« 男は紅茶を飲まない | トップページ | オコ語録 »

2008年5月12日 (月)

福井戦

開門前に流れていた音楽は、まずはダフトパンク、次にアイーダ、イイヨ、イイヨー。でも、次が「翼をください」orz。
心配された天候も試合前には青空が見られるようになる。とりあえず雨の心配はなくなりそうだ。しかし、風は強く肌寒い。観客動員は雨が降れば700人台も覚悟していたが、900人は入るか?
開門前の人数が少ない。やはり1000人は難しいか。しかし、試合開始前にはかなりの人数がスタンドを埋める。公式発表は1409人。これまでの経験からするとサポゾーン上部エリアまで人が入ったときで1500人超。サポゾーンの上部エリアまで人が流れてきていなく、横のゾーンも埋まっていたのでそんなものか。予想以上の入り。入場料を高くなり動員を心配していたが、今のところはその影響は感じられない。
前半は強風の風上から福井ゴールを攻める。開始2分でタツロウのコーナーからオコのヘッドが決まり先取点!戦前の予想では1-1、2-2のロースコアのドローなら勝ち点を落とす可能性をありと思っていたので早い時間の先取点に一安心。そして32分にもタツロウの右からのフリーキックを再びオコがヘッドで決める。このタツロウのフリーキックの軌道は美しかった。見る角度もあるだろうが、これまで見てきたフリーキックの中でもParker的にはベスト。セットプレーで2得点は悪くないが流れの中では得点の匂いはなかなかしない。しかし、組織的守備、ボール回しが良かった。福井が中盤、DFラインにプレッシャーをかけようとしても、スムーズなパスで福井のプレスを無力化する。富山戦では無意味なボール回しが目立ったがこの試合では無意味な横パスの応酬はなかったような気がする。ゆっくりしたパス回しから高速ギアが入った場面もあったような記憶がある。後半40分の時点で席を離れたので、奈良のPKとタツロウのループを見逃すorz。
後半は永井のゴールに尽きる。綺麗な裏への飛び出しだった。昨年のダニロの経営大戦のゴール以来の気持ち良さ。このプレーとその後のパフォーマンスで永井人気爆発!Parkerも虜になりました。
ロスタイムに失点。右サイドラインに流れたボールの一か八か的キックスローインからのミドルシュートがゴールに。しかし、前半もワンツーから抜け出され同じような良いミドルシュートを撃たれているので(この試合危ないシーンはこの2プレーのみ)、これも福井の得意の形と見るべき。リーグ後半福井アウェーの試合では十分ケアして無失点で抑えたいところ。この得点シーンオコが負傷でピッチから離れていたそうです。って、見ていないのかよ>Parker。
そーです。偉そうにいろいろ書いていましたが、前回の記事にあるとおりかなりアルコールが入っていたので試合のことは実はよく覚えていません。サーセン。
それでも全社含めて今シーズンのベストゲームだったと思います。これからも期待できるゲームでした。
対戦相手の福井は良かったと思います。2得点は見ていなかったのですが、こちらが崩したシーンはそんなに多くはなかったと思います(だからこそヨネあれは決めて欲しかったよ・・・)。松本、長野と良い試合をしたというのも納得です。
福井サポの方といろいろお話させていただきました。こんな酔っ払いにお付き合いいただきありがとうございました。そしてそのお話の中で昨年からずっとモヤモヤしていた渡邉選手への蟠りはなくなりました。

|

« 男は紅茶を飲まない | トップページ | オコ語録 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男は紅茶を飲まない | トップページ | オコ語録 »