« 明日は長野戦 | トップページ | 金沢市民はホームではない »

2008年6月 1日 (日)

清々しい完敗

いや、もう文句のない完敗ですorz
昨シーズンは4位でしたが、負けた試合は力負けと言うより自滅という印象が強かったです。でも今日は完敗。選手たちがだらしがないのならブーイングしますが、それをする気さえおきませんでした。全てにおいて長野が上でした。
ツエーゲンが良い形で攻めることができたのは2回だけだったと記憶しています。前半マナがペナルティエリアをドリブル突破し、フリーの奈良にパスするも奈良がふかした場面と、後半ヒカルがペナルティエリア内で抜け出したところ倒された場面だけでした(奈良がPKをきっちりと決めました)。あとはマナのロングスローでオコのヘッドがバーに嫌われたところぐらいかな。中盤で長野の強いプレッシャーに競り負け、龍朗は徹底的にマークされました。
一方で要田選手にやられました。金沢から見て主に右サイドに張っていて、オコがマーク。オコが上がっているときはツジ、そしてマナがマークし、右サイドでは仕事をさせませんでしたが、左サイドに流れたときに崩されていました。前半のラストプレーで先取点を奪われた場面は左サイドを崩され、右サイドにいた要田選手がドフリーでゴール前に侵入したところにパスを通されました。オコはどこにいたんだ?
前半は圧倒されていましたが、まだまだ勝負は分からないと思っていましたが、わずか後半3分で追加点を取られます。フリースローから佐藤選手にあっさり決められました。選手が油断していただけなく、そのフリースローをParkerも見逃し文句も言えないのでorzここは長野を褒めてましょう。(見ていないので違っていたらツッコミお願いします)
それでもなんとかなると思っていましたが、3点目はそんな気も失せるほどの痛い失点。ペナルティエリア内で浮球を1対1で競り合った場面であっさり負けて藤田選手に決められましたorz。
PKの場面で長野に退場者が出たため土橋選手が交代し守備的選手が入り、さらに要田選手も交代したときはDFラインがズルズルと下がり、ツエーゲンペースになるものと期待しましたが、長野の運動量は衰えず、最後までツエーゲンペースに持ち込めませんでした。
運動量で負け、戦術で負ければ勝てるわけありませんね。
これだけの完敗ならかえって後に引きずらないと思いますから(楽観的)、次に切替えですね。次の試合は勝ちのないJSCホームですが、勝点を落とさないように!
そんな中心配なのは永井選手。後半開始から入ったものの怪我で自ら交代を申し出ていました。なんともなければ良いのですが・・・。

正直この試合は2点を取って勝てると思っていました。甘かったですね。サポもそして選手も天狗の鼻を折られて良かったのと思う他しかないでしょう(負け惜しみ)。
まぁこれでリーグも面白くなってきました。独走じゃ面白くありません、ドキドキしなきゃ(負け惜しみです)。
試合終了後流れていた曲に高校サッカーに使われている「ふり向くな君は美しい」がありました。学生さんだから許される曲で、プロがホームで負けた時に使って欲しくないですね(やつあたりです)

とにかく長野が良かった。試合後バドゥ監督がスタジアム前をウロウロしていたので、「今日は長野が良かったです」とジェスチャーで話しかけたところ、バドゥ監督もジェスチャーで答えてくれましたwParkerが理解したつもりなのは「今日は(長野が)良かった。でも次の試合では逆になることもある。それがサッカーだ」。さすがに抱擁はしませんでしたよ。
その後もウロウロしていたバドゥ監督はツエーゲンのユニを着ている方と記念写真を撮られていましたw。

|

« 明日は長野戦 | トップページ | 金沢市民はホームではない »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は長野戦 | トップページ | 金沢市民はホームではない »