« 全社県予選は来年 | トップページ | 水戸サポさんのブログから »

2007年10月10日 (水)

負け惜しみじゃないよ

今回の記事は「負けたから」「言い訳」で書いたわけではありません。更に3回前の記事で触発されたものでもありません。以前から考えていたことですが、試合前にネガティブなことを書きたくなかったのです。それと今回のいろんな方の試合評を加えて書いてみました。言ってみれば一種のゲームです。
天皇杯3回戦というとJ2のチームが登場し、J2対下部リーグ(学生)という対決が見られます。もちろん試合のモチベーションが高いのは後者です。その辺の事情は3回前の記事のリンクからどうぞ。
ところが今回の水戸と金沢は事情が異なります。まず水戸は昇格に絡んでいません。これが他のリーグのように降格制度があれば別ですが・・・。さらに昨年の天皇杯では初戦3回戦でやはり地域リーグの静岡FCに敗れています。プロリーグとして2年連続で下部リーグ、ましてや地域リーグに負けられないという強いモチベーションがありました。それでも余裕からか、ビジュを先発から外していましたが、後半途中から使わざるを得なかったのは前田監督の計算違いかもしれません。
一方の金沢。こちらは来週の全社があるため天皇杯に全力を出せない事情があります。
いくつかの試合評で「身体のぶつかりあいで負けていた」と書かれていましたが、もしかするとあえて無理をしなかったかもしれません。オコの出場停止はともかくとして、辻田が先発から外れたこと、輝がベンチ外も無理をさせなかったとも考えられます(もちろん本当のところはどうかは知りません)。
だから金沢は勝てなかったと言うつもりは毛頭ありません。10月7日の記事にあるとおり「勝つに値しなかった試合」だと思ています。こんな風にいろいろ妄想するのも楽しいものですからgdgd書いてみました。
中継で全社のライバルチームにも情報筒抜けになったわけですが、「そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ」

|

« 全社県予選は来年 | トップページ | 水戸サポさんのブログから »

時々は真面目に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 全社県予選は来年 | トップページ | 水戸サポさんのブログから »