« とうとうこの日が | トップページ | 今回の松本遠征はバスツァーで »

2008年5月26日 (月)

完勝!松本戦

結果は3-0。完勝。
うちの良いところばかり出ました。
運動量で圧勝。中盤を制圧。試合終了まで足が止まらず、プレスは最後まで保たれました。試合終了直前の追い込みはどっちがリードしているか分からないくらい。
DF陣は空中戦で圧勝。制空権を握り続けていました。
戦術で圧勝。松本の攻撃はロングボール頼み。パスで崩そうと言う意図は感じられませんでした。実際崩されたのは前半の1回だけだったと記憶しています(それもパスミスからだったと思います)。
松本がうちのゴール前を攻め込む場面がありましたが、前にも書いたとおりロングボールが中心でした。シュートもミドルレンジのものが多いもののDFに当る幸運もあり、あまり怖くありませんでした。ヒヤリとシーンは先に書いた崩されたシーンも含めて3回ぐらいだったでしょうか。怖かったフリーキックも噂ほどでもなかった。

試合開始後はゴール前に攻め込めこむ場面は松本の方が多かったものの、決定的なチャンスはうちの方が多かったように思えます。そうこうしているうちに(ツエーゲンから見て)右からの龍朗のコーナーキックをオコが決めて待望の先取点(23分)!その後鬼プレスで中盤を完全に制圧したツエーゲン。追加点も時間の問題かと思われましたが、パスミスからピンチを招き松本に攻め込まれる時間帯が続きますが、無失点で前半を終えます。
後半は我々サポートが待つアウェー側ゴールを狙うツエーゲン。左サイドをトモ?が突破し、中央やや左で待つ奈良?にパス、更に奈良から
中央ドフリーの龍朗にパス。それを龍朗が冷静にゴール隅にミドルシュート。サポータが陣取るゴール裏に走ってくる龍朗と歓喜するツエーゲンサポーター(58分)。
3点目はマナの右サイドからのフリースローをゴンキャプテンが
簡単に競合いに勝ちヘッドでゴール。三度歓喜するサポーター(67分)。
その後も圧倒的に攻め込むツエーゲンですがそれ以上の追加点は取ることはできませんでした。
健太のシュートはGKが横っ飛びして足で止める、GKが飛び出して無人となったゴールを奈良がロングシュートを狙うも惜しくも外す、デコがらしいチェイシングで自ら得たPKを2回外す(1回目はGKが先に動いたという判定でやり直し)など惜しいシーンがあっただけに残念でした。

確かにうちは良かったです。でも、(上から目線と思われるかもしれませんが)松本が悪すぎたという感じもあります。特に松本ゴール前であれだけうちの選手がフリーになったことは記憶にありません(一昨年のアルウィンではDFを置いてけぼりにしたことがありますが)。もし、レギュラーCBが健在だったらこんなに楽に勝てたかどうか・・・。リーグ後半戦のホームでの松本戦では当然のことながら楽観できません。

気になったことは相変わらず連携ミスが多いこと。かぶったシーンが少なくとも3回ありました。
サイドライン近くでの攻撃の連携がまだまだ。昨年の天皇杯全国大会で見せたサイド攻撃を早く復活させてもらいたいですね。
失点には結びつかなかったもののDFライン近くでの不用意なプレイが見られます。ここは猛省してもらいところ。

MVPは満場一致(どこでの?)で山田選手!素晴しい!これまでも素晴しいと思いつつもあえて名前を挙げさせてもらっていませんでした(山さんごめんなさい)が、今日は大きな声でもう一度言います。素晴しい!
山田選手の加入によりディフェンスに芯ができたように思えます。金沢は精神的リーダーを補強できていないから今年もダメだという書き込みがネットで多く見られました。Parkerは山さんを見ていないからそんなことをいえるんだと思っていましたが、
他サポにそこまで親切でないので黙っていましたよ。

|

« とうとうこの日が | トップページ | 今回の松本遠征はバスツァーで »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« とうとうこの日が | トップページ | 今回の松本遠征はバスツァーで »