« 勝利を我等に! | トップページ | 助っ人登場 »

2007年6月 3日 (日)

gdgdのち快勝

前半はねぇ。開始早々のビックチャンス、GKのいないゴールにボールを流し込んだと思ったら、ヴァリエンテDFのクリア。ここだけがツエーゲンの攻撃の見所でした。あ、稲垣の上がりも良かったです。守備になりますがバックパスの処理もある意味見所でした。gdgdの試合はどんなゲームといわれた時は、このゲームの前半を思い出すことにしましょう。寂しい観客の入りもこの試合展開なら良かったと思えるほど。
この展開が後半も続くようなら更に観客が減るかと思いましたが、杞憂に終わりました。ハーフタイムの監督の気合注入か、それとも選手の危機感でしょうか、後半は別のチームかと思えるほど。後半早々の縦に速い攻撃が富山のDFラインを混乱させます。ダニロの素晴らしい突破から先取点。意外なことにダニロの足による初得点です。この得点によって富山も積極的に点を取りに来て試合展開も面白くなってきます。追加点は右サイドの龍朗のフリーキックからダニロの頭。この得点でよほどダニロは気持ち良くなったのでしょう。ドリブル好調、パスのタイミングもばっちり(ファールがなかったら陽一の1点は確実でした)、チェイシングもしっかりしてビックリしました(富山のゴールキックをカット!)。更に試合中に声援に応える余裕っぷり(悪口に非ず)。これは確変か実力か?Parkerはポジション、サイドからトップへの起用が理由のひとつだと思いますが・・・。この日のドリブルがダニロの実力だと思うのでこれからも頼むぞ。できれば守備も続けてお願いします。
龍朗は追加点でサポゾーンに走ってきて大盛り上がり。もっともこの日最高の盛り上がりはデコの交代出場だったかもしれません。ピッチに入ってデココール、チェイシングでデココール、ボールに触ってデココール、そして最高のクロスで(残念ながら得点には結びつきませんでしたが)大デココール。一般のお客さんは何だと思ったのではw。
勝点3という結果を残したのでそれだけでも最高の結果です。試合内容はどうでもよいからといいながらも、後半の試合展開は面白く良かったです。優勝戦線に逝き生き残ることが出来た、価値ある勝利でした。

|

« 勝利を我等に! | トップページ | 助っ人登場 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119917/6653808

この記事へのトラックバック一覧です: gdgdのち快勝:

« 勝利を我等に! | トップページ | 助っ人登場 »