« 一夜明けて | トップページ | 今から思うと(これは結果論か) »

2006年8月 8日 (火)

横山翔を先発に

空気の読めない男、Parkerです。
先日の天皇杯敗退を契機にいろいろ思うことを書いていきたいと思います。
気分を悪くされるかも方もいらっしゃるかもしれません。読まれる方はそのおつもりで。

今期のツエーゲンはタイトルはひとつも取ることはできませんでした。その原因はつまらない失点(これが悔しい)を重ねたことと肝心な時に点を取れなかったことにあります。って当たり前のこと書いてすいません。
もっとも一昨日の失点に関しては仕方ないと言うか。シュートに持ち込まれるまでに不満がありますが(その前からも危ない場面が何度も。サポの方と失点はあるだろうと話をしていました)、あのゴールは素晴らしいものでした。開き直れば試合途中から2失点は覚悟していました。でもそれ以上に得点を重ねるだろうとも思っていました。
アウェーの上田戦(他のブログの二次情報ですが)、全社決勝と体を張られた守備には手を焼いています。でもそれはツエーゲンの問題だけではありません。どんな強豪チームも同じ苦しみを味わうはずです。しかし、そこから進むチームと止まってしまうチームの差が出てしまった。私が見た試合ではほとんどの試合でツエーゲン圧倒的にゲームを支配していました(注)。でも点を取りきれない。
こんな平凡な結論を書いてしまうのは不本意ですが、FWに問題があったのでは。具体的には菅原太郎に大いに不満があります。
太郎のプレーはゴール前にドンと構えて、味方のボールを待つというスタイルです。それ自体批判するつもりはありません。競り合いに勝てれば、です。ゴール前の攻防で太郎が勝った場面が非常に少ない印象があります。すべてに勝って、すべてゴールを決めろというつもりはありません。競り合いに勝ったものの、相手にブロックされ、シュートをはずす場面さえ印象にありません。
さらに言うと競り合いに負けること自体さえ批判するつもりはありません。私が批判するのは、だとしたら相手のマークをはずす動き、ボールを呼び込む動きがないことに大いに不満を持っています。これだと敵の守備も楽だと思います。とりあえずマークして、動きもないからはずされることもありませんから。もっと前線で太郎の活発な動きがあったら今期のツエーゲンの成績が違っていたかもしれません(「れば」「たら」の話ですが・・・)
そして敵のボールを追わないこと。敵陣奥深くで精力的にボールを追う必要がないともいえますが、高橋、龍朗などは泥臭くボールを追い、敵にプレッシャーを与えマイボールにすることが度々あり、そのプレーにサポは勇気付けられました。チームの指示か自らの考えかは不明ですが、チェイスしないことでサポを失望させたことだけは確かです。
ただし、全くしないかというとそうでもない。サポからの声援が大きくなった時には(「追え、太郎」など)追うこともあります(準決勝の前半に1度そんな場面がありました)。それがまた違った意味で悔しいのです。もっと私が大声で叱咤していれば、太郎は走っていたのではないかと。
太郎のベストゲームといえばホームのJSC戦ですが、この試合の太郎は走っていました。オフサイドを取られましたが素晴らしい裏への飛び出し、キーパーにプレッシャーを与える動き、こんな太郎見たことないと他の方と話していました。しかし、この試合、松本サポの応援もあったという他の試合と大きく違う要素がありました。それも悔しい。金沢サポだけでは太郎を走らせることができないのか。
準決勝、高橋に代わって翔が登場しました。センターフォワードながら労を惜しまない動き(途中出場なら当然なのですが)、惜しくもオフサイドを取られましたが鋭い突破。翔を先発で起用し前線で動き回ってもらい(もちろん点もとってもらいます)、後半スーパーサブで太郎登場。こんなゲームプランを私は希望していましたが、とうとう今期実現しませんでした。
次のフェルヴォ戦のFWは?太郎のレッドはこの試合に適用されるのか、新外国人選手のデビューがあるのか、翔の待望の先発があるのか。私最大の注目です(一ヶ月先ですがorz)。

(注)私が見た試合でそうでない試合は、ホーム「松本戦」、ホーム「JSC戦」、アウェー「長野戦」、アウェー「松本戦」(前半)、ぐらいでしょうか

長文読んでいただきありがとうございました(って最後まで読んだ人いるのか)

|

« 一夜明けて | トップページ | 今から思うと(これは結果論か) »

時々は真面目に」カテゴリの記事

コメント

Parkerさん、いつもゲーフラありがとうございます。
一昨日、目の前で紅白の大旗振っていた「たけし」です。

全部じっくり読ませていただきました。
僕も正直、太郎のFWとしての動きには不満を持っています。
太郎のスタイルとしては高い位置でのポストプレーとヘディングだと思いますが、あまりにもキープ力が無いし、DFを振り切って裏へ切り込む動きが少なすぎるような気もします。
あれでは相手のDFにとって怖い存在になっていない。 確かに点を取ることがFWの勤めではあるが、DFに対して怖い存在になることが相手の動きを乱してMFがシュートに持ち込むことが出来ると思う。

相手DFをかき乱すと言えば翔の方が良いと思います。
ただし、翔もラストプレーやボールタッチに不安があります。性格のせいなのかプレーが優しすぎるような気もします。

いずれにしろ今のツエーゲンには怖い・何かしそうなFWがいないですね。
補強すれば良いかもしれませんが、僕としては太郎と翔の脱皮に期待したいと思います。

最後に、太郎はフェルボ戦に出られません。
一発退場の為、次の公式戦出場停止処分となります。
そうなると翔が先発でしょうか?

投稿: たけし | 2006年8月 8日 (火) 16時57分

たけしさん
あの暑い日に大旗振り、お疲れさまでした。

コメントありがとうございます。私よりも分かり易いです。さすが経験者(ですよね)。

>>補強すれば良いかもしれませんが、僕としては太郎と翔の脱皮に期待したいと思います。

私もです。無闇に誰それ欲しいとはあまり言いたくありません(でも、奈良は良いなぁ←言ってること台無)

フェルヴォ戦こそ翔のスタメンが見たいです。

今後もとんちんかんなことを言っていたらドンドン突っ込んでください。

投稿: Parker | 2006年8月 8日 (火) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119917/2979654

この記事へのトラックバック一覧です: 横山翔を先発に:

« 一夜明けて | トップページ | 今から思うと(これは結果論か) »