« 某所にて | トップページ | 中京大学FC戦レポート続報 »

2007年10月22日 (月)

今シーズンを振り返る6

奈良選手
ツエーゲンの肺として惜しみない運動量を誇る奈良選手。ツエーゲンになくてはならない存在ですが、シーズン途中からの加入は金沢にとって幸運(あくまで金沢にとって。奈良選手にとっては苦渋の選択)なものでした。今年の人もボールも動く面白いサッカーは、こうした偶然もあったことを忘れてはいけないように思います。
中盤の選手ながら得点も多く、多いだけではなくホーム長野戦の先制・追加点、経営大戦の美しいループシュート、崖っぷちでのJSC戦の決勝ゴール、そして熊本戦の延長での決勝ゴールと印象に強い得点が多かった。
来年もいて欲しい選手ですが、下手に天皇杯で注目されてオファーがあると(奈良選手にとっては良いことですが)金沢にとっては困ります。

|

« 某所にて | トップページ | 中京大学FC戦レポート続報 »

ツエーゲン金沢」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 某所にて | トップページ | 中京大学FC戦レポート続報 »