« 日曜日の準備 | トップページ | 地球に優しいダンマク »

2007年9月 3日 (月)

9.2観戦記

開始10分でParkerの中で負けフラグ立ちますた。
去年の準決勝の再現を見ているような最悪の展開。もちろんテイヘンズが良かったのは事実です。テイヘンズの強烈なプレスにテイヘンズ陣内で自由にボールを持たせてもらえないツエーゲン。が、ツエーゲンが悪かったのも事実。ロングボールは選手の頭を超え、フリーでのトラップミスも続発。サイド攻撃も中途半端で中へ中への攻撃も目立ちます。特に奈良はらしからぬミスが目立ち、ツエーゲンでの最悪のプレー振りでした。あまりにもパスの繫がらさぶりに、トモを、ヒカルを出せと隣のサポ氏と会話。あと、あまりに簡単にパスを出すためにテイヘンズの選手も読みやすかったのでは?パスを出す前に5mでも6mでもドリブルをすることによってテイヘンズの選手をおびき出すようなプレーもできなかったでしょうか。
テイヘンズの攻撃は狙いがはっきりしています。パスカット(特に横パス狙い)でボールを奪うとすぐにFW2人に預けます。この単純な攻撃が非常に有効でした。ツエーゲンではあまり目にすることない有効なポストプレーが素晴らしかった。テイヘンズの得点はPKによるもので、ツエーゲンサポからは判定に不満の声が上がっていましたが、Parkerは仕方ないかなといったところです。もしこのPKがなかったとしても失点していた可能性は高かったと思います。
ところが後半開始から目が覚めたツエーゲンが猛攻を仕掛けます。よりワイドにサイドを使いテイヘンズを揺さぶります。得点の予感が強まったところで龍朗の左からのクロスにダニロのボレー一閃。同点に追いついただけでしたが、この時点で優勝はもらったと思いました。同点に追いつかれたショックからか、前半の頑張りが足にきたのか、運動量が落ちてきたテイヘンズ。そして奈良の追加点。完全に足が止まったテイヘンズの陣地を蹂躙するツエーゲンですが、どうしても追加点が奪えません。そんな中でも時折テイヘンズの鋭い速攻がツエーゲンを襲いますが、無失点で押さえることができ、ツエーゲンとして初優勝を飾りました。
前半は見所はほとんど梨、後半の2得点はどちらもビューチフルゴールでしたが、もう2点は欲しかったところ。メインのお客さん、テレビ観戦の人たちにもっとツエーゲンをアピールしてもらいたかったです。
個人的MVPはダニロ。途中出場のヒカルは監督から試合を上手くクローズするような指示を受けたのでしょうか、もっと攻めるところを見たかったですね。

録画も見ていないで書きなぐっただけなので、突っ込みキボンヌ。

|

« 日曜日の準備 | トップページ | 地球に優しいダンマク »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日曜日の準備 | トップページ | 地球に優しいダンマク »