« ホーム | トップページ | 勝ったものの・・・金沢学院大戦 »

2008年7月20日 (日)

天皇杯準決勝 金沢大-北陸大

ツエーゲン-金沢学院大戦のレポートを書くべきですが、その後の金沢大-北陸大が面白杉だったため、まずはこちらを取り上げます。ツエーゲン戦は他の方も取り上げていますが、この試合にふれる方は少ないでしょうからご了解ください(取材があったので近いうちに「情熱サッカー」のブログで取り上げられるとは思います)。
先制点は北陸大が前半に奪います。金沢大にはポゼッションで上回られるもののカウンター攻撃にキレがありました。更に北陸大は追加点を加え、2-0とリードして前半を終える。
しかしながらこのまま試合が終わるとはとても思えません。一緒に観戦していたツエーゲンのサポ氏も同意見で、金沢大が1点をとったら面白くなりそうだとの意見でした。そして後半に入ると金沢大がついに1点返すと、その後すぐに北陸大の守備の乱れをついてあっという間に同点に。沸くスタンド。
この試合はスタンド中央で観戦していました。周りと中央部に近いホーム側は金沢大の関係者が、アウェー側は北陸大の関係者。関係者ばかりだったからツエーゲンの試合の中央部より盛り上がっていたかもしれません。でもParkerとサポ氏はあくまで中立で観戦していました。
追いつかれた北陸大に疲れは見えていましたが、サポ氏とはまだまだ分からないですねぇ、北陸大が点を取るとすればカウンターしかないでしょう、とか話しているとクロスに頭で合わせ、北陸大が3-2と突き放します。ところがその直後またもや金沢大が同点に追いつきます。オモロー!
そしてそのまま延長に入ります。前半に北陸大の途中交代で入ったFWが2枚目のイエローを受け退場させられます。さらに延長後半に入ると北陸大のDFがフリーキックの壁の入ったところ続けさまに2枚のイエローを掲示され退場させられます(北陸大の越田監督もこれ以上のことを言うと退席させるぞと主審に注意されていました)。こうなると人数で優位に立つ金沢大は一層攻勢を強めます。北陸大のゴール前の攻防はほとんどのクリアボールは金沢大が拾いますが、ゴールだけは割れません。更にはペナルティエリア外でGKをかわし、ゴール前に金沢大の選手2人が待ち構えているのにパスを出さない、簡単に前に繋げられるのにバックパスをするなど疑問なプレーが目立ちました。
一方人数の少ない北陸大は守るだけということもなく、1人をカウンター用に残していましたが、これが効いていて、得点の臭いもします。金沢大のDFとGKが衝突し、ボールがコロコロ転がるといったマイアミの奇跡のような場面も。結局延長前後半30分でも決着はつきませんでした。
ホイッスルが鳴ったとき、北陸大は守りきったという気持ちからか顔を上げてベンチに向かってきて、越田監督もここからは気持ちと檄を飛ばしていました。一方の金沢大は2人少ない状態で決めきれなかったショックか顔を下げていたことが印象的でした。
そしてPK戦突入。PK戦は金沢大側のゴールで行われたため某信州方面サポのように移動する北陸大応援団。キックを撃つ時は本当に物音一つしていませんでした。そしてキックごとに盛り上がるスタンド。
金沢大  × ○ ○ × ○
北陸大  ○ × ○ ○ ○
4-3で北陸大の勝利。

心の底から両チームに拍手をしました。
いや、この試合を見た人は勝組。
勝った北陸大応援団は決勝でも勝つぞ、と気勢を上げていましたが、学生さんに世間の厳しさを教えなきゃね。

前半少しうとうとしていました。ちょうどその時Parkerの隣に座る人が。誰かと思ったら、前の試合でも活躍していたツエーゲンの某選手。いきなりのことで気の利いたことが言えなくてスイマセンでしたorz。

|

« ホーム | トップページ | 勝ったものの・・・金沢学院大戦 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホーム | トップページ | 勝ったものの・・・金沢学院大戦 »