« 明日の予定 | トップページ | だるかったり疲れたり »

2008年7月13日 (日)

圧勝!グランセナ戦

前節のゲームを今シーズンベストと書きましたが、早くも更新されました。
↓前節の観戦記

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_c8dd.html

米山、権東が出場停止のため先発メンバーはいつもと異なります。

   トモ    奈良
龍朗          広庭
      稲垣
      山田
オコ  辻田  マナ  森シュン
      光太

ツジとマナは逆かもしれません。
稲垣と山田のボランチコンビは3試合連続(前々節は見ていないため)?稲垣効いていました。中盤で相手を潰しタイミング良い上がりが絶妙。
Parker的にMVP。
森シュンが初先発。ガンガン上がっていくのは痛快でしたが、その後のプレーに少々不満かな。
リーグ前半で苦労したグランセナの速攻を前半は完璧に押さえ込みました。ただし後半になると連携ミス?で危ない場面も見られ反省材料にしていただきたい。
立ち上がりから攻め込むツエーゲン、チャンスを何回も掴むもののなかなかゴールを割れない展開でしたが、トモが左サイドを突破しゴール前にクロスをあげたところを奈良が地面に叩きつけるヘッドで先制。
山田が前半で交代し、FW永井投入。奈良はボランチに。
2点目はツエーゲンのコーナーキックからグランセナがカウンターを仕掛けたところをツエーゲンがカットし(広庭?)、カウンターのカウンターを仕掛ける。左サイドに残っていた龍朗にパスが渡り、そのままドリブルからシュート!
前半はDFラインでボールを渡すことが多く、サポゾーンから不満の声が出ていましたが、Parkerはセーフティ第一、後半勝負だろうと割り切って考えていたのでノー問題、むしろ華麗なボール回しを楽しんでいました。
3点目は後半早々。ペナルティエリア内でのハンドで得たPKを奈良が決めます。
この辺からは得点の順番は怪しいので選手別でw
奈良はハットトリックでした。中盤でボールをカットし、そのままグランセナ陣内にオフサイドを掻い潜りGKと1対1になったところをかわし、さらにDFをもかわし、ゴール内までそのままドリブルで進入するかのように華麗な3点目でした。
複数点者はもう一人、龍朗です。左サイドからの横パスをつめていたツエーゲンの選手が二人決めきれなかったところを反対側につめていた龍朗が決めました。
ヒカルは右サイドの単独ドリブル突破からのシュート。最近調子が良かったものの得点に結びついていなかったので、応援している方としても嬉しい得点でした。
ジャンは龍朗のコーナーキックを決めました。言うまでもなく頭でですw。
後半の交代は辻田→ジャン、稲垣→森陽一。
陽一待望の復帰!しかし、まだ試運転といったところでしょうか。前節で復帰した永井はかなり本調子に近くなってきたようです。Alles is the striker(スペル合ってる?)。選択肢の第一がシュートであるのが気持ちよいですね。あとは結果!
見ていて楽しい試合でしたが、心配性なので手放しで喜ぶことができません。今日のグランセナが悪過ぎました(前節でも書いたな)。ツエーゲンの戦術に嵌ったせいか、特に後半DFラインと中盤が空きすぎ、DFラインまでボールを運ぶとほとんど決定的場面まで結びつきました。あと集中力に欠ける場面も何回かありました。残り3節であんな場面を作ったら確実にやられるでしょうからしっかり反省を。山田はイエローカードをも会ったため次節は出場停止です。
と、メモを取らずに書いたので、テレビ放送後でも結構ですからツッコミよろしく。

この試合の前に前日の予告どおり石川県リーグ1部の「ライオンパワー小松 対 テイヘンズ」を観戦してきました。横山翔の2ゴールを含みテイヘンズが3-1で勝利し、全勝で県リーグ1部優勝しました。これで北信越リーグ復帰の挑戦権を得ました。この試合の観戦記も上げる予定です。

|

« 明日の予定 | トップページ | だるかったり疲れたり »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日の予定 | トップページ | だるかったり疲れたり »