トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

先発?横山翔

次節の上田ジェンシャン戦。出場停止が菅原吉田。累積による出場停止は前節の小川に続くものだが、レギュラー2名という事態は初めてのケース。吉田のポジションには新矢菅原のポジションは横山
個人的には
横山に期待。実は私、前線の運動量が足りない菅原には不満で、今回の出場停止がなくても横山の先発を試して欲しいと思っていました。全社準決勝、ライオンパワー小松戦の横山のヘディングゴール(右サイド大河内からペナルティエリア近くへの龍朗への戻しのパス、そして龍朗がノートラップでのゴール前にパスし、それに見事に反応した横山)には大きな可能性を感じました。
菅原がダメということではなくツエーゲンの選手層を厚くするためにも、レギュラーを取るぐらいの活躍を横山に期待しています。そして菅原も連続PK失敗の汚名を早く雪ぐように。

と、勝手なことを書きましたが、菅平には行かない私。遠征組の方は応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

このー字何の字、気になる字

Z

この赤い字なんと読めるでしょうか。「エ」と思ったあなたには(ツエーゲンの)赤い血が流れていませんね。
」にしか見えないでしょ、見えるといってください(涙)。

6月11日、所は松本、アルウィンのメインスタンドからアウェーゴール裏を撮りました

そうです。松本山雅とのアウェー戦で、ツエーゲンサポータの上の写真です。
他の方の協力を得て仕掛けました。

アウェー松本で何かできないかと考えながら松本の公式ページを見ていると、ゴール裏上部が立ち見席で、柵があることを発見。これは使えるということで、赤い布で大きな「」を表すことにしました。

9メートルの布を購入し、横に切り全18メートルにし、上下の横棒を5メートル、斜め部分を8メートルにして「Z」を表すつもりでした。しかし、急遽前日、大河内吉田智のゲーフラを作成してしまい、斜めの布が足らないことにw。そのせいでちょっと格好の悪い「」になってしまいました(反省)。

下から見るとなんだか全然分かりませんでしたが、メイン、反対ゴール裏からはなんとか「」に見えたらしいです。

エルザとのアウェーでもなにかできないかな。
(この仕掛け2500円かかりました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

横山翔ゲーフラを考えてみた

昨日、コメントで横山翔ゲーフラの素案を書きましたが、その後もいろいろ考えてみました。
寝床で考え眠れなくなり、運転中に考え事故を起こしそうになり、仕事中に考え眠りりそうなったりしての候補が次のとおり。

まず、昨日書いたもの
頭でヨシ
 足でヨシ
    ショウ
    ショウ
 横 山 翔
」  ”ヨシ””ショ”を並べてみましたが語呂悪すぎで却下。

」一文字でも絵になるかもしれませんが、ネタがないのでこれも却下。
大体ネタでゲーフラのクオリティの低さをごまかしているのに、えっ、今ごまかすって言っちゃった?
(時事ネタ

ゲーフラの基本はやはり駄洒落(なのか?)ということで”翔”と”SHOW”をかけてみます。
IT'S ショウ TIME 横山翔」 
 
勝利は?
ショウ利 を 我らに 横山翔
ショウ利のゴールを 横山翔

他にも
翔撃 横山翔

こんなものかな。今週末に製作する予定です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

テイヘンズ戦

フェルヴォの敗戦を見届けて駐車場でツエーゲンTシャツとキャップを着用、戦闘モードに。でもその前に昼食を、ということでこのままの格好で松任のイオンで弁当購入。戦いはイオンから始まっています。
根上に着いたのは1時30分ごろ、さすがにボランティアスタッフを除いたら一番のり。
アップ前の選手に
フェルヴォの敗戦を報告したり、ゲーフラを見せたりしていました「ツ ジ ダ ァ -」ゲーフラは今日はダンマクに。グラウンドの辻田に声をかけ、これ見てと言ったところちょっと笑ってくれました。俺はこのちょっとした笑いが欲しかったんだ。作った甲斐があったよ。
ゲーフラの用意などをしているうちに、選手入場が。何やっているんだ俺はorz。でもここからキックオフまで5分以上。何でこんなに選手入場が早いのよ。

高橋龍朗が先週の試合では入り方が悪いとネットで言っていたので、今日は大丈夫だろうと思っていたら、今日も同じだよorz。ルーズボールは取られるは、シュートを許すわで、先週の反省はどうなっているだ、と怒っていたところ、簡単に最終ラインを破られ先取点を許します。
サポからも今日は序盤から厳しい声が飛び出します(もちろん、俺も出していました)。
その甲斐があってか、徐々にルーズボールを拾い始め、攻撃も形になってきます。特に
高橋の頑張りが目立ったように思えました。
そしてコーナーからのこぼれ球を
高橋が押し込み同点、龍朗はループ気味のゴールを決め、前半のうちに逆転に成功です。サポ席もノリノリ。後半の選手入場の際には、無理やり他の方々にゲーフラを持たせました(ごめんなさい)。でも、絵にはなっていたと思います。サポ席以外の方も携帯で写真を撮っていたみたい。

後半はイケイケドンドン状態。そんな状態の中での3点目は美しい得点です。龍朗が中盤でボールを持つとペナルティエリアに2人がそして右サイドにも1人流れ、その右サイドの選手にDFが注意を向けた時に、龍朗から吉田にパスが通ってのゴールです。松本山雅戦での先制点を思い出させる、チームで取った得点だと思います。
4点目は思い出せない。がんばった
高橋へのごほうびの点だったかな。
しかし、簡単に最終ラインが破られ2失点目も決められ課題が。また
菅原が競り負けることが多く、横山と交代。菅原は運動量で勝負するタイプでないので、このままだと心配。吉田がイエローをもらい、累積で3枚目。吉田から新矢の交代は、次節へのテストという意味もあるのでは。
結局スコアは4-2。相変わらず試合への入り方が悪いのは腹が立ちますが、今日は早く修正できたので、その点では合格です。
選手がサポ席に向かってきた時には、また他に方々に無理矢理ゲーフラを持たせてしまいました(皆さんすんません)。
龍朗ファンの女性の方には「DORAGON GOAL Z」ゲーフラを持っていただきましたが、やはり軽い笑いが。作って良かったー!。また横山のはないのと言われたましたが、まだ作っていませんでしたorz。リクエストにお答えして(いや、されてはいないんですけど)、次は「横山」ゲーフラを作ろうかしらん。来週菅平には行かないので、行かれる方に無理矢理ゲーフラーを押し付けてきました(本当、すんません)。
この日用意した選手のゲーフラは、
龍朗、吉田智、辻田、高橋、大河内の5人分(とうかこの5人分しか作っていません)。うち3人が得点を決めてくれました(^^)
帰り際、
高橋選手にはある方のブログでゲーフラの作成を約束していて、ゲーフラが見えたか聞いたところ、見えたと言っていただき、お礼も言われました。作って良かったー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フェルヴォー上田戦

スタンドに入ったのが前半5分。あれ、上田が1点のリード。
その後試合の主導権を
フェルヴォが握るが、なかなか決定的な形をつくられない。25分から30分にかけて決定な形を連続して作るが、やはりノーゴール。上田が頑張ってルーズボール、インターセプトを取ったりと、頑張りが目立つ、というかフェルヴォから先週のひたむきさが感じられない。って、これ先週の全社決勝戦と同じパターンだ。もちろんこの試合では、ツエーゲンフェルヴォフェルヴォ上田。そうこう思っているうちに前半、このまま終了。
私はこの試合を中立でスタンド中心部で見ていたのですが、先週のことがあるとはいえ、やはり、石川県民としてフェルヴォを応援しなければならないのかと忸怩した思いで見ていました。しかし、テイヘンズ上田フェルヴォサポ上田を応援したことを思い出し、気楽に中立の立場で見ることができましたw。
後半早々、
フェルヴォは3トップ、2バックの攻撃的な布陣に。カウンターに注意と思っていたら、案の定左サイドからのドリブルに簡単に進入を許し、ペナルティエリア付近からのミドルを決められ2点差に。簡単に最終ラインを破られるところも先週見た記憶が・・・。
その後、やはり主導権を握る
フェルヴォだが、前線の動きが足らないため決定的チャンスを作られない。しかし、ようやく浅い最終ラインを左サイドが突破し、ゴールライン付近からゴール前にグラウンドの折り返しにフェルヴォの選手が上田より一歩先に触れ、1点を決める。このゴールに入ったボールの取り合いに一瞬の小競り合い、これも先週見た記憶が・・・。
次の決定チャンスは右サイドに中盤の選手がFWを追い越し、ドリブルを仕掛けたところを上田がペナルティエリア付近で思わずファール。PKかと思うほどの位置だったが、フリーキック。フェルヴォ絶好のチャンスだが、全く見せどころなくチャンスを潰す。これも先週見た記憶が・・・。
試合時間だけが過ぎ、フェルヴォサポからも「走れ」とか「追え」などのアジが。これも先週見た(以下略)。
フェルヴォ、ロスタイムの怒涛の攻撃も結果に結びつかずとうとうタイムアップ。2-1で上田の勝利。テイヘンズにとってこの上田の勝利は痛い。
先週の
ツエーゲンサポは茫然自失状態だったが、今日のフェルヴォサポはそうでもなかったみたい。ここは先週と違ったw。タイトルのかかった試合とリーグ戦の1敗じゃ重みが違うか。
運営で気づいたこと。担架の担当が中学生ぐらい?だったのかな。小柄で大丈夫か不安だった。実際には一度しか出番がなくて、無事選手を運び出すことが出来たが、再考の余地ありでは。
もうひとつがマルチボールシステムでなかったことが
上田に落ち着く時間を与えたようだった。もし、数個のボールを用意してあれば、試合展開に微妙な影響を与えたような気がする。
って、上田は次節の対戦相手だ。先週のような試合をしているとツエーゲンも危ない。FWを追い越すような走りを来週はするように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

ハシゴ観戦します

明日は松任、根上とハシゴ観戦する予定です。

たまにはマターリと観戦したいだけ、敵情視察とか、上田頑張れということはありませんw。

で、肝心のツエーゲン戦、振り返ると

 北信越リーグ1節 上田戦 津幡 デレ(初戦ながら途中からお祭り。座ってみていました)

 北信越リーグ3節 松本戦 津幡 ツン(屈辱的敗北)

 北信越リーグ6節 長野戦 市民サッカー場 ツン(まずい試合運びでロスタイムの失点)

 北信越リーグ7節 フェルヴォ戦 市民サッカー場 ツン(ミスで2点リードを守れず)

 北信越リーグ8節 経営大戦 根上 半デレ(勝つべき相手、高橋イイ!)

 北信越リーグ9節 松本戦 松本 デレ(ベストゲーム!しびれた)

 全社石川県大会 小松戦 小松 半デレ(勝つべき相手、内容はピリッとしなかった)

 全社石川県大会 フェルヴォ戦 根上 ツン(選手に集中力が感じられなかった)

こうして見ると心の底から喜べたのは1戦しかなかったのね。半デレでいいから(とういかデレにはしないで)明日は勝て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

アオ ダイショウ

代表敗退。でも悲壮感は4年前に比べるもない。だって今の代表は”俺たちの代表”でなかったから。

2002年の宮城の敗北には喪失感があった。こんな試合で終わったしまったのか、という悲しみ。それだけあのチームには希望が持てたし、”俺たち”の代表だった。名前でなく、いろいろな選手を試し、みんなが納得できた代表選手達だった(中村の代表落ちにマスコミのヒステリックな反応はあったが、多くのサポーターにとっては論理的に納得できるものだった記憶がある)。

然るに今回の代表どうだったか。監督が器でないことは3年前から(4年前とは言いません)分かっていた。そして代表選手も名前で選ばれ、論理的とは言えなかった。いろいろ選手が呼ばれ、最終的に今の選手たちが選出されていれば、多くのサポーターも納得できたのに監督はやろうとしなかった。

多くのサポーターが代表監督に疑問を抱いていたのに、「無条件」で監督を支持していた人がいた。そんな”会長のための代表”になぜ、本気で悲しめるのか。

1年前から私の代表に対する愛は薄まっていた。”青”への代償がツエーゲン金沢への最初の愛のきっかけだったかもしれない。でも、一旦火がついた愛は消えそうもない。初まり代償だったかもしれないけど、本当に愛してしまったよ、ツエーゲン金沢

すいません、私らしくもない気持ち悪い文章になってしまいましたorz。

で、いつもの調子で。7月2日上田戦(菅平)に行く予定がありません。25日根上、7月2日に菅平に行かれる方で、お前のゲーフラを菅平まで持って行ってやる、という方がいらっしゃいましたら根上でお声をおかけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

ダァーな人たち

最新作のゲーフラの話です。このゲーフラ、ある選手用のもの。

その選手にはサイド攻撃にもっと絡んでもらいたい、もっと上がれよ、と思っていました。上がれよ、もっと上がれよ、たまに後先を考えずに上がれよ(本当はいけません)、と思いながら出てきたのがある詩歌です。ネットで検索しそれを一部変更し、選手名の上に書きました。

「このサイド(道)を上がれば(行けば)

 どうなるものか


 
危ぶむなかれ

 危ぶめば点(道)はなし

 踏み出せば

 その一足が点(道)となる

 迷わずに上がれよ(ゆけよ)

 上がれば(ゆけば)わかる」

( )がオリジナルです。この詩歌を一休和尚の「道」とわかったあなたは教養人、アントニオ猪木が喋っていたんじゃないの、と思ったあなたはプロレスファン。ちなみに私は後者、この作者が一休和尚というのを今回初めて知りましたorz。

で、選手名ですが、ここまでくると当然漢字で書けません。アントニオ猪木といえば「1,2,3、ダァー」が有名。読み方が少し違うことになりますが、ここは選手に我慢してもらうことに。はい、書かれた選手は

1、

 

 

2、

 

 

3、

 

 

ツ  ジ  ダ  ァ ー

このゲーフラもスタンドで撮影できれば(協力していただける方募集中)、アップしたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

イッキ!イッキ!

いろいろなゲーフラを持ってスタンド行っているわけですが、すべてのゲーフラが掲げられたわけではありません。ひっそりとお蔵入りになったゲーフラもあります。今日はそんなゲーフラ(正確に言うと違うかも)の話を。

普通のゲーフラじゃ面白くない、もっとインパクトのあるゲーフラは、石川・金沢らしいゲーフラと考えた末思いついたのが、一向一揆。ご存知のとおり、加賀の国の一向一揆は日本の歴史においても特異な事実です。そして闘う集団としても共通点があるということで、一向一揆ネタのゲーフラを作成することに。

そして、一揆といえばムシロ旗という脊椎反射的思考で材料も決定。100円ショップでイ草カーペットを購入。普通の布より安かったです。

文字はネットで一向一揆を検索し、下記に決定。文字はパソコンなどに頼ることなく、とにかく太く黒く大きく書くことに(機会があれば画像を載せます)。

     ________

   |         一 |

   |  退  進  揆 |

   |  者  者    |

   |  無  極    |

   |  限  楽    |

   |  地  往    |

   |  獄  往    |

   |_______ |

選手を勇気付ける等本来の意味が全くなくなり、インパクトのみがあるこのゲーフラ?。

長野エルザ戦に他のサポータの方に見せたところ、「これはやめましょう」というお言葉を頂戴し、以降お蔵入りの運命に・・・。

一揆のイメージが良くないのかなぁ。密かに登場の機会を狙っています(天皇杯でJやJFLと当たる時がふさわしい?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

金曜日の夜、片町を歩く

先週の金曜日、職場の飲み会で久しぶりに片町に。

全社の準決勝、決勝の前ということで、自らを追い詰めるため、気合をいれるため、自家製のツエーゲンキャップをかぶって行きました。案の定、オサレな店の中で浮きまくり。でも酔っ払っているからそんなことも気にもしません。店を出て次はキャップをかぶったまま、109からスクランブル交叉点まで往復し、少しでもツエーゲンの名前を一般市民の皆さんに触れていただこうと、クラブからすればはた迷惑な1人広報活動を開始。

そしてこの広報活動に意外な結果が。

金曜日の夜、酔っ払ったおっさんが片町をふらふらと1人で歩いていると、さる業界関係の方々から素敵なお誘いのお言葉をかけてもらえる可能性が非常に大きいですが、この広報活動中、私に営業活動をかけてくる業界関係者が全くいませんでした。これは私にとっての初の経験です。

ここにツエーゲンが金沢に根付いたことを確信しました。さる業界関係の方々も私の広報活動を理解してくださり、邪魔にならないよう気を配っていただいたことに感謝いたします。

酔っ払ってキャップをかぶった私ってそんなに危なかったですかorz。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

ツエーゲンで生活が変わった

ツエーゲンを生で見る前からでもサッカーは好きでした。といってもJを中心にテレビを見たり、ネットで情報を収集するのが中心。生観戦は年に2,3回、天皇杯県大会やJFLを見に行くぐらいでした。

ところが、今年の北信越開幕戦ツエーゲンの試合を生観戦し、これまでと違う感情が沸きおこってきました。2節は用事があり観戦できませんでしたが、3節、松本山雅戦のあの屈辱的敗北によりここで(1,3節は中央部で観戦)座って応援している場合でないと決心して、以降坂を転げ落ちるようにツエーゲンにドップリつかる生活に。

立って応援するだけならまだしも、ゲーフラを量産(今後記事にしていきます)、ローテクなグッズの作成、そしてこんなブログを開始するとは、2ヶ月前には考えられませんでした。他にも趣味がありますが、今は使える時間があったら、すべてツエーゲンに使っています。ゲーフラ作るのに忙しく、ワールドカップも日本戦ぐらいしか見ていませんが、楽しい、楽しい。

でも、これから少しはワールドカップを人並みに見て世間の話題についていけるようにしようかな。グループDとEは面白そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめてのブログ

ツエーゲン金沢を応援しています。これまでいろいろな方のブログにお邪魔していましたが、あまりにご迷惑をかけるのも心苦しくなり、一念発起して、ブログを始めよと思いました。

と、ここまで書くのにどれだけの時間を使ったことかorz。

更新できるのか怪しいですがツエーゲンサポ、色物担当としていろいろ書いていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年7月 »