« 毒電波を解読する | トップページ | 男を上げるも人間を下げる »

2007年5月13日 (日)

負けは負け

開始直後から今日のツエーゲンは、これまでと違ってしっかりと試合に入っているのがわかりました。強風の風下にかかわらず、豊富な運動量で松本陣内で一方的に攻め続け、セカンドボールも取りまくっていました。そうした展開から上田による先取点。今日は何点取ることができるだろうか思っていました。ただし、そう思っていられたのは30分くらいまで。最初のピンチらしいピンチ、右からのクロスに簡単にゴール前に侵入を許し同点に追いつかれます。
一方的に試合を支配していましたが、唯一不安だったのが先週の試合でも見られた最終ラインとGKの連携の不安でした。まさに先取点はその不安が当たったものでしたが、まだまだ楽観していました。しかし、同点ゴールの少し前からだんだんと運動量が落ちてきていたのも事実。同点ゴールからを境に試合は均衡していきます。そしてバックパスを相手にかっさわれ逆転されました。
そのまま前半が終了。1-2ですが、風上に立ち、ツエーゲンがホームサイドに攻め上ってくる後半に逆転することを信じていました。事実後半開始早々、ペナルティエリアの少し外でFKを得ましたが、残念ながらそのチャンスをまったく生かすことができませんでした。強風のせいか、フリーキックのチャンスを生かすまでにいかなかったのが今日の敗因のひとつ。
そしてツエーゲンのコーナーキックからカウンター、単独突破を許し、2点差に引き離されます。この得点は相手を褒めるしかありません。上のカテゴリーのチームに取られないように>松本。
その後攻め込むも決定的チャンスを作るまでいかないツエーゲン。前半のツケが回ったのか、攻撃に精彩を欠き、1点差にするのが精一杯でした。

開始30分は昨年からのチーム発足後から最高の試合展開でした。あのままゲームが続いていたら、と思わずにいられませんがそれも虫のいい話。今のツエーゲンでは30分が限界なのでしょう。いくら良い試合をしても負けは負け。次の長野戦に気持ちを切り替え、これ以上勝点を落とさないようにするしかありません。今日のようなような入り方をすることができることが分かったので、来週の試合、そしてアルウィンでのリヴェンジに期待です。

新加入の奈良に触れない訳にいきません。松本在籍時から素晴らしい選手ということは分かっていましたが、味方に入ったことで一層その思いを強くしました。今日の試合で非常に効いていました。今日の試合は奈良移籍のご祝儀で勝点を上げましたが、アルウィンで利子をつけて返してもらいましょう。奈良が良かった一方で少し期待を下回った攻撃の選手がいたことが残念。

次のエントリはスタンド編(外も含む)の予定DEATH.

|

« 毒電波を解読する | トップページ | 男を上げるも人間を下げる »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119917/6402628

この記事へのトラックバック一覧です: 負けは負け:

« 毒電波を解読する | トップページ | 男を上げるも人間を下げる »