« さすが柏w | トップページ | 水戸さんの予習 »

2007年9月26日 (水)

今さら観戦記

いろいろな方の観戦記を読みました。思ったのが早く書いた者が勝ち、ということ。
大体思ったことは書かれているので今更書く意味があるかとも思いますが、一応書いておきます。
開始序盤こそはほぼほぼ五分五分。お互い様子を見合っていた?10分ごろからツエーゲンペース。刈谷のゴールに襲い掛かる。龍朗が左サイドからペナルティアリアにドリブルで侵入したところで倒される。PKかと思われるぐらいの微妙な場所でのファールです。刈谷ゴール前にツエーゲンの選手が集まり、龍朗のボールに合わせようと狙います。そして熊本戦に続き、龍朗のフリーキックから得点は生まれます。今回はダニロが頭で合わせました。その後もツエーゲンがペースを握ります。龍朗の左サイド、龍朗がボールをキープしている間にオコが上がり、そのままフリーでボールを受け取り攻撃に絡む場面が目立ちました。
しかし、25分あたりから刈谷のボールキープ時間が長くなる。やはりツエーゲンに熊本戦の疲れが残っている?もっとも攻められながらもFWがさほど恐くなく、またボールの持った選手に複数の選手が囲むなど中盤では圧倒されていなかったこと、DFラインが安定していること、そしてリーグ終盤の不調が嘘のように光太が積極的に前に出るなど、連続してのコーナーキックの場面は別として、ある程度安心して見る事ができました。オフサイドもよくとっていました。
後半も依然として刈谷ペース。前半で見られなかったドリブルでツエーゲンの右サイドを攻める場面は少し恐かったですね。ところがツエーゲンもカウンターなどで再びペースを取り戻します。決定機の数はツエーゲンの方が多かったのでは。右サイド→ペナルティエリアニアへのパス→ファーへのパス→再びニアにリターンパスに陽一が綺麗に抜け出し無人のゴールに入れるだけのヘッドを外した場面は惜しかったorz(この場面前にいたサポがParkerでさえ言わないほど酷いことを言いました。Parkerが思ったのは「良いボールありがとう、とお礼をした頭にボールが当たったのかな」)。その後もコーナー近くで時間を使うなど上手く逃げ切った感じでした。スーパーサブ、智、ヒカルも好調を持続、チームのエンジンを再点火させています(ヒカルの怪我が心配。何ともなければおひさるで周知して欲しいですね)。
スコアは1-0でしたが、試合をコントールしたツエーゲンの快勝と言っていいと思います。
MVPは、某サポも言っていましたが、権東。動きにキレを感じました。
ね、目新しいこと何も書いていないでしょorz。
池田監督、選手のコメントは、北陸中日新聞、スポナビ「天皇杯漫遊記」、ブログ「東京日記」を参照を。

最後に選手にお詫びをします。
9月17日の記事、および熊本戦後の食事会で選手に天狗にならないよう言いましたが杞憂でした。不快な発言をしたことをお詫びします。

|

« さすが柏w | トップページ | 水戸さんの予習 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

確かに権東良かったですね。

リーグ戦時とはまるで別人かと見違えるほどの動きです。

本当に中の人が変わったのかとwww

7番のレプ着てる自分にとっても喜ばしい限りです。

笠松では誕生日&恩返しのネ申シュートを期待したいですね!

投稿: ノリヲ | 2007年9月27日 (木) 01時40分

ノリヲ さん
リーグ戦の権東、走っている時は平山っぽいなぁと思っていたのは秘密ですw
刈谷戦ではまさにボールを持たせていたというかんじでしたね。

投稿: Parker | 2007年9月28日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さすが柏w | トップページ | 水戸さんの予習 »