« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

崖っぷちのPニョ

↓元ネタ
http://jp.youtube.com/watch?v=bcu8W-3XjjM
http://www.go-to-dmc.jp/index.html

「Pーニョ Pーニョ Pニョ 金沢の子

赤い海からやってきた

Pーニョ Pーニョ... 」

僕がしたかったのはこんな音楽じゃない!
僕がやりたかったのは
,
,
,
,
,
,

Photo

Detroit Metal CanazawaCity
ヨハネ・クラウザー・パーカーⅡ世である

聞きやがれ「SATUGAI」
この前、松本にSATUGAIされたぜ
今度はこっちがSATUGAIするぜ
SATUGAIする奴の名は
(以下自粛)

| | コメント (0)

バスツァー用の買物をした

土曜日のバスツァー用に先日紹介した「サッカー本代表選考会」で選ばれた「サッカーボーイズ」(角川文庫)買おうと書店に行ったところが売切orz。仕方なく店内をウロウロし、同じく「サッカー本代表選考会」で選ばれた「フチボウ」を見つける。パラパラと読んでみると面白そう。でも2600円ということで別の機会に買うことに。「ダイヤモンドサッカーの時代」(2000円)も欲しいなぁ、と思いながら雑誌コーナーに。さすがにツール速報号は出ていない。土曜日はあまりにもショックで個人タイムトライアルを見逃し、日曜も途中で寝たので誰が勝ったのがまだ知らないw。
ほぅマガジンの特集は莫大な移籍マネーが踊る「開幕接近!欧州移籍最前線」、一方ダイジェストは「J2」特集w。
で、結局買ったのは「週刊ダイヤモンド」。特集が「スポーツ&マネー丸ごとランキング」だった故。46ページとなかなかのボリュームです。

http://dw.diamond.ne.jp/index.shtml

| | コメント (0)

涙雨降ってZ固まる

先日の松本戦後、観客と某選手とで言い争いがあったそうです。
以前の記事にも書いたとおり、メインから罵声が飛んでいたようなことは分かりましたが、それ以上のことは分かりませんでした。
この件に関してはやはり某選手には猛省を求めたいです。もちろん某選手も冷静になり反省しているようですのでこれ以上のことは言いません。南長野で借りを返してくれ!
一方、クラブの対応としては(いろいろ指摘されているとおり)スタッフブログでなく公式で謝罪すべきでしょう。

敗戦のショックの大きさは、スタッフブログ、選手のブログ、そしてサポのブログのコメント数(拙ブログは除く)に表れているように思えます。
勝っていればあれだけ多くのコメントはなかったように思います。そしてそれだけ多くの人がツエーゲンのことを思っているかを知ることができました。こう思っているのはParkerだけではないと思います。
負けたからこそ得るものもあります。
この敗戦がクラブ・サポがより良い形で前進する機会になることを望みます。
だからといって敗戦はもう沢山。松本戦を最後の敗戦にしてもらいたい。

長野戦、JSC戦に勝利を!!

昨年の長野バスツァーはリーグ最終戦、優勝の可能性がなくなってのツァーで席に余裕がありました。
今年は優勝の可能性が残っているためか早めに募集が終了されました。やはりホームの敗戦で思うところがある方が増えたのか?

まぁ、バスの大きさが違っていただけだったり、結局いつものメンバーの可能性が高いと思いますが・・・。Parkerもツァー組です、夜露死苦。

| | コメント (0)

2008年7月30日 (水)

○○○ゲゲゲ゙○のキ○○タ○ロウ

.

.Photo

.







「ヨウ○アンテナが反応しています!」

.

.

○泣き○は味方じゃなかった!

| | コメント (0)

2008年7月29日 (火)

「サッカー本代表選考会」

「本の雑誌」8月号で”サッカーばか三人組”による対談で”サッカー本のオールタイムベストイレブン”を選定しようとする企画が掲載されていました。サッカー本を意識して読んでいるParkerさんとしては関心のある企画です。
この手の企画は対談ではありませんがこれまで3回見たことがあります。今年冬の「J’サッカー」誌、2年ぐらい前の「サッカー批評」誌、そして10年近く前の「Number」誌の増刊号(こちらはスポーツ本特集だった記憶があります)。どこかにある筈なのですが探す気ナシ。これらの特集を元にサッカー本の勉強をしてきました。
で、今回の「本の雑誌」の選者とParkerの大きな違いは1人の選手、監督個人などが書いたり、取り上げられた本を読んでいるかそうでないかのようです。全くないとはいいませんが、Parkerはどちらかというと読まない方ですね。それと歴史を追った本があまり選ばれていない印象があります。
3人のノミネート本が30冊、そのうち読んだことがあるのが12冊、少なっorz。
対談の中で取り上げられなかった「オフサイドはなぜ反則か」「スタジアムの神と悪魔」「サッカー狂時代」「銀河のワールドカップ」(これらの本は拙ブログの右上にある”カテゴリー”の”書籍・雑誌”で紹介しています)はどうなんだ、西部より武智さんだろう、などといろいろ言いたいこともあります。
サッカー本に関心のある方はどうぞ。

GK  「フチボウ」
DF  「サッカーの敵」
    「空っぽのスタジアムからの挑戦」
    「完全敵地」
    「狂気の左サイドバック」
MF  「ロイ・キーン 魂のフットボールライフ」
    「サッカーボーイズ」「サッカーボーイズ13歳」
    「木曜日のボール」
    「28年目のハーフタイム」
FW  「イビチャ・オシムのサッカー世界を読み解く」
    「誇り」「悪者見参」「オシムの言葉」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
監督 「GIANT KILLING」
コーチ「山本昌邦備忘録」
主審 「ゲームのルール」
アナウンサー「メキシコの青い空」
ファン「ぼくのプレミア・ライフ」
サポーター「狂熱のシーズン」
*は読んだ本です

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

敗因を考えてみた(副題 ゆかたこわい)

ど~も、ツエーゲンへの歪んだ愛情を発露するブログです。
観戦記を書こうと思いましたが、松本系ブログに(読んではいませんが)いろいろ書かれているようなのでいいのかな、と。
ということで今更こんなことを書いてしょうがないだろう、と非難覚悟で敗因を考えてみました。
言っておきますが、サッカード素人の妄言です。
大体において精神的な結論になるのが素人の哀しさ(そして松本はアウェーの時と別のチームでした)。

①山田選手の不在
山田選手が出場できれば、負け試合だったとしてもあそこまで無様な試合にはならなかったかもしれません。
②リーグ前半で松本に快勝したこと
立ち上がりの悪いときは、言葉は悪いですが、相手を見下すケースが多いように思えます。Parkerも含めてサポ
も松本に確実に勝てると思い上がってなかったでしょうか。
③怪我を抱えた選手がいる?
具体的な話や噂を全く聞いていませんが、ちょっと心配な選手が何名かいます。
④大観衆を集めたこと
リーグ前半では松本に快勝した後、一安心してしたためか長野に惨敗しました。今回はプロモーション活動に力を入れ、初の4000人動員で到達感を得てしまったかもしれません。
お断りしておきますが、だからといってプロモーション活動に力を入れなくても良かったといっているわけじゃありません。当然やらなければならないことでした。
それと考えたくはありませんが、大観衆にあがったということはないでしょうね。
⑤ゆかた姿の女性に気が散ってしまった
選手も男、全くないとはいえません。ただ、それは松本の選手も同じ条件のはずなのですが。

Parkerがそうだったので、もしかして選手も?思い、あげてみました。

ということで次節長野戦に上記の妄想した敗因はありません(ちょっと③が心配)。
結論、長野には勝てます、いや勝ちます!
でも長野が⑤の手段をとるかと思うと心配でしょうがありません。
ゆかた姿の女性を動員など絶対やってもらいたくないですね!!

北信越公式を見たところ、天皇杯でレッドで退場した松本の矢畑選手(松本公式で確認)が出場していました。レッドは次の公式戦出場停止だと思っていたので意外です。
2年前北信越リーグで退場にになった当時松本の土橋選手が全社で消化、今年も福井で同じようなケースがあったと記憶しています。
Jリーグでは次のようになっていますが、

http://www.j-league.or.jp/aboutj/etc/warning.html
天皇杯のレッドは全社と違って北信越リーグ(同じ1種でも)では消化されないということでしょうか?

| | コメント (3)

2008年7月27日 (日)

松本戦 試合前と試合後

とりあえず試合以外のレポートを書きます。時間がないの淡々と。
スタジアムに着いたのは午後3時、暑いよ。暑さ対策に氷柱ペットボトル4本と2㍑ペットボトルをクーラーボックスに、そして使えるゲーフラ・ダンマクを久しぶりに大量に衣装ケースに詰めて行く。
西部緑地に着くとサポ数名でスタジアム外でダンマクの穴空けをしていたので手伝う。そして作業完了後スタジアム内に。まずはダンマク貼り。直射日光を浴び暑い暑い。そしてゲーフラの準備をして4時50分に夕食のため一旦スタジアムを出て飲食ブースに。うわぁツエーゲンの試合のためにこれだけ多くの方が、と感動する。とそこへ昨年ツエーゲンに所属していた西本さんとばったり。「Parkerさん、俺のシャツ持っていますか?」「もちろん。今もサッカーをやっているのならいつかツエーゲンと試合しましょう」などと会話する。今日のため元所属選手も遠い県外からやってきたんだと感慨にふけました。
ゴール裏にはいつものサポだけでなく、多くの方にもいらっしゃいました。そして栃木からのお客さんもいらっしゃったように思います。
そしてキックオフ。試合レポートは今日は書く時間がありません(書くかもわかりません)。
ハーフタイムにメインでフリーペーパーを配布しましたがアウェー状態。
金沢サポ、点を取られると声が小さくなりますね。まだまだ成長しなきゃなりません。
松本サポの挑発ダンマク「セブンイレブンどこ」は挑発系ブロガーParkerさんの
点数は2(5段階評価)。感想は「セブンイレブンで都会気取りかよw」「2ちゃんの金沢スレを荒らしているのは喪前らかw」(所詮負け犬の遠吠え)
松本サポが勝利後にかかげたダンマクは読めなかったため評価保留。出させたうちが悪い。ただしその行動自体への感想は「キミたち変わっていないねw」
「後だしじゃんけんカッコ悪い」「自分はアウェーでそんな失礼なことはしなかったよ(挑発wゲーフラは試合前から掲げています)」「Jに行ってもやれよ」(負け犬の遠吠え)
選手がサポゾーンに挨拶に来た時は以前のレポートに書いたとおり、優勝の可能性が残っているのでParkerは前向きに考え「リーグ戦はまだ2戦残っている」と叫びました。サポゾーンもかなり厳しい声もありましたがツエーゲンコールで締めた記憶がありますが、呆然としていたので違っているかもしれません。一方、メインからかなり罵声が出ていたような。メインの子供たちが選手に声をかけていた?のを見るとあらためて勝ちたかった、なと。
負けた後の金沢サポ、大反省会。翌日のJSC-長野の引分を願う。それでも最後は次節に向けて元気が出たかな。
某サポ氏にお手伝いしてもらい重い荷物を持ってサポゾーンを最後に出て行き、スタジアム外に出ると1DAYボランティアスタッフと出会い、愚痴を言い合い一層暗くなるorz。飲食ブースの人に今日は儲かりましたか、ときくと「全然」との厳しい声。すいません。
空腹だったし、食べ物が半額だったので(ここから敗戦に打ちのめさせられたParkerさん的にメイン・イベントですがアレなので書けません。ただ、
脅迫に使われかれない写真を撮られたことでお察しください)。

| | コメント (4)

大事な日の翌日に本屋プロレスを見てきた

凄いアクセス数!
昨日の観戦記をいろんな意味で期待されている方が多いと思うのですが昨日のツエーゲン並に期待を裏切って本屋プロレスのレポートを。
今日は午前5時30分に起きてムスコ2号ととお付き合い、その後町会関係の仕事をして、午後はムスコ1号とヤマダ電気、金沢ビーンズに。あえてツーエゲンキャップ(パチモノ)をかぶってです(それとエムだから)。某所でフェルヴォのマフラー(こちらは公式)をしている方と接近する緊張走る場面も。
会場のTSUTAYA金沢店に着いたのは試合開始予定午後5時30分の10分前。
あれ、かなりの人数。100人近くいたのかな。店内に本屋プロレス告知ポスターが何枚も貼られているので、皆さんこれで知ったのかな?ちなみにParkerは週刊プロレスで知ったのです。Parkerは階段で観戦です。
もともと本屋プロレスは高木三四郎の著書「俺たち文化系プロレス DDT」

http://www.amazon.co.jp/%E4%BF%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E6%96%87%E5%8C%96%E7%B3%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%82%B9-DDT-%E9%AB%98%E6%9C%A8%E4%B8%89%E5%9B%9B%E9%83%8E/dp/4778310950/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1217160108&sr=8-1
のプロモーションのためでして、試合開始前に本の告知、そして本を持っている人に出場4選手のサイン会を実施すること、そして本を店内で売っていますとの告知を行います。ここまで予想できていましたが、写真をバンバン撮ってくださいとこの手のイベントに珍しい告知w。さすが高木三四郎。
試合開始は5分遅れの5時35分。2階から4選手が一人づつ入場です。男色ディーノはとある男性観客にディープキスw。三四郎登場時には多くの観客が「オイオイオイ」コールに「ファイアー」ポーズ。当然Parkerもやっっていましたよ。予想以上に盛り上がっているw。
正面入口のスペースで試合開始です。ところがこの試合店内のどこのが試合会場になるということで、二手に分かれ店内一周w。階段手すりをつかっての空中技、おなじく手すりに無理矢理またがらせ滑らせる場面もw店内一周し、店内のディスプレイも凶器にして、正面入口前で決着がつきました。。三四郎がフォールをとったと記憶しているが自信はありません。
そして、店内移動のドサクサにまぎれ、最後はParkerは人だかりの最前列にwその証拠に携帯で写真を撮ったのですが、
公序良俗に反するため掲載できません(それとアップする方法がわからないため)。
その後、第1回本屋プロレスの時に第2回をする店を募集すると洒落で言ったところオファーあったのがTSUTAYA金沢店だけだったと三四郎がMCすると観客から「TSUTAYA」コール。その後店長が挨拶すると「○○(店長名)」コールw。面白いイベントだったのでParkerは本を買うことを決めました。ということで三四郎が本の告知をすると本を手にとって買うぞとアピール。
本を購入し、三四郎にサインを入れてもらうとき
「パーカーさん」て入れてください、とお願いしましたwアルファベットで書いてもらうのは時間がかかるので、カタカナでお願いします、と。「ハにマルですか?」「そうです」「カですか」「そうです。ありがとうございます」ということで「パーカーさんへ」との献呈が書かれている本がありますよ。

| | コメント (0)

就寝前にこれだけは書いておきます

勝負事ですから勝ちもあれば負けもあります。
敗戦自体は仕方ないと思います。
でも今シーズンのことだけでなくクラブの今後ことを思えば今日だけは負けたくなかった。
いや、負けてもあんな無様は負け方は許されませんでした。
初の西部でのビックマッチが・・・。

試合後サポゾーンに来た選手に「リーグ戦はまだ2戦残っている」と叫びました。
諦めが悪いのでまだまだ優勝は諦めていません。
そして試合が残っている以上当然勝ちに行きます。

もちろん南長野に逝きます。
今日の負けは終わったこと。
敗因を分析して長野戦に向けしっかり修正してください。
南長野で勝利を!

| | コメント (0)

2008年7月26日 (土)

まだリーグは終わらない

2-5。完敗。
サイドを蹂躙され、中央が空いたところを狙われました。そしてゴール前では振られて右往左往。
中央は堅牢だと思い込んでいましたが幻想だったようです。




と書いていたところで町会関係の呼び出しがあり中断しました。
実は今日は大事な行事があったのですが、それをさぼってツエーゲンを優先していたのです。
観戦記は明日以降書くか、書かないかもしれません。

試合結果がアレだったため、Parker的にメインイベントは試合後にありました。
いろいろアレなため書けませんけど。

| | コメント (0)

いざ行かん西部緑地へ

Tシャツ、ヨシ
キャップ、ヨシ
タオルマフラー、ヨシ
日除け用タオル、ヨシ
サングラス、ヨシ
ダンマク、ヨシ
ゲーフラ、ヨシ
お小遣い、ヨシ
気力、いろいろあって下がり気味orzですが、なんとかageて逝きます

記事2本上げたり、バナー交換したりしましたが、やっと
出----発----!

| | コメント (0)

自炊選手に良いモチベーション

上手い米が食いたいかーー!?
http://www.union-dc-cup.com/top.html

| | コメント (0)

この大事な日に雑談

ど~も、空気の読めないサポです。日がないのでどうしても今日ウpしたかったのでお許しを。

本屋プロレスが金沢で開催!
といっても何のことがさっぱり分からないという方がほとんどでしょう。
”文化系”プロレス団体DDTによる本屋プロレスが金沢で開催されます。
DDTおひさる"Infomation"から

本屋プロレス第2戦のお知らせ  2008年07月15日(火)

旗揚げ戦が出版業界に大きな衝撃を与えた「本屋プロレス」の第2戦が決定いたしました。詳細は以下になります。

【日時】 7月27日(日) 17:30開始予定
【会場】 TSUTAYA金沢店
【料金】 無料
対戦カード
○飯伏幸太&中澤マイケル vs 高木三四郎&男色ディーノ

男色ディーノ w
これは行きたいw
もっともDDTを見たことがある人はほとんどいないし、東京じゃないし、盛り上がるかはかなり微妙。

そもそも本屋プロレスとは
http://www.kamipro.com/news/?id=1208956907
レポートは「本の雑誌」誌先月号にも掲載されていました。

旗揚戦の動画はコチラ
http://jp.youtube.com/watch?v=bWqvJRupCYg
http://jp.youtube.com/watch?v=wqkGW3evBwI&NR=1

スポーツ雑誌「Sportivaスポルティーバ」の付録にD!V!D!。これは心が動くなぁ。
サッカー五輪代表全ゴール集[約15分]
「日本の決定力がここにある!」
前園、中田英、高原、稲本、
小野、柳沢、大久保…
1996年アトランタ、2000年シドニー、
2004年アテネ3大会・全16ゴール

http://www.shueisha.co.jp/CGI/magazine/rack.cgi/magazine/sportiva_detail.html?key=detail_b&zashimei=sportiva

「秋春制」反対バナーどなかか作っていただけませんか?
北信越系リーグ系ブログがどこでも使えるように「赤」「緑」「橙」「黄」「青」など使わず、黒地白文字でどうでしょうか。

| | コメント (2)

2008年7月25日 (金)

松本戦に人を誘う オチ編

結局未婚の女性は行けないらしく、
同年代のオヤヂにチケットをあげました。

厳しい現実を知りましたw

| | コメント (0)

多くは語りません

試合の前日、前々日にはレビューというか、過去の因縁をいろいろ引っ張り出しているわけですが、明日の松本戦のレビューはしません。
理由はネタを思いつかないから。
JFL昇格のため勝たなければならない試合、そしてクラブ発足以降最大のビックゲームで無様な試合をするわけにはいきません。
余計はことは言いません。

勝利を!そして観客に喜びを!

ちなみにツエーゲンは山田が出場停止。稲垣・権藤のボランチか。
辻田、上田、稲垣が累積2枚。イエローを受けると長野戦出場停止。
松本はDFの要、矢畑が出場停止。

| | コメント (0)

2008年7月24日 (木)

松本戦に人を誘う

松本戦に1人でも多くの動員を、ということでフロント、選手、ボランティア、サポーター、そしてそれらの以外の方々も声かけなどをしていると思います。サポーターの末席を汚すParkerも先日、ショッピングセンター内で告知ティッシュを配布、もとい、配布しないでゲーフラを掲げていましたが、それだけでなく声かけもしようと。未婚の女性を対象に。
実はチケットが余っているんです。一応後援会会員なので、ホームゲームチケット2枚が提供され、他に7枚セットのチケットパック(4,000円)も購入していました。前売り800円を5枚買っても同じ4000円だから7枚セットを購入したわけですが、なんと、ホーム最終戦が仕事のため参戦できないことに(泣)、さらに物見山でボラをしたため、2試合チケットを使わず予想以上に余った次第。その前にも未婚の女性にあげていたのですが、最終戦より松本戦に動員が欲しいので、この試合用にチケット2枚を上げることにしました。未婚の女性に。
まぁ同じ職場の未婚の女性なのですが、話をしているとツエーゲンにイケメンの選手がいるんでしょう、と。キムタツのことかときくと、星稜出身の選手ですとのこと。
まさかツジのはずじゃないよな、と思っていると髪を紐で巻いていると言ったので、タッシーのことと理解しました。ということでタッシーの写真を撮ることを依頼される。
当然本人が行くものと思っていたら、本人が行くんじゃなくて友達にあげるらしい。友達でもいいんですが、男友達でないように。

ちなみに昨年もチケットセットを購入し、行けない試合があって、その分未婚の女性にあげたのはいいが、足りなくなって当日券を買ったことは恥ずかしいので秘密だ。

| | コメント (0)

シェイクスピア「マ○○○」

「森が動くまではマ○○○は滅びない」 
森が動く?動くはずがない、マ○○○は安心した。

↓イメージ映像
http://jp.youtube.com/watch?v=KmTb_L8HxV4
2点目の得点につながるパスを出したのは山崎のはず

↓イメージ映像その2(5分50秒ごろから)
http://www.youtube.com/watch?v=JNsCrIobBYQ&NR=1
(黒澤明監督 「蜘蛛巣城」から)

↓元ネタ
http://www.sol.dti.ne.jp/~takeshu/Macbeth.htm

| | コメント (0)

2008年7月23日 (水)

(゚Д゚)ゴルァ!!今日のツール中継は10時から

ということで「爆笑レッドカーペット」とザッピングして見ていました。
今からツールに集中。
「ちがうか~」「イエス、フォーリンラブ」を使いそうだなw

| | コメント (0)

ツール・ド・北信越

優勝者にはツール・ド・石垣島の参加権が与えられる全長149キロのツール・ド・北信越。現在100キロ付近ですがここまでのレース展開を振り返ってみましょう。
スタート直後は金沢がロケットスタート、それを長野と聖篭が追走し、トップグループを形成しました。このグループに入るものと思われていた松本は中位・追走グループに入ったままという意外な展開。白山はスタート直後から集団から脱落、単独で集団を追いかける苦しいレース展開。
金沢は先頭をキープしたままハイスピードで駆けるものの、40キロ付近の3級山岳で失速、先頭を長野と交代し、聖籠にも追い抜かれる。ただこの先頭交代は長いレースを見据えたものであるかもしれません。長野をプレッシャーの風よけとして超級の山岳コースにいよいよ入ります。ここでの失速は命取りになります。金沢は長野、聖篭相手にゴールスプリント勝負に持ち込み、最後に勝利を掴むでしょう。

自転車ネタとツエーゲンネタを合体させ感無量です。
でもこのネタどれだけの人が理解できるのかorz
149キロは開幕から最終節までの日数、100キロは開幕からの日数のことです。

↓ちなみに本家ツール・ド・フランスの17ステージはコチラ
http://www.jsports.co.jp/style/tour2008/stage/stage17.html
コース見てるだけで興奮してくるけれど、J sports Plusとしか契約していないorz
(゚
Д゚)ゴルァ!!Jスポーツ


こちとらサイクルロードレースのためにJ sports Plusのみ契約しているんだよ!ガビリエもう終わっているよorz

| | コメント (2)

2008年7月22日 (火)

タカアンドトモ4

タカ橋某「暑いですね」
某田トモ尚「ほんと暑いよ」
タカ「こう暑いと食欲がなくなちゃって。つるりとしたものがいいですね」
トモ「ソーメンとかね」
タカ「今の季節、芥子をつけると美味しいアレが好きなんです。知っていました、アレに芥子をつけるのは石川県だけだって、あの白くて、角で頭打つと死んでしまうのは」
トモ「腐か」
タカ「そう腐。大豆はいいですよ。飲み物も尿を良く飲んでいるんです」
トモ「乳だ。なんだ尿を飲むって。」
タカ「まぁ間違えるくらい暑いということですよ。この暑い中昨日も試合ですよ」
トモ「それはお疲れ。どこであったの」
タカ「三国のテクノですよ。あんまり暑いから足を伸ばして海に飛び込もうとしましたよ」
トモ「そんないいところがあるの?どこ、教えてよ」
タカ「尋坊」
トモ「身か。飛び込めるわけないじゃないか」
タカ「それもこれも今週土曜日の松本戦に向け気合が入っているからですよ。大観衆の前でプレーできると思うとうっとりしてきますよ」
トモ「酔か。陶酔するまえに湧いてくるものがあるはずだろ」
タカ「分かっていますよ。1,2,3、ダァー、元気ですかー」
トモ「魂か、サッカーだから志ぐらい言えよ」
タカ「暑くてもキミが言っている事が寒くて死にそうですよ」
トモ「死か。そんなふざけたことばかり言っているとその日録されないかもしれないぞ」
タカ「そんな、せっかく優勝を決める試合なのに」
トモ「突だ。勝っても優勝は決まらないけれど勝たなきゃならない試合だぞ」
タカ「そう、松本には勝たなきゃなりませんね」
トモ「然だ」
タカ「でも、緊張感で逃げ出したくなるかも」
トモ「亡か」
タカ「冗談ですよ。とうとうリーグ戦で部○地に登場ですか」
タカ・トモ「西部だ!」

このネタはフィクションです。
実在する選手と一切関係ありません。
実在する選手と一切関係ありません。

↓タカアンドトモ 
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_1134.html
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_8abc.html
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_7afe.html

キレが悪いというコメントはお断りします

| | コメント (0)

暴挙

亡霊が復活しようとしています
「リーグ秋春制移行を検討 10年シーズンから犬飼会長」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/jleague/headlines/20080722-00000031-kyodo_sp-spo.html

以前このような記事を書きました。
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_848a.html
現在でも立場が変わりません。断固反対です。

2ちゃんねるでもスレッドが立っています
【サッカー/Jリーグ】2010年シーズンから秋春制移行を検討 犬飼会長が明らかにする
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1216715653/
秋春制度について
http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/soccer/1216718884/
     
希望は「検討していることを明らかにした。」
     ↑↑
反対意見、無理だと分かったら引っ込めると言うことですね。

天皇杯の本選組み合わせが決定しましたが、8月31日までこの話題はスルーします。
http://www.jfa.or.jp/domestic/category_1/news/080722ep03.pdf

| | コメント (2)

バレー、ガンバを退団

バレーがガンバを退団しUAEのアルアハリへ移籍だとか。フッキも湾岸国に移籍かと噂されていて、移籍すると思います。
ブラジル人選手(だけとは限りませんが)のとって、働き場はヨーロッパ、湾岸国、そして日本・東アジアという順になるんでしょうね。
石油、鉄鉱石の資源高騰で湾岸諸国はますます裕福に、ヨーロッパの中でもロシアのクラブが裕福になってきています。
更にはブラジルも経済成長をとげていますからますます日本の順番は下がるかもしれません(適当)。
他のクラブの優良外国人を高額の給料で引き抜いても、それ以上の高額を提示されれば引き抜かれるリスクがあると言うことですね。プロ野球でもパ・リーグから引き抜いても(言葉は悪いですがFAのことです)、逆にメジャーに移籍されるケースと同じじゃないですが、似たようなものでしょう。
選手の契約については全く知りませんが、これからはシーズン途中に移籍されることを前提に契約しなければならないでしょう。移籍されることは仕方ないかもしれませんが、ガンバは移籍金がいくら入ったんだろう?

| | コメント (0)

2008年7月21日 (月)

告知ティッシュを配りました(仮)

ということで、今日は松本戦の告知用ティッシュを配布しに逝きました。
この手のお手伝いは3回目です。

↓前々回と前回のお手伝いの模様はコチラ
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/1day_72d2.html
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_86e1.html
ティッシュをお渡しするにしてもあらかじめツエーゲンからのものと分かっていただければいいなぁ、ということでゲーフラを持って逝くことを思いつく。
現場に着くとParker以外に5人集まっていました。配布の人数は足りるだろうということでゲーフラ係になりました。もうねぇ、人が集まるところにゲーフラですよ。なんだこりゃとのぞみこむ人もいます。羞恥プレイでもう(*´Д`)ハァハァ ですよ。顔出しはNGということで、顔が見られないような高さにしか上げないところはまだまだ修行が足りませんね。
しかも某新聞社の取材があり、ゲーフラの写真を撮られるw。
しまった、ゲーフラに専念していたためティッシュを1枚も配らなかった。
ということで正確なタイトルは「告知ティッシュを配ろうとしたが結局ゲーフラを掲げただけだった」でした。

Photo

| | コメント (3)

7月26日(土)は西部緑地で松本戦

7月26日(土)西部緑地の松本戦はリーグ戦の優勝のために落とせない試合であるとは言うまでもありません。それだけでなく1万人動員を狙うフロント、サポーターにとってもクラブの将来を左右する重要な試合であると思います。この試合が一気に県内の空気を変えるのではないかと。
地域リーグでの1万人動員と言うと次の試合を思い出してしまいます。

↓FC岐阜東海リーグで12000人動員
http://www.fc-gifu.com/news/2006/07/1_7.php
↓ファジアーノ岡山が昨年9252人動員した試合の観戦記
ttp://okautan.youluck.biz/blog/207
↓その試合の動画
http://jp.youtube.com/watch?v=ShOZV3qtYck
http://jp.youtube.com/watch?v=w4vyZEvCIoo&feature=related

両チームがJFLに昇格したのはこれら2試合の成功が大きかったと思うのですよ。
実際のところどれだけの方々にいらっしゃっていただけるかわかりませんが、一人でも多くの方にいっらっしゃっていただきたいですね。もちろん勝たなければなりません。

というわけで微力ながら告知活動に逝って来ます。

この試合のことはもっと早く取り上げたかったのですが、以前の苦い経験から次の試合の集中ということで今日ようやく取り上げた次第です。

| | コメント (0)

2008年7月20日 (日)

勝ったものの・・・金沢学院大戦

ど~も、コメントストッパーです。
公式記録はツエーゲンのおひさるからどうぞ。
スタートはツエーゲンの悪い癖が見られました。相手をなめていたのかな?で、初めて学院大が攻めてきて、ドリブルを仕掛けられたところをペナルティエリア付近でファールで止め、フリーキックを献上。このフリーキックがなかなか良く、枠を捕らえ光太がはじき出し、コーナキックを与える。この時学院大のフィールドプレイヤーは4人カウンターに備えて残り、ツエーゲンは慎重に全員が守備に専念。人数、高さでも上回っているはずなのにもう一度コーナーを与える。その2度目のコーナーを二アポストのゴールラインに待つ選手に後方にそらされゴール正面に決められる。これが前半9分。変な言い方ですが早い時間で良かった。思わずピッチに向かって「これで目が覚めただろう」と怒鳴ってしまいましたよ。
先発は国体の絡みもあるせいか少々意外な気がしました。でも相手には失礼ですが、良いイメージでリーグ戦に備えるトレーニング・マッチとして捉えれば、あると思います(天津木村風に)。
先制された後はツエーゲンのゴールショー。特に記憶にあるのはオコのロングシュート、まぁあれだけ時間とスペースをもらえればあれぐらいはオコなら決められるはず。そしてサイドのドリブル突破からゴール前に出された高速パスを健太が綺麗に合わせたゴール。奈良もそんなゴール決めたっけ?
しかし、いろいろ課題があった試合でもあったことは事実でもあります。まず決めるべきシュートが枠に行かないのが多かったですね。でもブーイングは可哀想だと思いましたが。
それと終盤明らかにばてて足が止まりかけていました。南長野も12時スタートですが、先にどちらの足が止まるのか?
そういえば今日は「海の日」でした。分かっていれば海野のネタゲーフラ用意していたのにw。

| | コメント (0)

天皇杯準決勝 金沢大-北陸大

ツエーゲン-金沢学院大戦のレポートを書くべきですが、その後の金沢大-北陸大が面白杉だったため、まずはこちらを取り上げます。ツエーゲン戦は他の方も取り上げていますが、この試合にふれる方は少ないでしょうからご了解ください(取材があったので近いうちに「情熱サッカー」のブログで取り上げられるとは思います)。
先制点は北陸大が前半に奪います。金沢大にはポゼッションで上回られるもののカウンター攻撃にキレがありました。更に北陸大は追加点を加え、2-0とリードして前半を終える。
しかしながらこのまま試合が終わるとはとても思えません。一緒に観戦していたツエーゲンのサポ氏も同意見で、金沢大が1点をとったら面白くなりそうだとの意見でした。そして後半に入ると金沢大がついに1点返すと、その後すぐに北陸大の守備の乱れをついてあっという間に同点に。沸くスタンド。
この試合はスタンド中央で観戦していました。周りと中央部に近いホーム側は金沢大の関係者が、アウェー側は北陸大の関係者。関係者ばかりだったからツエーゲンの試合の中央部より盛り上がっていたかもしれません。でもParkerとサポ氏はあくまで中立で観戦していました。
追いつかれた北陸大に疲れは見えていましたが、サポ氏とはまだまだ分からないですねぇ、北陸大が点を取るとすればカウンターしかないでしょう、とか話しているとクロスに頭で合わせ、北陸大が3-2と突き放します。ところがその直後またもや金沢大が同点に追いつきます。オモロー!
そしてそのまま延長に入ります。前半に北陸大の途中交代で入ったFWが2枚目のイエローを受け退場させられます。さらに延長後半に入ると北陸大のDFがフリーキックの壁の入ったところ続けさまに2枚のイエローを掲示され退場させられます(北陸大の越田監督もこれ以上のことを言うと退席させるぞと主審に注意されていました)。こうなると人数で優位に立つ金沢大は一層攻勢を強めます。北陸大のゴール前の攻防はほとんどのクリアボールは金沢大が拾いますが、ゴールだけは割れません。更にはペナルティエリア外でGKをかわし、ゴール前に金沢大の選手2人が待ち構えているのにパスを出さない、簡単に前に繋げられるのにバックパスをするなど疑問なプレーが目立ちました。
一方人数の少ない北陸大は守るだけということもなく、1人をカウンター用に残していましたが、これが効いていて、得点の臭いもします。金沢大のDFとGKが衝突し、ボールがコロコロ転がるといったマイアミの奇跡のような場面も。結局延長前後半30分でも決着はつきませんでした。
ホイッスルが鳴ったとき、北陸大は守りきったという気持ちからか顔を上げてベンチに向かってきて、越田監督もここからは気持ちと檄を飛ばしていました。一方の金沢大は2人少ない状態で決めきれなかったショックか顔を下げていたことが印象的でした。
そしてPK戦突入。PK戦は金沢大側のゴールで行われたため某信州方面サポのように移動する北陸大応援団。キックを撃つ時は本当に物音一つしていませんでした。そしてキックごとに盛り上がるスタンド。
金沢大  × ○ ○ × ○
北陸大  ○ × ○ ○ ○
4-3で北陸大の勝利。

心の底から両チームに拍手をしました。
いや、この試合を見た人は勝組。
勝った北陸大応援団は決勝でも勝つぞ、と気勢を上げていましたが、学生さんに世間の厳しさを教えなきゃね。

前半少しうとうとしていました。ちょうどその時Parkerの隣に座る人が。誰かと思ったら、前の試合でも活躍していたツエーゲンの某選手。いきなりのことで気の利いたことが言えなくてスイマセンでしたorz。

| | コメント (0)

2008年7月19日 (土)

ホーム

↓元ネタ 我が家
http://jp.youtube.com/watch?v=KxzPyDsXRks

「プロポーズ サッカー選手の場合」
僕とキミの愛のパス交換でついにゴールを決めるときがきた
「おまえ、その身体でサッカー選手?
替われ

ほら、僕たちの結婚をサポータも応援しているよ
「サポーターって誰よ
大体お前にそんなにサポーターいないだろ
目を覚ませよ

僕のボールと友達以上の関係にならないかい

シモネタじゃないか。
ツエーゲン系ブログ!」

あたためていたネタを某選手のブログで先を越されたましたよorz

| | コメント (0)

2008年7月18日 (金)

日曜日は金沢学院大戦

日曜日は天皇杯準決勝、相手は金沢学院大です。金沢学院大は2年前の天皇杯で2回見たことがあるだけです。
準々決勝ではフェルヴォ相手に運動量を惜しまないサッカーと素晴らしいカウンターで3対1での勝利!正直第1試合のツエーゲン(対金沢工業大戦)より見ごたえがありました。
準決勝の金沢大戦でもよく走っていましたが、1失点後気落ちしたところ更に失点して力尽きた記憶があります。
もしかするとリーグ戦よりも走ることのできるチームかもしれません。もちろんツエーゲンが走り負けることはありませんが、最後まで走るチームにどう闘うことができるか、そして松本戦、長野戦に向けどんな選手を使うのでしょうか。

結果だけなく内容も求めます。

| | コメント (0)

2008年7月17日 (木)

テイヘンズ - ライオンパワー小松戦

石川県リーグ1部の事実上の決勝戦。ライオンパワーは1試合消化試合が少ないながらもこの試合まで両チーム全勝できています。テイヘンズは勝てばもちろん優勝、引分でもほぼ優勝。ライオンパワーはこの試合に勝てば次の試合で優勝を決める可能性が高くなるという状況でした。
会場の二日市多目的広場をネットで検索すると津幡バイパスのすぐそばです。でもそれらしい場所は気づいたことがないぞ。現地に行ってみてもよく分からない。ようやく入口を見つける。案内板もなく、回りから高い場所にあり、周囲に木が植えてあって分かりづらいことこの上なし。
会場は3面の広場があるだけ。遊具もなく、仮設トイレが二つあるだけ。試合のあるグラウンドはフェンスなどがあるわけでなく、ボールがピッチから出ると、どこまでも転がるか草むらに飛びこむ。ちなみにParkerはボール・ボーイオヤヂとして2回守備機会ありwグラウンドは明らかに平らでなく、土じゃないけれど芝でもないなぁという劣悪な環境です。
観客はParker一人(汗。しかし、キックオフ後テイヘンズのサポーターというか関係者が約30人と県リーグの某チームの選手1名が集まりました。
試合は序盤は互角だったもののテイヘンズが主導権を握っていきますが、なかなかチャンスを生かせません。先取点はテンヘンズのグラウンダーのフリーキックから。前半は1-0で終了。
後半に入りますます攻勢を強めるテイヘンズ。ラストパスまで完璧なもの最後のシュートがorzという展開。追加点は横山翔選手がセンタリングを胸で合わせた意外な得点。3点目も横山翔選手、他の選手のシュートがポストに跳ね返ったところをゴールに流し込む。
ライオンパワーは終了間際に反撃、1点を返したもののそこまででした。
テイヘンズ優勝おめでとうございます。チャンレンジリーグを勝ち抜き北信越リーグに戻ってきてください。
優勝を決めたテイヘンズはメイン側、そしてゴール裏の関係者に挨拶。当然のことながらただ一人の部外者のParkerはスルーされる。
でもエムとして美味しい放置プレイでした(;´Д`)ハァハァ 。

| | コメント (0)

ここ2年の懸念解消か

えーと、ここ2年の懸念といってもツエーゲンじゃありません。リーグ優勝への道は険しく、2年どころかJに上がった後も一生懸念しなきゃならないでしょう。

ようやく携帯のメールが使えるようになりました(でも自分のメルアドは知らない)。そんな使いこなしていない携帯を買ったのは2002年。理由は2002年のワールドカップです。職場の人間と新潟での試合を見ることになったのですが、Parkerだけ前日から新潟に乗込み単独行動をとり、現地で落ち合うためようやく買った次第。ほとんど電話としか使わず、写真をとってもPCに取り込むことはできないし、ゲーム、ネット、音楽を利用することなく、ワンセグもありません。
一方現在使っているPCも購入したのは2002年。こちらもゲームでは使いませんが、テレビを録画したり、ネットでいろんなもの、大体(←ここ重要)は音楽ですがダウンロードしたりして楽しんでいます。そのためのフリーソフトなどもダウンロードするのですが、だんだんとハードディスクの容量が心配になってきます。外付けハードディスクも1台目だけで心もとなくなってきたので先日2台目を購入。容量だけは心配ないさ~(大西ライオン風)。
しかし、Cドライブの容量はどうにもなりません。2年ぐらい前から怪しかったもののなんとか誤魔かしていたのですが、もうどうしようもなくなりました。動作は遅いし、CDも作れないと、何とかできないかとネットで調べたところ、パーティションソフトで解決できそうということで早速購入、どうやら上手くいったようです。Cドライブ9ギガが30ギガに(喜)。
ツエーゲンに全く関係話ですが、嬉しくて書いてしまった次第。

| | コメント (0)

2008年7月14日 (月)

だるかったり疲れたり

ツエーゲン戦の前に県リーグのも観戦したせいか、試合後は身体がだるくて、疲れていました。どれぐらい疲れていたかというと、勝利後握手を求められても反応できなかったり、Perfumeの話題を振られても満足に返せなかったり、(・∀・)ラジバンダリ!
試合中もサヘロヘロ状態でポゾーンにいながら、声が出なかったり、手は上がらなかったり、(・∀・)ラジバンダリ!あっ、手が上がらないのは四十肩のせいかもしれませんね!orz
最近は食欲もあまりなく、禁酒もしているせいか体重も激減。顔が小さくなったと言われたり、顔色が悪くなったと言われたり、(・∀・)ラジバンダリ!

ということでスタンドでのサポ活動に協力できなくてスミマセン。

↓ラジバンダリが分からない方はコチラをドウゾ
http://jp.youtube.com/watch?v=QaOMMF2Vvfw&feature=related

ツールはこれから標高差1320㍍を上り始めます。

| | コメント (0)

2008年7月13日 (日)

圧勝!グランセナ戦

前節のゲームを今シーズンベストと書きましたが、早くも更新されました。
↓前節の観戦記

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_c8dd.html

米山、権東が出場停止のため先発メンバーはいつもと異なります。

   トモ    奈良
龍朗          広庭
      稲垣
      山田
オコ  辻田  マナ  森シュン
      光太

ツジとマナは逆かもしれません。
稲垣と山田のボランチコンビは3試合連続(前々節は見ていないため)?稲垣効いていました。中盤で相手を潰しタイミング良い上がりが絶妙。
Parker的にMVP。
森シュンが初先発。ガンガン上がっていくのは痛快でしたが、その後のプレーに少々不満かな。
リーグ前半で苦労したグランセナの速攻を前半は完璧に押さえ込みました。ただし後半になると連携ミス?で危ない場面も見られ反省材料にしていただきたい。
立ち上がりから攻め込むツエーゲン、チャンスを何回も掴むもののなかなかゴールを割れない展開でしたが、トモが左サイドを突破しゴール前にクロスをあげたところを奈良が地面に叩きつけるヘッドで先制。
山田が前半で交代し、FW永井投入。奈良はボランチに。
2点目はツエーゲンのコーナーキックからグランセナがカウンターを仕掛けたところをツエーゲンがカットし(広庭?)、カウンターのカウンターを仕掛ける。左サイドに残っていた龍朗にパスが渡り、そのままドリブルからシュート!
前半はDFラインでボールを渡すことが多く、サポゾーンから不満の声が出ていましたが、Parkerはセーフティ第一、後半勝負だろうと割り切って考えていたのでノー問題、むしろ華麗なボール回しを楽しんでいました。
3点目は後半早々。ペナルティエリア内でのハンドで得たPKを奈良が決めます。
この辺からは得点の順番は怪しいので選手別でw
奈良はハットトリックでした。中盤でボールをカットし、そのままグランセナ陣内にオフサイドを掻い潜りGKと1対1になったところをかわし、さらにDFをもかわし、ゴール内までそのままドリブルで進入するかのように華麗な3点目でした。
複数点者はもう一人、龍朗です。左サイドからの横パスをつめていたツエーゲンの選手が二人決めきれなかったところを反対側につめていた龍朗が決めました。
ヒカルは右サイドの単独ドリブル突破からのシュート。最近調子が良かったものの得点に結びついていなかったので、応援している方としても嬉しい得点でした。
ジャンは龍朗のコーナーキックを決めました。言うまでもなく頭でですw。
後半の交代は辻田→ジャン、稲垣→森陽一。
陽一待望の復帰!しかし、まだ試運転といったところでしょうか。前節で復帰した永井はかなり本調子に近くなってきたようです。Alles is the striker(スペル合ってる?)。選択肢の第一がシュートであるのが気持ちよいですね。あとは結果!
見ていて楽しい試合でしたが、心配性なので手放しで喜ぶことができません。今日のグランセナが悪過ぎました(前節でも書いたな)。ツエーゲンの戦術に嵌ったせいか、特に後半DFラインと中盤が空きすぎ、DFラインまでボールを運ぶとほとんど決定的場面まで結びつきました。あと集中力に欠ける場面も何回かありました。残り3節であんな場面を作ったら確実にやられるでしょうからしっかり反省を。山田はイエローカードをも会ったため次節は出場停止です。
と、メモを取らずに書いたので、テレビ放送後でも結構ですからツッコミよろしく。

この試合の前に前日の予告どおり石川県リーグ1部の「ライオンパワー小松 対 テイヘンズ」を観戦してきました。横山翔の2ゴールを含みテイヘンズが3-1で勝利し、全勝で県リーグ1部優勝しました。これで北信越リーグ復帰の挑戦権を得ました。この試合の観戦記も上げる予定です。

| | コメント (0)

2008年7月12日 (土)

明日の予定

グランセナ戦のキックオフは15:00。アウェーのフェルヴォ戦ではその前に県リーグのゲームがあったが明日はそんなことがないみたい。午前いっぱい予定があるけれどどうやって試合開始まで時間を過ごすかとネットサーフィン(死語)をしていると、県リーグの頂上決戦「ライオンパワー小松 対 テイヘンズ」があるとの情報が。
県リーグ1部の全勝チーム対決ということで、テイヘンズが勝つと優勝決定、ライオンパワーが勝つと1試合を残しながらも優勝の可能性が高くなるとか。
試合会場の二日市多目的グラウンドは津幡バイパス沿に位置し、金沢市民からは5キロぐらいでしょう。キックオフは12;00ということで最後まで見るかは微妙なところですが、こちらの試合も観戦するとしますか。
午前の用事も屋外ですし熱中症と水分補給に注意しなければ。体力温存のため自転車での参戦は諦めます。
↓県リーグの戦績表です

http://www.ifa-s.jp/ke.html

| | コメント (0)

2008年7月11日 (金)

待ってました~!!

元ネタ しばらく前の某有名ブログ

9日は何の日か覚えてますか??..

実際は一昨日なんですけど. .

. .

.

そう.

.

.

. .

P

.

.

.

e

.

.

.

r

.

.

.

f

.

.

.

u

.

.

.

m

.

.

.

e

.

.

.

長々とすいません「笑」.

.

Perfumeの「love the world」が発売されました!.

.

まぁ. . . .Amazonに予約してあって届いていたんですが「笑」.

.

ムスコに箱を開けられ、ツマに知られて. . . . . . 最悪!!.

.

収録曲の「edge」、最高!!.

.

やっぱり、たまりませんわ。.

.

みなさんも聴いてみて下さい!.

.

We love music!!!.

.

それじゃあ。     ピー

.

.

| | コメント (0)

2008年7月10日 (木)

13日はグランセナ戦

13日は金沢市民にグランセナを迎えます。
ここまでグランセナは3勝2分5敗の5位。「4強」との対戦はこの試合が最後になります。3勝は松本、JSC、フェルヴォから上げています。5位以下のチームで「4強」から勝利を上げているのはグランセナしかありません。
そして松本、JSCからの勝利はアウェーで奪っています。どうやらアウェーで力を発揮するタイプのようです。長野には2敗していますが、アウェーでは健闘しながらもホームでは大敗しています。
リーグ前半5連勝したツエーゲンですが、最終的には5-0で快勝したものの最も手ごわいと感じた対戦相手でもありました。
↓観戦記はコチラ

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_0daa.html
最近の試合では空中戦で完勝しているツエーゲンDF陣ですが(あ、ヴァリエンテ戦見ていないや)、スピードで勝負してくるであろうグランセナ攻撃陣にどう対応するか注目です。
攻撃陣では出場停止明けの奈良の活躍に期待しましょう。
そして米山・権東の出場停止を埋め、その後の天皇杯、リーグ戦の活躍を予見させてくれる選手は誰になるのでしょうか。

| | コメント (0)

2008年7月 7日 (月)

枯木

ど~も、フォーリーブスが最初に知ったジャニーズタレントです。
さてさて福井ツァーは一人でなく何人かとで逝きました。金沢サポの間では「金沢のPerfume」と同行という噂が流れているようですが強く否定します実際は「金沢のかしまし娘」でしたのでお間違いのないように。
↓この時のツァーは楽しかったなぁ
http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_2f37.html
特に意味はありません。言ってみただけです。
金沢を午後3時に出発。自分で2時間もあれば到着すると書いていましたが、食事もしたせいでテクノに着くと、やば、選手入場じゃないか。
この日もゴール裏サポゾーンにいたわけですが、もうサポゾーンにいちゃ駄目ですね。体調が悪い悪いと以前から書いていますが、この日は声は出ないは、肩から上に手が上がらないわで、そろそろサポゾーンから引退しなきゃならないかと思ってしまいましたよ。でも枯木もなんとやらで賑やかに見せるためにまだ居たほうがいいのかな?
道中いろいろと「金沢のかしまし娘」に延々とPerfumeをレクチャーしました。最後の方はさすがに疲れ少し話を聞いてあげたところ、一人がNewsか嵐か好きだと言っていました。
その話を聞いて年下の異性アイドルを可愛い可愛いというのはよした方がいいと思いました!

| | コメント (0)

2008年7月 5日 (土)

完勝!福井戦

今シーズン見た試合ではベスト(見ていない試合は前節ホーム・ヴァリエンテ戦とアウェー・JSC戦)。
球際の強さと高さと運動量で福井を上回り面白いようにボールを回し、人もボールもよく動く見ていて楽しい試合でした。
上げた得点は4点。前半は龍朗のコーナーキックをマナ(?)が逸らし、ヨネが頭で決めた1点のみ。後半早々に右サイドのヨネからのクロスをトップ下のゴンがキーパーの前でドンピシャで決めた美しい得点。3・4点目はまたもや龍朗のコーナーキックからサインプレーも絡めてオコがともに頭で決めました。昨年はなかなか得点に結びつかなかったセットプレーも今シーズンは大きな得点機会となったのは頼もしいです。4点がすべて頭で決めた珍しい試合でした。一方、危ない場面はほとんどありませんでした。
見ていて楽しい試合でしたが、心配性なので手放しで喜ぶことができません。今日の福井が悪過ぎました。福井らしい粘っこい守備が見られず、前節・前々節2試で完敗したのも理解できました。そして中央の守備がかなり弱かったですね。上位チームの強いセンターでは今日のように簡単には点を取ることは難しいと思います。セットプレーで点を取ったからこそ言えることですが、もっと流れの中で得点を決めて欲しかったですね。
今日の試合では奈良が累積警告で出場停止でしたが、ヨネとゴンがこの日警告を受けたため2人はグランセナ戦は出場停止。そして辻田はチーム34人目の累積2枚となりました(他の3人は稲垣、上田、山田)。無駄な警告が見られたので反省を求ム。

| | コメント (2)

2008年7月 4日 (金)

今度こそ本当に

本当に体調が悪いっすorz。
ここ数日頭痛は治まらないし、眠れないし、酒を飲んでないし、ネタはウケないしorz。
気がつくとブログにかまけて今年はサイクルロードレースをまともに見ていない。ということで久しぶりにJ SPORTSを見ると、ツール・ド・フランスは明日からなんだ。今は2007年の総集編を見ながらこの記事を書いています。
体調が悪いこととツールを見るため、来週からは更新頻度を落とします。
以前にも何度か同じことを言いながらほぼ毎日更新していましたが、今度こそ本当に更新頻度を落とします。

| | コメント (0)

テクノに行こう!!

前日大ネタを書いて疲れたので真面目な記事は書けないなぁ。

福井戦は土曜日開催です。お間違いないように。そしてツエーゲン初のナイトゲームです。
リーグで残されたアウェーゲームは明日の福井戦と長野戦だけとなりました。もちろん長野戦に勝つしかありませんが、福井戦においてもそれは同じこと。

福井には勝たなければなりません。
会場のテクノポート福井スタジアムは金沢から高速を使わなくとも2時間かかりません。
そして収容人数21000人を誇る北陸随一の球技専門スタジアムです。
比較的近場のアウェーに一人でも多くのサポが集い、選手を後押ししましょう。
対戦相手の福井はここ4試合勝ちに見放され、特にここ2試合は0-4、0-7と調子を落としています、だからこそ一層守備的に戦ってくるかもしれません。堅守の福井が一層守備的になると、ツエーゲンは如何にしてゴールをこじ開けるのでしょうか。そして速攻、セットプレーからの失点に気をつけなければならないのは言うまでもありません。
↓リーグ前半 ホームの観戦記

http://zweigen-kanazawa.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_fab4.html

7月5日(土)
テクノポート福井スタジアム
18:00キックオフ!!

Parker今回はバスツァーでなく自分の車で参戦します。今年、車を変えてからガソリン高もあり遠出は家族を乗せた時だけで、初めて家族を乗せない遠出となります。家族を乗せると聞けないPerfumeをガンガンかけて逝きマス。もしDVDを見るときは
↓これか
http://diskunion.net/latin/ct/detail/JP0607-11
↓これね
http://www.cosmicpub.jp/shopdetail/003004000032/order/

| | コメント (0)

2008年7月 3日 (木)

インターコッコで調べてみました

↓元ネタ ナイツ
http://jp.youtube.com/watch?v=ojrPYGMKNU0&NR=1
http://jp.youtube.com/watch?v=no8sMWP7gB8

「この間コッコ新聞読んでいたらツエーゲン金沢というサッカーチームがあることを知ったんですよ」
「コッコ新聞って養鶏新聞かよ。まぁ大体分かるからいいけど」
「そのツエーゲン金沢をインターコッコで調べたので話してみたいと思います」
「インターネットね。またコッコかよ」
「まずツエーゲンという名前ですけど、金沢弁で強いだぞというのと、チームとサボッタが共に進むと言う意味で番い(つがい)からとったんですね」
「サボッタってなんだよ、サポーター。それと番いじゃなくてドイツ語のツヴァイからとったの」
「ツエーゲンはJリーグのチームじゃないんです。地球リーグに属しているんです」
「地域リーグ!Jにさえ行っていないのに、いきなり地球かよ」
「で、主な選手ですけどファット?」
「何をきいているんだよ」
「いや前目の選手のことなんですけど」
「フォワードね」
「まずは名を上げなければならないのが平安」
「平安じゃなくて奈良、奈良時代とダンマクがあるって時代が違うよ」
「そしてドリブラー吉田拓郎」
「吉田智尚ね」
「サボッタに人気の永井健太、肉ネームはオッス」
「いかりや長介か、アレスだよ。なんだよ肉ネームって」
「ミートフォルダーではコメヤマダイスキ」
「肉か米かどっちが好きなんだよ。米山大輔だよ」
「そしてチームの顔であるミムラ」
「木村だよ。さまーずじゃあるまいし」
「キーパーには大竹もいます」
「だからさまーずじゃないって」
「そのミムラは女性に非常に人気がありまして、牛肉ネームがキミマロ」
「綾小路か、世代が高すぎるじゃないか。キムタツ。どんだけ肉が好きなんだ」
「ほら吹きが二人いるんですよ」
「誰がほら吹いているんだよ。ボランチだろ」
「まずはキャプテン権東、馬肉ネームはゴリ」
「ゴンだよ」
「もう一人は、山さんこと露口茂」
「山田!どこの七曲署なんだよ」
「守備の選手にいくと目立つのは中尾カナ」
「何をきいているんだよ。中尾真那だろ」
「その中尾選手はカンボジア人とのハーフなんですよ」
「タンザニア人だよ。アジアとアフリカで大違いだろ」
「さらに下田と大河内伝次郎」
「上田と大河内秀樹だ」
「地元の選手もいますね、辻、だ」
「辻田ね。変なところで区切るなよ」
「キーパーは咳き込んだ」
「関光太だよ、なんか病弱そうだな」
「スーパーサーブで人気があるのが」
「サーブって競技が違っているだろ」
「高橋聡。鳥肉ネームはコッコなんです」

元バージョン
「フォワードね」
「まずは名を上げなければならないのがお奈良」
「奈良だろ。変なところにおをつけるなよ」
「臭いプレーが得意なんですね」
「光るプレーだろう」

| | コメント (0)

2008年7月 2日 (水)

みなさまにお願いします

オシム前日本代表監督が今年3月に退院した際のメッセージです。
「みなさまには次のようにお願いします。
スタジアムに足を運び、選手たちに大いにプレッシャーをかけて下さい。もっと走れ、もっとプレースピードを速くしろと。そして選手たちが良いプレーをした時には大きな拍手を与えて下さるように」

オシム前監督のこの言葉は日本代表サポータ、ファンだけに向けられたものではないと思います。サッカーを愛するすべての人たちへのメッセージだと思います。もちろんみなさまも向けられているでしょう。

みなさんはツエーゲン金沢を応援されて思います。

選手たちに大いにプレッシャーをかけて下さい。もっと走れ、もっとプレースピードを速くしろと。

選手たちが良いプレーをした時には大きな拍手を与えて下さい。
得点したとき、ピンチを脱したときは、一際大きな拍手を。

ぜひ選手に応援する思いが伝わるようにしていただきたいと思います。

選手が入場するときも拍手で送ってあげれば選手の力になると思います。ツエーゲンのマフラー、フラッグ、マッチディプログラムをお持ちの方は掲げてください。
スタンドの左から手拍子が聞こえたら、よろしければ一緒に手を叩いてください。
そして今度スタジアムにいらっしゃるときは、できれば赤い服でいらっしゃってください。赤い服がなければ、帽子でもバックでもアクセサリーでも何でもいいですから赤いものを身につけてきてください。スタンドを少しでも赤くしましょう。

選手はピッチで戦っています。スタンドも一体となって選手の後押しをしましょう。

| | コメント (0)

2008年7月 1日 (火)

ツエーゲンのサイド攻撃は怖いよ

「白線付近は危険です。近寄らないでください」

↓元ネタ ななめ45°
http://jp.youtube.com/watch?v=ngjuxosZvTo

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »