« 明日に向けて 2ヶ月遅れのIKZOまつり | トップページ | 物見山をピーピングトムしてみた »

2008年6月22日 (日)

オサレするには早すぎる

サッカーど素人の書く、思い込みいっぱいの観戦記です。

リーグ前半戦では10点取った相手にやっと2点。試合には勝ったものの敗戦気分です。
ツエーゲンのこの日の出来も・・・。これで対戦相手が長野だったら1-3の敗戦ですね。
サポも選手も試合の入り方が悪いと思っており、キックオフ直後(だったかな)GK関が「最初から気合入れて行こうぜ」(といった意味)と言ったもののParker個人としては選手の気合が入ったようには見えなかったのですよ。
一言でいえばプレーが軽い、ボールを大切にしない印象が残ります。
この試合は同じピッチでの3試合目で、なおかつ試合開始後に雨が降り、選手に同情すべき悪条件であることは分かっています。
パスミス、トラップミスが多かったのは上記の理由で納得もしましょう。しかし、目の前のボールを追わない、オサレなプレーで相手にボールをプレゼントしてしまうのは、ピッチの影響ではなく、チームに蔓延する何かが原因でしょう。オサレなプレーは今のツエーゲンには早すぎます。基本を大切に。
そうした中、今日一番良かったと思ったのが広庭輝。トラップミスで何度かチャンスを潰してはいましたが、それを取り戻すかのように猛然とボールを追いかけるプレーがツエーゲンを救ってくれました。みんながヒカルのようなプレーをしてくれれば、もっと良い試合になるとなると思うのですよ。
あと奈良へのロングボールが効かなくなってきたような気が。

ツエーゲンが圧倒的にボールを試合するもののフェルヴォGKが今日も大当たりの日でなかなかゴールを割れない。先取点は62分、左サイドからのクロスを龍朗が頭で合わせる。追加点は龍朗のゴール前へのパスが相手DFに当たり幸運なもの。危ないと思うシーンは幾つかあったものの、決定的場面はほとんど与えていなかったように思います。
↓公式記録(ツエーゲンのおひさるから)

http://www.ishikawafc.sv.bigsite.jp/menu29/tc-lp01-05008.html

|

« 明日に向けて 2ヶ月遅れのIKZOまつり | トップページ | 物見山をピーピングトムしてみた »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日に向けて 2ヶ月遅れのIKZOまつり | トップページ | 物見山をピーピングトムしてみた »