« サッカーマガジン「Jリーグ15年の真実」 | トップページ | D!V!D! D!V!D! »

2008年5月18日 (日)

グランセナ新潟戦観戦記

新潟から帰ってきてさっそくネットを見ると、グランセナ側から見た観戦記を何本か読むことができました。やっぱり連携が悪いと思われたのねorz。確かに攻撃の連携(そして守備の連携もやや)に不満が残りました。それでも5得点を奪い、無失点で終えることができたので結果には大満足です。
序盤10分は互角の展開。前節の福井戦よりは攻撃が良く、グランセナゴール近くまでボールを運ぶことができました。しかし、最初のビック・チャンスはグランセナ、フリーでシュートを撃たれます。
グランセナの2トップは速くて怖かった。JSCから5点獲ったのも納得できました。マナが足を滑らせFWとミズが1対1になった時は1点を覚悟しましたが、慌てずギリギリ動かなかったファインセーブで事なきを得ました。ピンチはもう1回、サイドを破られ、ペナルティエリアすぐ外にフリーの選手をつくり、ゴール前にグランセナの選手が数名駆け上がってきた場面がありました。ここはヤマさんが間一髪のスライディングタックルで攻撃の芽を摘みとりました。最終ラインは空中戦では負けなかったかな?
一方のツエーゲン、10分以降はグランセナ陣内でプレーを続けるも最初に書いたとおり連携があまり良くありません。イライラした展開の中生まれたのが、ペナルティエリア内でゴールに背を向けボールを受け、振り向きざまボレーを決めた龍朗のゴール!2点目は奈良のヘディングがバーから跳ね返ったところをグランセナのオウンゴール、ヤッター!!2点リードで前半を終えます。
3点目は後半開始1分くらいかな。ペナルティエリア内からのクロスを、ゴールサイド近くに待ち構えていたゴンキャプテンが頭で合わせてもの。更に4点目と5点目とゴンキャプテンがゴール前のこぼれ球を後ろから走りこんできて流し込んで(だったと思います、つっこみよろしく)の追加点。ゴンキャプテンハット!!!。
最初の交代は2人同時でヨネ→ヒカル、トモ→健太。その後、奈良→デコ。ボールを持つタイプのFWから裏を狙うタイプのFWに交代したため、ツエーゲンの攻撃が一気に縦に速くなり、グランセナの守備陣にやや疲れも見られこともあり面白かったですね。5点目は右サイドにボールが流れ、ゴールキックがフリースローかと選手も観客が思っていたところデコが諦めず追いかけマイボールにして産まれたものでした。デコらしい素晴しいプレーだっただけにその後のプレーでGKとの1対1を外したのは残念です。切り替えて次の試合でゴールを決めてくれ。健太もプレーの第一の選択肢がゴールで、ボールに対する注文もFWらしく良いですね。
今日のMVPは文句なくゴンキャプテン。自身のブログで攻撃的に行くと言っていただけに、今日の結果には満足しているでしょう。この試合に限らず昨年に比べて身体のキレが感じられます。そしてゴンキャプテンが攻撃できるのも山さんの献身的な動きがあってこそ。
と、メモも取らずに書いたのでつっこみよろしく。

ともかく開幕4連戦を目標であった4勝、勝点12で終えることができました。不満もありましたが、内容は試合を重ねるごとに良くなってきているように思えます。次節アルウィンでの松本戦が楽しみになってきた試合でした。

(前節の福井戦観戦記で誤りがあったので訂正しておきました)

|

« サッカーマガジン「Jリーグ15年の真実」 | トップページ | D!V!D! D!V!D! »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカーマガジン「Jリーグ15年の真実」 | トップページ | D!V!D! D!V!D! »