« GO WEST | トップページ | Perfume セマイドル傑作選 »

2008年8月 5日 (火)

長野戦

今回はwなしで

試合開始15分で今日のツエーゲンはホーム、そして前節のツエーゲンと違うと思いました。
プレスは効いている。選手は走っている。
でも決定的チャンスは得点シーンぐらいだったのも確かです。
良い位置のフリーキックも生かしきれず。
それでもハーフタイムではこの試合はもらったと思っていました。
しかし、後半5分ぐらいで攻守逆転しヤバイと。
なぜこんなに変わったのかわかりません。
ネットを見ると長野の交代が当たったと書いてありましたが、それだけなのでしょうか?
同点ゴールで試合の流れが変わったという意見も読みましたが、同点ゴールも時間の問題という気がしていたのも事実です
(こんなことを考えながら見ている自分はサポといえるか、こう疑問に思うほど落ち込んでいます)
以前からブログやリアルで「みっともない勝ち試合」「守りきった勝ち試合」を見たいと言っています。ツエーゲンで「守りきった勝ち試合」を見た記憶がありません。みっともないというと語弊がありますが、長野・松本・フェルヴォなどにツエーゲンの押し気味の試合を守りきられてやられた記憶がありますが、逆のケースはないですよね。上に行くためにはポゼッションを高めるだけでなく、そうしたしぶとさも必要だと思うのですが。
今回の敗戦はすべてを受け入れますが、上に書いたことに関してひとつだけこうして欲しかったということがあります。
ハーフタイムから思っていたのが、後半頭から権東out稲垣in。前半途中から権東選手が疲れていたように見えました。もし実現していても、攻勢に出ているのに守備的な選手を入れるのはと、ほとんどの方が反対していたでしょう。それに池田監督の哲学ではありません。まぁ負けての愚痴ですねorz。
試合後は本当落ち込んでいて、刺々しい言動をしてしまいました。
今回はバスツァーで参加。前節の大敗にも関わらず、ツァー初参加の方が多くいらっしゃいました。
そして解散時、8月15日の再会を約束しました。

|

« GO WEST | トップページ | Perfume セマイドル傑作選 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GO WEST | トップページ | Perfume セマイドル傑作選 »