« JFL開幕戦に逝ってきました | トップページ | サッカー協会会長 »

2008年3月17日 (月)

JFL開幕戦に逝ってきました 2

ゲームの前半はカターレに硬さもあったのかニューウェーブペース、ただし前半終了間際にカターレに決定的チャンスがあったものの0-0で終了。後半はカターレペース、フリーキックからヘッドでカターレ先取点。その後もカターレペースが続きますがニューウェイブがフリースローから同点。この得点で一気に形勢が逆転し、直後にニューウェーブがコーナーから藤吉の得点で逆転。このまま試合終了かと思われた43分にコーナーからカターレがフリーでヘッドの得点を決め同点にして、そのまま試合終了。
ニューウェイブの藤吉元気だなぁ。その藤吉などによるニューウェイブのサイド攻撃が効いていました、というかカターレのサイドにかなりの不安があります。カターレにすれば県民に初お披露目の大事な試合を勝つことができず、ニューウェイブからすれば試合終了直前の守備のエアポケットまさに痛み分けといえる試合ではなかったでしょうか。
試合終了後グッズを求める人たちの長い列にビックリ、この人たちはリピータになるのでしょうか?更に新聞の号外が配られていてビックリ。別の金沢サポーターに合い雑談などして頃合を見て車に乗ると以外に早く駐車場を出ることができました(これはポイント高い!)。
カターレの初試合としては試合結果自体を別にすれば(勝たなければ試合でしたが、後半43分の同点弾も悪くは無いかもしれません)、売店が物足りない、試合前の音楽の音が大き過ぎるといった細かい不満はあるものの運営は上々だったと思います。スタッフの数が多かったですね。これからもこの人数を確保できるのでしょうか。警察も控えていましたね。開幕戦ご祝儀の1万人という面は当然ありますが、ファンクラブ入会申し込みをする人、グッズ購入をする人の列を見ていると、3節以降もある程度の動員が期待できるのではないでしょうか?
金沢も早くJFLに上がらなければ。
帰りの車中はリーグ(もちろん北信越リーグ)、JFL、Jリーグの話題。どこも全く予想できなくて面白い
。同行者がどうしてもPerfumeを聴きたいというので聴かせてあげましたよ。

|

« JFL開幕戦に逝ってきました | トップページ | サッカー協会会長 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JFL開幕戦に逝ってきました | トップページ | サッカー協会会長 »