一進一退の展開だったと思う。お互い良い形を作るもののGKのナイスプレー、枠から外れるシュートがあった。正直どっちに転んでもおかしくなかったと思う。延長前半に奈良がGKの1対1でシュートを撃たなかったのは、SAGAWA君には助かったと思うよ。
でも延長後半は、ウチが足が止まったこともあり、SAGAWA君が一方的に攻め続けていたよね。ようやくロスタイムにSAGAWA君陣地でスローインを得、ウチのマナがロングスローをした時。あぁこれでPK戦だと思った。マナのロングスローはSAGAWA君ゴール前の密集地域に入り、何人かを経て、何故かDFの裏に転がっていった。そしてそこにツエーゲンの選手が走りこんできたんだ。あぁその瞬間を今思い出しただけで興奮してくる。その選手はスライディングキックをしたんだ。そしてそのボールはGKの側を通り、
ゴールの中にゆっくりと転がり込んだ。いや、もしかするとゆっくりじゃなかったかもしれない。でも僕にはそう思えた。いや僕だけじゃなく、全ての選手、スタッフ、サポーター、観客にそう思えたじゃないだろうか。
旗は?笛は?ない!主審はセンターラインを指している!後半ロスタイムに追加点!
僕は大声を上げた。もちろん僕だけじゃない。サポゾーン全体がだ。メインのホーム側観客の一部も立ち上がっている。
ピッチではSAGAWA君のGK、DFが倒れている。ツエーゲンの攻撃的な選手はメイン側に歓喜の走りをしている。ツエーゲン陣地に残っていた二人の選手もSAGAWA君の選手と同様に倒れている。
でも試合は終わっていない。SAGAWA君はセンターラインにボールを置く。今再開の笛を吹かれたら?いや、ツエーゲン陣地に6人はいないはずだから再開の笛は鳴らないはずだ。副審がセンターラインに向かって走ってきている。
終わった?サポの声。「終わった。勝った。」

そう、試合は終わった。勝ったのはツエーゲンだ!僕はそれまで上の方で応援したけれど、最前列まで降りようとした。でも遅かった、すでに多くの観客・サポが前に雪崩れ込んでいた。
選手がサポゾーンに向かってくる。
みんな最高の笑顔だ。当然だ。最高の勝利だからだ。それも強い相手に勝ったから。SAGAWA君に勝てたからだ。
僕も当然笑顔だった。力の差のある相手に勝っても本当の笑顔になれない。そして勝たなければいけない試合に勝てなかったから笑顔はできなかった。でもこの試合は違う。強い対戦相手に、勝たなければならない試合に勝ったのだから当然だ。他の観客も最高の笑顔だと思ったら泣いてる人もいる。涙はJに勝つまでまでとっておこうぜ。

公式記録
http://www.jfa.or.jp/match/matches/2008/tennouhai/schedule_result/pdf/result_10.pdf

タイトル元ネタ
第88回芥川賞受賞作 「佐川君への手紙」唐十郎
でも元ネタ読んでいないのでorz、文体等は適当

| | コメント (0)

とりあえず晒しておこうか

すいません、まだ記事をアップできません。午後にウpする予定です。
↓ツッコんでおきます

http://www.jfa.or.jp/match/matches/2008/tennouhai/match_page/m05.html

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

良いイメージをもって試合に臨もう

いよいよ12時間後に迫ったSAGAWA戦。
ここらで拙ブログらしく、過去データを振り返り良いイメージを持って試合に臨むのはどうでせうか。
ということで昨年のロッソ戦です。

↓インチキ観戦記
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_b501.html

↓熊本サポさんの視線
ttp://show.otemo-yan.net/e50327.html
ttp://rosso-giri.seesaa.net/article/55815252.html

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

ツエーゲンカラーは赤だけでないはず

ど~も、ツエーゲンへの微妙な応援と対戦相手の嫌がらせを日夜考えているブログです。
さて、明日の飛脚さんSAGAWAとの一戦ですが、SAGAWAが動員をかけているらしいとの噂があることは昨日の記事でも書いたとおり。
ツエーゲンは赤、SAGAWAは青らしいです。もちろんスタンドを赤く染めたいのはやまやまですが、ツエーゲンカラーは赤だけではないはず。黒もまたツエーゲンカラーだったはず(でしょ)。黒は強そうですよ。ということで明日はサポゾーンを黒で染めてみるのはどうでしょう。
そしてツエーゲンのマスコットはまだ決まっていないはず。一部ではイヌワシではないか、いやワニだという声もありますが、ネコではどうでしょう。Jでもイヌはいてもネコはいません。そして招き猫としてツエーゲンに福をもたらし、黒猫として相手に不幸を運ぶ・・・。さらに対戦相手に二重に不幸を運ぶために子を運ぶクロネコはなかなかいいと思うのですが。
イメージ

Photo

| | コメント (0)

祝!ポリリズム発売1周年!

ど~も、違う意味でヲタです。
さてさて、ツエーゲンヲタのParkerさんはPerfumeファンでもあります。そのPerfumeの大ブレイクの1曲が名曲「ポリリズム」。そのポリリズムの発売日は2007年9月12日。それを記念してしてポリリズムとツエーゲンネタを合体させる
需要のないネタを披露する次第。
とりあえず、聞け!嫁!そして呆れろ!

元ネタ
http://jp.youtube.com/watch?v=uDPVFxb9Pwc

パスリズム

とても大事な キミの想いは
無駄にならない ボールは廻る
ほんの少しの 僕の気持ちも
巡り巡るよ

くり返す このパスリズム
あのシュートは まるで来いだね
くり返す いつかみたいな
あの光景が 蘇るの
くり返す このパスリズム
あの反応が うそみたいだね
くり返す このパスリズム
ああオートマチック みたいな来いだ
またくり返す このパスリズム このパスリズム
 
このパスリズム ループパス

ほんの少しの 僕の気持ちが
キミに伝わる そう信じてる
とても大事な キミの想いは
無駄にならない ボールは廻る
ほんの少しの 僕の気持ちも
巡り巡るよ

くり返す このパスリズム
あのシュートは まるで来いだね
くり返す いつかみたいな
あの感動が 蘇るの
くり返す このパスリズム
あの反応が うそみたいだね
くり返す このパスリズム
ああオートマチック みたいな来いだ
またくり返す このパスリズム 

ニコ動ですがこちらダンス完全バージョン
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4584490
ツエーゲン忘年会で踊るため練習しています(嘘)

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

天皇杯出場は嬉しいけれど

天皇杯出場は嬉しいですよ。でも目標はリーグ戦のはず。

リーグ戦の充実があればこその天皇杯だと思います。

.
.

ということで、SAGAWA SHIGA FCの皆さん、JFLに集中してください。
ここだけの話、対戦相手のツエーゲンは格上のチームとなると調整試合ですらガツガツ行って辟易とさせるチームらしいですよ。しかも天皇杯が最後の試合になります。
ヒソヒソ( ゚o゚)ヤダァ(゚o゚ )ネェ、キイタ?( ゚o゚)オクサン(゚o゚ )アラヤダワァ
石川くんだりまで来て無理することはありません。くれぐれもご自愛ください。

| | コメント (0)

石川県サッカー協会は男!

たかが天皇杯1回戦にナイトゲーム?
経費は大丈夫?
何を考えているでしょうか!?>石川県サッカー協会

でもGJ!!

今年2回(福井アウェー、松本ホームorz)のナイトマッチを経験しましたが、どちらも試合開始時は明るかったなんちゃってナイトマッチ。あ、津幡のUNION Dream Challenge Cupの1日目を忘れていた。こちらの方がよっぽどナイトマッチだった(照明がなくPK戦の選手がよく分からなかったw)。
でも明後日は違うよ。試合前からとっぷり暗いよ。もうwktkですよ。
しかも時間帯も(悪夢のカーニバルより)集客面で集まりやすいと思います。少年サッカーの子供たちも父兄などに連れてこられて見やすいはず。リーグ最終戦も結果が良かったし、IFAの男気に応えるためにも2000人超をキボンヌ。
昨年金沢市民でのツエーゲンーロッソ戦はの天皇杯1回戦で全国で2番目に観客の多い試合だったと曖昧な記憶があります。IFAは今年は全国最多を目指しているのでしょうか?
↓試合前にはこんなイベントもありますしね

http://www2.ocn.ne.jp/~ifa/FD.html

飛脚さんたちも応援団を大量に送り込んでくるとの噂もあります。
そしてツエーゲンにとって(現在確定している)今年最後の県内の試合です。2008年のツエーゲンを目に焼きつけるためにも1人でも多くの人に見に来てもらいたいですね。
サポーターは来い!

↓天皇杯といえばこちらのコラムも楽しみです。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/88th/text/200809030005-spnavi.html
金沢に来るか?

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

夕方にキター

ビビンバ!

↑昨日の掴みの代わりにつかってみました

さて、拙ブログの愛読者の方々なら当然知っているPerfume。もちろん金曜深夜にレギュラー番組があることもご存知のはず(Happy!)。時間帯が遅いためリアルで見ることはできませんが、そこはネット時代。何とか見ることもできますし、PCに保存することもできます。しかし、この番組もこの秋で終わりますorz。

でも心配ご無用、Perfumeの新番組がスタート。しかも時間が30分に拡大。更に時間帯が土曜日午後5時30分(石川県で放送されるかは不明ですが)。
「Perfumeの気になる子ちゃん」

                  10月11日スタート!
http://www.ntv.co.jp/kininaruko/
初回ゲストはPerfumeと最も合う芸人、山ちゃんだ!

ツエーゲンサポは要チェック。

・・・すいません間違えました。

北信越リーグサポは要チェック。

嘘です。興味のある方はドウゾ。

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

JSC戦を見たい!

アッチョンプリケ!

↑某金沢系ブログに触発され、掴みにつかってみました

昨日の試合を選手やサポのブログ、そしてコメントを通じて選手の気合とスタンドの盛り上がりをなんとなく理解できました。うぅ行けなかったのがますます悔しくなる・・・。
でもその試合を映像で見る機会があるはず。その機会とは天皇杯2回戦加古川の試合のアウェーツァー。行きの車中で見たい!ついでにニュース映像も。

無念にも目的どおり使えなかった石垣島ドリーム資金を有効に使うためにも、選手たちよ、土曜日必ず勝ってください。
フロントもツァーの準備をすすめておいてください。

サポはParkerの追放を解いてください。

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

JSC戦劇的勝利

だったそうです。だって仕事で見れなかったらorz
この試合の結果は、午後6時30分ごろ仕事から帰り家のPCでネット接続し知りました。
そしてパルセイロが優勝したこともです。おめでとうございます。
なぜこんなに遅くなったかというと、情報を完全シャット嘔吐アウトしていたからです。

↑建前。実際は↓
①Parkerさん携帯でネットにアクセスすることを知らないため
②サポ誰一人メールしてくれなかったため

そして今やっとサポから連絡が。遅いよ。
しかも祝勝会会場から。さらに今日の仕事の現場から2kmと離れていないところでw

その上、今日の試合が素晴しかったため、験担ぎにサポから追放されたそうですorz

| | コメント (0)

2008年9月 6日 (土)

若いですね

今週号のサッカーマガジンに顔写真やプロフィールつきの「歴代日本代表パーフェクト名鑑」が掲載されています。当然元代表の池田監督、越田テクニカルディレクターも出ています。若き日の写真を見よ。

| | コメント (0)

明日はリーグ最終戦

Perfume武道館ライヴのチケットに挑戦したものの発売開始直後売切れorz10時02分にe+に繋がったもののその時点でoutですた。
と気落ちしているところに明日のリーグ最終節へは仕事で逝けないときているorz
(書いておかないと追放されたと噂されかねないのでw)

先週の天皇杯決勝で望んだことは試合後はみんなで笑おうというものでした。言っちゃ悪いですが当然勝てた相手。一方明日の対戦相手JSCは言うまでもなく強敵。この試合に望むことはプライドを取り戻すこと。リーグ、全社で信州勢にズタズタにされた(であろう)選手のプライドはリーグではもうJSCを倒すことでしか取り戻すことができません。
リーグ最終節をホームで迎えることができるのはツエーゲン3年目で初のことです。正直観客がどれだけ集まるかはわかりませんが、お客さんにも来てよかったと思ってもらえるような試合を魅せてほしいですね。
ちなみに1年目のホームは菅原太郎の活躍で3-3の大熱戦

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_bee9.html
2年目ホームの試合は行けませんでしたorz
奈良のゴールで1-0で勝利し、リーグ優勝への望みをつないだ試合でした

http://jp.youtube.com/watch?v=L4_wTvl1nhY

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

吟じます

金沢系ネタブロガーである私Parkerが、今から得点を狙うサッカー選手の気持ちを詩吟にのせて吟じてみたいと思います。

吟じます
右にボールが出てぇ~~~~
ゴールファーサイドに走りこんだらぁ~~~~
なんだかイケそうな気がするぅ~~~~
あると思います!

吟じます
左サイドでぇ~~ワンタッチパスがぁぁ続いたのでぇ~~ぇ~~
ゴール前まで走りこむとぉ~~~~
なんだかイケそうな気がするぅ~~~~
あると思います!

吟じます
センターラインからぁ~ディフェンスを裏を走ったら~~~~
キーパーと1対1対にぃ~~~~
なんだかイケそうな気がするぅ~~~~
あると思います!

吟じます
サイドラインで~~ボールをキープしていたのでぇ~~~~
とりあえず走ってみたらぁ~~~~
なんだかイケそうな気がするぅ~~~~
あると思います!

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

2/3だよorz

まずはお詫びから。
昨日アップした記事の中で前半23分のゴールについて誤った内容を書いていました。
コメントでご指摘いただき訂正いたしましたのでよろしければもう一度ご覧ください。

↑だからいい加減といつも言ってるでしょorz

西部緑地に着いたのは11:30頃。諸般の事情によりツマに送ってもらう。沢山の荷物だと怒られるので少なめにw
ん、店はジュースだけですか?念のためにコンビニでおにぎり2個買ってきておいてよかった。食い物はともかくとしてビールは?せっかくツマに送ってもらったのに(泣)。コンビニで買うと怒られそうなので買っていなかった。まぁ飲みましたけど。
ダンマク部隊もちょうどスタジアムに入るタイミングだったようで、一緒に入場。ゴール裏は開放していないので今年もサポゾーンはバックスタンド。個人的には見やすいのでゴール裏よりは好きです。
それだけでなくゴール裏にいた試合でひどい目にあったせいかもしれませんけど。
ダンマク設営は先日一度経験したのでスムーズに進む。一方柵に上ったための筋肉痛は1年ぶりorz。サポゾーンの人数は昨年並みの4,50人といったところか。一方の北陸大は200人近かったらしいです(金沢系ブログから)。
メインは人数が少ないなぁorz1200台。昨年は確か1700か1800人だったと記憶しています1500人台でした(金沢系ブログで知りました。2回連続の訂正で申し訳ないです)。JFL昇格の可能性がなくなったせいか、松本戦の惨敗の影響か、はたまた夏休み最後の日のだったためか・・・。

Parker、昨年は初めての西部緑地での試合に加え、NHKでライブ中継されるということでテンション高かったけれど、今年はそんな気負いもありませんでした。あまりにも気負いがなくなりハーフタイムに熱いサッカー談義をしているのに、バカ話をしているようなところを映されたのは無念orz。気負いのなさは慣ればかりでなく(西部緑地はこの試合で3試合目でした)やっぱりJFL昇格の昇格がなくなったせいかな?こんなことでは選手のことを責められませんね。応援はちゃんといつもと同じように適当にがんばりましたよ。

試合終了後は昨年に続き優勝ダンマクを掲げるも、なぜNHK映してくれないorz。

スタジアムを出た後は諸般の事情によりイジメられ、翌日頭痛に襲われますた。

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

北陸大戦得点シーンを振り返る(一部訂正済)

前半9分。センターライン付近でボールの奪い合い、そしてセンターサークルから龍朗が右サイドにパス。そこに走りこんでいたオコがゴール前にクロス、そしてゴール前に走りこんでいたGONキャプテンがジャンピング・ヘッドで決める。ツエーゲン1-0北陸大。
まずは中盤の狭いスペースと限られた時間の中で、ターンしている間に上がってきたオコを一瞬見ただけで選択と、絶妙のパスを出した龍朗が素晴しい。そしてボールが来ることを信じて走り、クロスもニアに走り込みながらマークがつかれていた陽一を選択せず、ファーのGONキャプテンを選択し絶妙なボールを出したオコもGJ。もちろんゴール前まで走り、確実に決めたGONキャプテンもGJ。連動した得点で素晴しい。

前半23分。水上>ジャン>GONキャプテン>陽一(後方へのワンタッチパス)>辻田(ワンタッチパス)>(左サイドを裏に抜ける)GONキャプテン(ワンタッチパス)>ゴール前の健太がワンタッチ!で流し込む。GONキャプテンの後方から前線への走りこみとワンタッチパスの連続が美しい。そしてワンタッチで流し込む健太もGJ。ツエーゲン2-0北陸大(の さんのご指摘により訂正しました。いい加減なこと書いてすいませんでした)

前半27分。水上スロー>オコ>GONキャプテン?(ワンタッチパス)>オコ(ワンタッチパス)>センターライン手前から走ってきた順がツータッチでゴール。ボランチの位置から走り後方から身体をぶつけられるもコースを見極め流し込んだ順が素晴しい。ツエーゲン3-0北陸大。

前半43分。左サイドで陽一がボールをキープしている間に辻田が後方から走りこみ陽一のパスを受け、ドリブル、キーパーと1対1を冷静に決める。陽一のキープとパス、辻田の後方からのランとシュートがお見事。ツエーゲン4-0北陸大。

後半8分。ジャンのパスが北陸大学のプレスにより乱れ、自陣でボールをカットされるイ-ジーミス。北陸大学は右サイドからのクロスを1人スルーし、ゴールを決める。ツエーゲン4-1北陸大。

全得点が美しい得点でした。後方から走りこんだ選手が面白いように裏をとれました。ナイスゲームと思われる方もいらっしゃると思いますが、見ているとそうでもなかったw1対1を3回決めていますが、外したのもそれぐらいorz。特に陽一の撃つか、撃つか、決まらな~い、には激怒。しっかり反省してください。

この記事を書くために得点シーンを何度も繰り返してみたので全体の感想は今は書けないw

NHKの放送に二言物申す。
ハーフタイムツエーゲンのサポゾーンを映していましたが、聞いてないヨー。Parkerさんとご一同様の一見するとやさぐれた会話、実は熱いサッカー談義をしているところをアップすることないじゃないですかorz。今見てビックリしたよorz。どうせなら綺麗どころを映すように。
まぁ綺麗どころがどこにいたんだと言われても困りますが。
それから試合終了後の監督のインタビューのカメラ位置が悪い。左から映していたため選手がサポゾーンにきたシーンが入っていない。右から映していたら入っていたと思います。

| | コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »