« これは楽しみ | トップページ | ハンガーロックもといハンガーノック »

2007年7月29日 (日)

勉強では負けてもサッカーでは負けない

今日用意したダンマクは「まずは決勝」。そのことを知らない?某サポ氏に試合前に金沢大用のダンマクはと聞かれた時に思いついたのがタイトルの「勉強では負けてもサッカーでは負けない」です。作らなくてよかった。
3週間ぶりのツエーゲンの公式試合ですが、これがまたク○サッカー。
クロスは正直すぎるほど正直、パスはセンターライン付近で横パスを回すだけか合わないパス、ポストはできない、ホームのヴァリエンテ戦前半のgdgdぶりも酷かったけれど、今日はもっと酷かった。それでも攻め込まれるシーンはほとんどなかったのである程度安心できましたが、何度かあったピンチにもし同点にされていれば、PK戦必至の雰囲気はありました。なんか昨日のアジアカップの代表みたいだな。それでもブーイングをしないサポは偉い。でも、さすがに前半終了時は「戦え金沢」コール。
ダニロに代わった小森谷がイン、ポストとして頑張るも機能したかというとウ~ン。後半開始5分はかなりゴール前に攻め込み、期待を抱かせてもらいましたが、大勢(ク○サッカー)は変わらず。パスが繋がらないからドリブルで崩すしかないからトモ、広庭、そして前線の活性化のためデコ、こうした交代が必要との意見が、一緒に観戦していたサポと一致。そしてそのトモ、広庭が同時投入(アウトは陽一、龍朗。納得できる交代)され、期待通り試合は動きました。左サイドからペネルティエリアに切れ込んだトモが引っ掛けられPKをゲット。それを前半に先制点を決めたヨネが落ち着いて決め、この日2点目をゲット。
トーナメントですから勝てばOK。更に言えば全社北信越大会、酷暑の3連戦を睨んだ調整の一環としての結果かもしれないということで無理矢理納得。前述した一緒に観戦したサポ氏曰く「1000円の試合じゃないな」禿同。
観客数は昨年の準決勝に比べ、有料にも関わらず明らかに多かったですね。リーグ戦並の観客で意外でした。昨年の2倍はいたのではないでしょうか。更には早い時間から入場されている方が多く、早い方ほど赤い。この1年でツエーゲンが浸透したことを感じました。

次の記事は残念な内容になります。久しぶりの試合に関わらず明らかに調整不足、コンディション不良が目立ったプレイヤーについて述べなければなりません。

○は「サ」です。

|

« これは楽しみ | トップページ | ハンガーロックもといハンガーノック »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

翌日の午前11時キックオフにもかかわらず
前日深夜1時ごろまで起きてる選手がいるんだから、考えられないね

投稿: | 2007年7月30日 (月) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119917/7321246

この記事へのトラックバック一覧です: 勉強では負けてもサッカーでは負けない:

« これは楽しみ | トップページ | ハンガーロックもといハンガーノック »