« ついに全国に | トップページ | 勝組 »

2007年9月17日 (月)

ロッソに勝ったとは

いい試合になる可能性はあると思っていました。J2、JFLのチームと練習試合を行っても恥ずかしくない結果でしたし、チームとしては勝負弱いものの個人の能力は決して低くないですから。といっても、たかが練習試合でしかありません。ガチンコで来るJFL2位のチームには勝てると思ってはいませんでした(リーグ戦や県大会の試合前にはブログで勝つぞーと書いていましたが、ロッソ戦では書いていません)。でもあわよくば、と思っていたのも事実w。
スタンドに入ると、ん、ダンマクが貼ってない。試合前に選手が挨拶に来ても誰も声をかけない。そしてコールリーダーから応援ボイコットをするという周知。もっともParker前日にネタゲーフラを作ったこともあって、「そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ」とばかりそのゲーフラを選手入場の時に掲げ、他数人で声だし。この件に関して思うこともありますが、機会があれば別に記事にします(ネタ枯れの時とか)。

前半はロッソがホーム側に攻めてきます。
今日のツエーゲンはリーグのホーム長野戦、松本戦を思い出すほどの立ち上がりの良さ(でもこの両試合集中力は持続しませんでした・・・)。こんなのツエーゲンじゃないw。特に右サイドバックの稲垣が目の前でよく見ることができたのですが、相手にほとんど仕事をさせない、素晴らしい出来です(採点6.5)。そんな稲垣の少ないミスからロッソにフリーキックを与えます。(ツエーゲンゴールから見て)右からのフリーキックは、ゴール前のロッソ選手がヘッドをし、そのボールが更に他の選手に当たりゴールに。その前(だったはず)にオフサイドによる幻のゴールがあったものの最初のピンチに失点してしまいました。更にペナルティエリアに侵入してきた選手を辻田(この日大活躍、採点6.5)が押し(たらしいです。Parker分かりませんでした)、PKを進呈し、決められ前半で2-0となります。もっとも前半で崩されたのは、2点目となったペナルティエリア内に進入された時ぐらいで、守備は充分にJFLに通用していたと思います。もっともその少ないチャンスを生かされたのですからJFL恐るべし。一方攻撃の方は、なかなかゴール前までボールを運ぶことは出来ません。米山の右サイドからの攻撃(採点7.5)と龍朗の個人技(採点6.5)、ダニロの突破(採点6.0)と可能性は感じるものの得点の予感はあまりありませんでした。太鼓による応援は15分あたりから始まったのかな。
そしてツエーゲンがホーム側に攻め込む後半、怒涛の攻撃開始です。ロッソの運動量が落ちてきてセカンドボールのほとんどをツエーゲンが拾い、中盤を完全に制圧。もうねどっちがカテゴリーが上か全くわからない状況。奈良の運動量が凄まじい(採点7.5)。いつ得点が入ってもおかしくない状況で1点目は、ゴール前の混戦からペナルティエリアから出たボールを権東がミドル(採点7.0)。いつもなら宇宙開発となるパターンが地を這うネ申シュート。ボールはポストに当たるも跳ね返りがキーパに当たりゴール。続きましては、右からのコーナーキックをまたもや権東がヘッド。今シーズンのツエーゲンはとにかくセットプレーからの得点がなかったのですが(確かホーム上田戦だけじゃ)、こんなところで決まるとは!まぁこんなことでもなければJFLに勝てないのかもしれませんが。いつ3点目が入るかwktkでしたが、2-2のまま延長戦突入。
延長戦も圧倒的にツエーゲンペース。更に交代で後半から入っていた2人のスピード系ドリブラー、智、ヒカル(採点ともに6.5)が一層ロッソの守備陣を混乱に陥れます。一方ロッソも反撃。カウンターから抜け出し、キーパー光太と1対1となりますが、光太が足で弾いて事なきを得ます(採点6.5)。この日の光太もネ申。中の人が変わったのかとw。そして延長後半4分?ゴール前の混戦からこぼれたボール(と思いましたが米山のパスらしいです)を奈良がちょこんとゴールに流し、ついにツエーゲン逆転!!さすがにツエーゲンも疲れてきて間延びしたスペースをロッソにつかれますが、皆必死に走ってボールを追いかけます。龍朗は足が攣ってしばらく立つことはできませんでした。特に米山と奈良の元ロッソコンビの運動量が最後まで落ちない。残り時間5分、ツエーゲンはロッソ陣地を攻め込んでも無理にゴールを狙わず、コーナーで時間を使います。そしてロスタイム2分が表示され、1分程経った時、ペナルティエリア前やや左で、ロッソのフリーキック。充分直接で狙える位置です。う~簡単に勝たせてくれないなぁ。時間をかけてくるロッソ。この分だとフリーキックが最後のプレーになりそうです。そして、フリーキックが外れると終了の笛が。ツエーゲンの勝利です!!
皆が走って、そしてなかなかリーグ戦で見られなかったプレーが出来たからこその勝利だと思います(ということはこれだけ出来るならリーグ戦も、いやこれ以上言わないでおきましょう)。
ロッソ系ブログを読むとほぼベストメンバーらしいです。本気(かどうかは実際は微妙なところですが、「そんなの関係ねぇ、そんなの関係ねぇ」)のロッソに勝った事は自信になると思いますが、選手はくれぐれも慢心しないように。土曜日は再びJFLの刈谷との試合です。もっとも刈谷はロッソに比べると下位チームです。アウェーでもありますし、この2年間ツエーゲンを見ていると早くもParkerの中で負けフラブが立っています。試合後、選手も参加したクラブ主催の食事会(後日レポートします)では、Parker鼻に手をつけ、選手にこれ(注・ピノキオ、樫の木モックに非ず)にならないでくださいと懇願しました。選手みんなはそんなわけがないと言っていましたので期待しましょう。
最後に審判が良かった(とサッカーに詳しいサポが言っていました)。

|

« ついに全国に | トップページ | 勝組 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

天皇杯予選愛知県決勝のFC刈谷vs愛知学院大学戦のVTRを持っているんですが見ますか?
会社帰りに自宅に届けますんで住所をメールしてください。
他にも是非見たいという方は連絡を。

投稿: の | 2007年9月17日 (月) 18時12分

の さん
情報ありがとうございます。せっかくですが、見る時間が取れそうもありませんので・・・。
興味のある方はどうぞ。

投稿: Parker | 2007年9月17日 (月) 19時50分

ぜひ、クラブ事務所にあげて池田監督に見せてあげて下さい!

投稿: a | 2007年9月17日 (月) 21時12分

クラブは持ってますよ。

投稿: の | 2007年9月17日 (月) 21時19分

>>この件に関して思うこともありますが、機会があれば別に記事にします(ネタ枯れの時とか)。

上等!かかってこいや。
(これネタですから)

投稿: 金澤太郎 | 2007年9月18日 (火) 22時34分

金澤太郎 さん
おぅ、覚悟しとけやw

投稿: Parker | 2007年9月18日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに全国に | トップページ | 勝組 »