« 衝撃的な一日 | トップページ | 衝撃的な一日 ② »

2007年11月26日 (月)

セントラル中国ーヴォルティスアマ

四国リーグ1位にして、トップにも勝ったヴォルティスアマ。下馬評では、Mi-o、山雅に次ぐ3番手で一波乱起こす起こすかと思いましたが、初日・二日目と連敗し25日の試合は消化試合となってしまいました。一方のセントラル中国はこちらはほぼ予想通り。Mi-o-松本の前座試合となってしまった一戦。
正直こんなものかと。上から目線になりますが、両チームともうちなら勝てる相手だと思います。
実際やってみないとわかりませんけどね3試合19失点のセントラルはともかくヴォルアマの攻撃も迫力は感じられませんでした。サイド攻撃にしても1枚だけでもう1枚外に仕掛ける攻撃が欲しいところ。
今後の岡山次第ですが、来年中国リーグから岡山以外の2チームが出てくるのは地域リーグ決勝大会ファーストラウンド勝抜け可能性が高まるかもしれません。
もっとも北信越リーグで優勝しなければ絵に描いた餅ですし、優勝したとしてもうちならやらかす可能性大ですが。

|

« 衝撃的な一日 | トップページ | 衝撃的な一日 ② »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 衝撃的な一日 | トップページ | 衝撃的な一日 ② »