« 祝勝会のブルース | トップページ | 昨日・今日のネタ »

2007年12月18日 (火)

Monty Python - International Philosophy

ネタにしている「爆笑レッドカーペット」、5を見逃してしまいましたorz。
とまぁサッカーだけでなく、お笑いも好きなわけです。
サッカーに関するお笑いではちょっと前にネットで話題になった↓これをチェック。

http://jp.youtube.com/watch?v=2OOISltd7nY

でもサッカーに関してはやっぱり↓です。すぐにクリック汁!
http://www.youtube.com/watch?v=xrShK-NVMIU



全編英語でビックリしました?w
大英帝国が世界に誇るコメディ集団「Monty Python」(もちろんParkerも大ファン)のスケッチのひとつです。
以下解説です。
試合はドイツ哲学者チーム対古代ギリシア哲学者チーム。
ドイツ哲学者チーム
1 ライプニッツ
2 カント
3 ヘーゲル
4 ショーペンハウエル
5 シェリング
6 ベッケンバウアー
7 ヤスパース
8 シュレーゲル
9 ヴィトゲンシュタイン
10 ニーチェ
11 ハイデッガー
補欠:マルクス
監督:ルター

ギリシャ哲学者チーム
1 プラトン
2 エピクテトス
3 アリストテレス
4 ソフォクレス
5 アクラガスのエンペドクレス
6 プロティノス
7 エピクロス
8 ヘラクレイトス
9 デモクリトス
10 ソクラテス
11 アルキメデス

主審は孔子、副審はアウグスティヌスとトマス・アクィナス(この二人はサッカー場でも後光を手放さず)。試合の展開は、まあとりあえずみんなずーっと考えて、ニーチェは孔子に対して論語に自由意志がないなどと抗議しまくって警告を受け、ヴィトゲンシュタインがマルクスと交代、アルキメデスが最後の一分で「エウレカ!」と叫んでゴールにボールを蹴りこんでギリシャが優勝。マルクスがオフサイドを主張したが孔子はとりあわず…

Parkerは↓日本語字幕版で見ていたから笑えましたけどね。
http://python-airways.cside.com/work/hollywoodbowl.htm

|

« 祝勝会のブルース | トップページ | 昨日・今日のネタ »

ネタです」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝勝会のブルース | トップページ | 昨日・今日のネタ »