« 愛車でGO! | トップページ | 12日の対戦相手は「ブルーラグーン」に »

2006年11月 5日 (日)

信濃の国より越前の国

前回の記事を昨日中にアップしようとしましたが、諸般の事情(子供を風呂に入れるため)で今日になってしまったParkerです。

快晴だったので、予定通り北信越リーグ一部入替戦を「丸岡スポーツランド」まで観に行きました。予定外は到着時間、スタジアム到着と同時に選手入場でした。せっかくゲーフラを用意したのに掲げられませんでしたorz。
メインホーム側に座ろうとすると、さっそくlove-zweigenさんと合流。すぐにの さんも合流。
どれどれ金津サポは、と探しますが、いない?早合点でした。メインのもっとゴール側に数名いらっしゃいましたが、サポというには静かなような。上田サポはゴール裏に6,7人か。そのうちフェルヴォサポは4,5名?
試合開始直後は上田が押しています。 loveさんと「上田が優勢な試合、初めてみましたよ」(私は上田は4試合目の観戦です)。ところが、上田のコーナーから、金津がカウンターで左サイドを猛然と攻め上がり、グラウンダーのミドルが見事に決まり、金津が先制!。喜ぶスタンド!のはずが声が少ない・・・。あのー、皆さん静かなんですけど。もっとスタンドは盛り上がると思っていましたが、意外でした。
上田は前半の1失点でまだまだあせる必要はなかったと思うのですが、なぜか中盤がなくなり、不可解にもロングボールを多用します。前半終了前にコーナーキックのチャンスを多く得ましたが、無得点。1-0で金津リードのまま前半終了。
ハーフタイムに、の さんが帰られましたが、DEGUさんご夫婦が合流です。前半はバックスタンドで観戦されていたらしいですが、なぜかメインにいた私が分かったそうですw。もうお一人金沢サポの方とご挨拶、やはりなぜか私がいたと分かったらしいw。金津の応援団の方々にもご挨拶。私の怪しい動きの元になったものをお貸ししました。応援団の方々、後半にはアウェー側に移動しましたが、なぜ?。応援する選手がDFだったのでしょうか。
後半に入って、互角の展開でした。しかし、金津の足が止まりかけたところで上田は大チャンスを迎えます。しかし、体を張った守備で金津はなんとか凌いだ後(この辺記憶曖昧)、金津の右サイドの強引な突破。2回ほど上田がタックルを仕掛けましたが、止まることなく中央にグラウンダーのクロス!、フリーの選手が合わせ綺麗な2点目。こうなると攻めるしかない上田は当然前に出ようとします。何度か金津ゴール前まで攻め込むまでも崩すまで行くプレーを数多く演出することができませんでした。むしろインターセプトなどで金津の方が良い場面を多く作っていました。ただし、金津にはもっと1対1の場面で勝負を仕掛けて欲しかった。
上田の焦りと、疲れで踏ん張りが利かなくなったせい?か、35分あたりから接触プレーが多くなり、スタンドの牧歌的空気と対照的にピッチには入替戦らしい
殺伐とした空気が流れてきます。ボールのあるところだけでなく、ボールのないところでも小競り合いが何度が発生し、イエローカードが何枚も出されます。そうした空気の中、上田の選手の退場劇が起きます。
試合終了間近、金津の選手がオフサイドを判定された後、ボールを蹴り出します。当然抗議する上田の選手たち。ちょっと抗議しすぎかなと思っていると、イエローカードが。その時は相手選手の抗議でイエローを出すのは良くないなと思いました。私は蹴り出した金津の選手に出されたと思っていましたが、上田に出されたらしく17番(?)の退場です。金津を応援する私にも上田には気の毒な判定ですが、気持ちを切り替えられなかった上田の選手も反省しなければならないのでは?退場劇後、オフサイドなのに、スローインを指示する主審にも落ち着きが欲しかったところ。
終わったみれば2-0で金津の圧勝、と言っていいでしょう。ただし、来週は松本での試合ですから金津とすれば安心できません。むしろ3点目のチャンスが多くあっただけに、不安があるところ。一方、上田は焦る必要なないのに、焦って自滅というのが私の感想。特に終了直前にはナーバスになりすぎていたように思えます。ホームではないものの、ピッチ外のアドバンテージも期待できる?ので、落ち着いて悔いのない試合にして欲しいですね(それでも、私は金津に上がってもらいたいですが)。
試合終了後の選手整列後にゲーフラ掲げても選手はノーリアクション、選手に来週頑張ってと超えかけすれば「あんた、誰?」という目付き、しなきゃよかったorz。
相変わらず適当なレポですので、 loveさん、の さん、DEGUさん、その他の方々、突っ込み夜露死苦。

|

« 愛車でGO! | トップページ | 12日の対戦相手は「ブルーラグーン」に »

観戦記、各種レポート」カテゴリの記事

コメント

今日はどうもです。今日の試合であれだけ荒れるのですから来週の試合は相当なものになるでしょうね。審判のこともあるので、金津の選手には是非とも頭は冷静になってもらわねば。今日、金津GKが相手を小突いた時にはドキドキでしたよ。。。

投稿: love-zweigen | 2006年11月 5日 (日) 23時10分

どうもです。
壮絶な試合だったみたいですね。試合の光景がレポ読んでいる中で勝手に浮かんできました。僕も金津にはがんばってもらいたいです。
PS.Parkerがどんな怪しい動きをしていたかちょっと気になります(笑)

投稿: たむ | 2006年11月 6日 (月) 12時37分

すみません。
上のコメントで、parkerさんの「さん」を入れるの忘れてしまいました。
ごめんなさい(汗)

投稿: たむ | 2006年11月 6日 (月) 12時39分

Parkerさん、昨日はお疲れ様でした!!。俺がバックスタンドから見てた、メインスタンドのParkerさんの「怪しい動き」は、今、左側にいたと思ったら、突然右側に現われて、気がつくとまた左側にいてって感じで・・・。とにかく縦横無尽に動き回ってましたね(笑)。

投稿: DEGU@リザスト | 2006年11月 6日 (月) 18時30分

乙彼~
人は思ったよりも入ってましたけど、金津への応援はさっぱりでしたね。
隣の大会の時間つぶしで見てた人が多かったのかな?
金津に先制点が入った時でも大騒ぎしてたのはParkerさんくらいでしたものねw
あ、もちろん自分もw

次戦は山雅やパルセイロのサポがジェンシャンを応援するだろうし、
金津が萎縮しなきゃいいんだけど…

投稿: の | 2006年11月 6日 (月) 19時29分

はじめまして。
上田の応援HPを作っている、だいちと申します。このblogは「FC金津」でググッたら、発見しました。

北信越リーグ入替戦の試合レポート
信濃の国より越前の国をHPで紹介させていただきました。問題があるようでしたら、訂正しますので、御連絡ください。

さて、上田ですが北信越リーグ最後に来て、調子が良くなって来た訳だったのですが、2ヶ月近いブランクで、元に戻ってしまったか?な試合だったようです。10番梶村選手が試合に出れなかったようで影響があったのではないかなと思います。

2legはどういう試合になるか解かりませんが、
上田に意地を見せて頂きたいと思います。

投稿: だいち | 2006年11月 7日 (火) 10時04分

皆さま、レスありがとうございます。

loveさん
GKだけでなく、バック側のラインでも金津、上田双方にカードが出た場面もありましたね。第2戦はもっと荒れるのか、それとも上田が落ち着くのでしょうか。

たむさん
私の怪しい活動は11日にご報告します。後日ブログにもアップする予定です。

DEGUさん
メインでそんなに動いてましたっけw
ゲーフラは金津の選手には受けませんでしたorz。

の さん
確かに。1点目のとき立って喜んでいたのは私だけだったかも・・・。オール信州は今のところなさそうです。

だいちさん
はじめまして。リンクしていただいたのは光栄ですが、このブログの他の記事を読まれたのでしょうか?かなりいい加減なブログなのですが。
フェルヴォ戦の上田さんを観た私としては意外な試合展開でした。

投稿: Parker | 2006年11月 7日 (火) 23時33分

FC金津を応援していただき誠にありがとうございました。残念ながら入替戦では敗れはしたもの、選手・チーム共得るものは多々あったように思います。来シーズンは今年以上に良い結果が出せるよう選手ともども切磋琢磨して頑張ります。でも今シーズンはまだ終わりではなく、福井県チャンピオンカップが只今開催中です。FC金津は先週の準決勝でHFL2部丸岡フェニックス戦を勝利で飾り、次の12/3(日)丸岡スポーツランド(芝)13:30キックオフ 対福井工大との決勝に挑みます。連覇に向け頑張りますのでご声援宜しくお願いします。

投稿: FC.金津 | 2006年11月29日 (水) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119917/4077167

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃の国より越前の国:

» 入替戦!! [「ん゚」という世界観]
FC上田ジェンシャン(1部)0(0―1、0―1)2FC金津(2部) 風邪でガラガラ声でしたが、頑張って「北信越リーグ1部・2部入替戦」の第1戦を見に来ました!!。今期2度目の「まるおかスポーツセンター」です。結果は金津の完勝!!。ホームジャッジと上田のコンディションの悪さに助けられた感もありますが、フィジカルを活かしたDFと粘り強い前線が噛み合った、非常にシンプルなサッカーで掴み取った勝... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 18時32分

« 愛車でGO! | トップページ | 12日の対戦相手は「ブルーラグーン」に »