« JSC戦前日 | トップページ | 「王様の耳はロバの耳」 »

2007年4月30日 (月)

次だ、次!

JSC戦、勝っていたかもしれないゲームでしたが、負けてしかるべき試合でした。
前回のエントリーで「選手の勝ちたい!という気持ちがどれだけプレーに表れるかがコレ重要!」と書きました。試合後の選手の落ち込み具合、態度からは”勝ちたかった””悔しい”という気持ちは充分伝わってきました。でも、試合中にその気持ちを見せて欲しかった。
昨年の優勝チームJSCと4位のツエーゲン。ツエーゲンはJSCより弱かったのです。弱いチームが強いチームに立ち向かう時は、ひいて守る方法もありますが、今年こそは優勝を目指すツエーゲンは守るだけではいけません。とすれば、走り負けないサッカーをすることが第一だと思いますが、ツエーゲンは走っていたか?残念ながらParkerにはそう思えませんでした。もっと相手に詰めていればクロスの質も落ちていたはず、でも詰め切れないプレーが幾つもあった。そんな積み重ねが相手を楽にし、自分たちを苦しめ、幾つものセットプレーの機会を与え、結果的に2失点してしまった。そんな試合だったと思います(サッカーを見る目がないので違う可能性も多いです)。
まだ1敗ですからまだまだ悲観するすることは全くありません。次の松本戦に勝てば帳消しです。でも昨日のようなプレスをサボるようなことをすれば間違いなく負けます。それどころか、全社準決勝のテイヘンズ戦でもやられますよ。
ツエーゲンよ、「勝利に向かって走れ」

|

« JSC戦前日 | トップページ | 「王様の耳はロバの耳」 »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JSC戦前日 | トップページ | 「王様の耳はロバの耳」 »