« 金沢工業大学戦予想 | トップページ | お詫びと訂正 »

2006年7月29日 (土)

日本経済新聞の記事

公式にあった「日本経済新聞」のツエーゲンの記事。一部はネットにも掲載されていますが、新聞に掲載されている記事の一部でした。
日経は購読しているので、ネット以外での内容を紹介します。

http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20060728c6b2802s28.html
--------------------------------------
今期、予想以上に苦戦したことから、来期から選手獲得戦略を見直す。また、専任監督を置く。
観客動員を増やし、地元に熱心なサポーターを根付かせる活動もさらに拡大する。サポータズナイトやカフェミーティングを随時開く。ホームゲーム終了後には選手と観客がピッチ上で触れ合う機会も増やす。
今期一試合千ー千五百人程度の観客数を来期は二倍の三千人にすることが目標。だが金沢市民サッカー場に芝の面で欠点もあり、試合環境の改善に取り組んでいく。
中村GMは「まずは金沢のファンを増やし、少しでも地域に還元できるような仕組みを作りたい」と話している。

--------------------------------------
法人化の狙いは「地元からのスポンサーを広く集める狙い」はもちろんですが、Jに上がるためには法人化(株式会社化かははっきり知りません)は必須の条件ですので、一歩前進というところでしょう。大いに評価します。
運営資金の拡大、ボランティアの増員はある程度目処がついているのでしょうか。こうした形で発表したからには目処がついていると思いますが。
選手獲得戦略は、今回の記事中にある今期の苦戦、予算増、「サッカーJ+」の記事を総合すると、もっとレベルの高い選手を獲得するつもりでしょう。専任監督の件もこの流れにあるのでしょう。私は今期も専任監督を置けば、もっと戦えたと思っていますので、監督の人選をまずは慎重にしてほしいと思います。問題は誰が監督を選ぶということですが、越田氏、河崎氏、中野コーチ、ミシェル氏らでピックアップしていくのでしょうか。新戦力の獲得の前に、ネット掲示板でよく名前の出てくる選手の引きとめ(選手に上のカテゴリーからの誘いがあれば別ですが)に全力をあげてほしいですね。

今回の記事についての発言はまた別の機会にしたいと思います。

いよいよ明日試合!!勝つぞ!!

(メガネッ娘マネージャがいても)
ダンマク作りました。結局またもDEGUさんのアイデアをいただきました(いつもありがとうございます)。

|

« 金沢工業大学戦予想 | トップページ | お詫びと訂正 »

時々は真面目に」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/119917/2849665

この記事へのトラックバック一覧です: 日本経済新聞の記事:

« 金沢工業大学戦予想 | トップページ | お詫びと訂正 »