« 初めてする野球の話 | トップページ | 西瓜サポーターテクノに現る »

2007年11月 4日 (日)

北信越リーグ一部入替戦 福井-新潟経営大

注目の新潟経営大のメンバーは2,4,9,10番など背番号が小さい。ツエーゲンの試合でおなじみの30番台の選手は一人だけだったかな?
試合は圧倒的な新潟経営大ペース。左サイドの10番が中盤の深い位置から前線に長くて的確なパスを何本も通し、サウルコス守備陣を裏を取ります。新潟経営大の個人技術が福井より上で切り返しやボール回しで前線で優位に立ちます。さらにペナルティエリア内の福井の守備が不安定で、経営大の再三の進入に身体で止める場面が多く、結果的にPKを取られる事はなかったものの見ているこちらとしてはヒヤヒヤものでした。
一方福井もカウンターを中心に新潟経営大ゴールに向かいます。福井が攻め込み、ファールをとったものの流してもらった方が良かったと思える場面でのゴール正面のフリーキックのチャンス、ボールは壁に当たったもののその跳ね返りをゴールに突き刺すミドルシュートで福井先制!
追加点は新潟経営大のコーナーキックからのカウンター一閃、左サイドからのミドルシュートが決まり2-0。
といってもペースは新潟経営大で、攻撃は一層激しさを増してきます。ペナルティエリアすぐ外の3連続フリーキック、メインから見ている限りでは入ったと思えたゴール前の混戦など、福井の守備陣は強いプレッシャーに晒させ続けられますが得点だけは許しません。
前半が終わった時点で2-0ですが、このまま試合が終わるとは思えません。
ところが後半は福井ペースそしてgdgdな展開で試合が進みます。後半から新潟経営大が選手2人を交代させましたが、その一人がゲームを作っていた10番、そのせいか新潟経営大の攻撃に前半ほどの迫力が感じられません。新潟経営大のDFの4番が他の選手より頭ひとつ大きい感じで、作戦魔號(金沢でいうゴール前のマリオに合わせろ作戦、一般?で言う電柱作戦)発動、セットプレーのたびにゴール前に張り付くようになりますが、それでも福井は粘ります。4番が上がると守備はフィールドプレイヤー1人だけになり、カウンターのチャンスもありました。昨年の第1戦もホームで2-0で勝ちながらアウェーでは0-2で敗れ、最後はPK戦で今年も2部で戦っている福井としては追加点が欲しかったのですが、残念ながら数少ないチャンスを決めることはできず、それでもこのまま2-0で終わるかと思ったのですが、残り2,3分のところでのコーナーキックでもっとも警戒すべきだった4番をフリーにして(信じられないミスでした)、新潟経営大に1点を許します。はたしてこの1点は2戦にどんな意味を持つのでしょうか。

非常に面白いゲームでした。JFLより面白かったw。福井まで行った甲斐でありました。
第2戦の新潟経営大のメンバーが気になり、苦戦必至だと思われますが、バスツァーもあるとのことですので、是非福井に一部に上がって欲しいと思います。
今日のMVPは2点目の得点を決め、厳しいチェックを見せた27番の選手でお願いします。

続きは明日

追記・お詫び
北信越リーグの公式を見ていたら、新潟経営大の2,4番は金沢戦にも出場していました。
↓公式記録

http://www.niigataum.ac.jp/sports/soccer/07hfl/playoff-1/kiroku-vs-saurukosu1.pdf
新潟経営大先発8人は、前日ホームで試合していたんだ・・・

|

« 初めてする野球の話 | トップページ | 西瓜サポーターテクノに現る »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めてする野球の話 | トップページ | 西瓜サポーターテクノに現る »